MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 18日 ソウル 15.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
キム・ギドク監督『メビウス』...女優A氏側、暴力行為を糾弾
記事入力 2017-08-08 17:14 | 記事修正 2017-08-09 16:10:02

『メビウス』のキム・ギドク監督が暴行や性的なシーンの撮影強要で訴えられたなかで、韓国女性児童人権センターのイ・ミョンスク弁護士は「キム・ギドク監督は女優Aの顎がまがるほど頬を殴った」と暴露した。

8日午前、ソウル市瑞草区瑞草洞にある弁護士会館の正義室では、キム・ギドク監督事件共同対策委員会の主催で、2013年の映画『メビウス』の撮影当時にキム・ギドク監督から暴行と性的シーンの撮影を強要されたと主張する女優A氏の記者会見が開かれた。

イ・ミョンスク弁護士は「女優Aさんのあごがまがるほど頬を殴ったことは演技指導とは言えない。台本にない、突然のシーンを、それも大変な苦痛を伴う場面を演技させるということは演出と言えない。事件が発生した後、呼吸困難が生じるほど苦しかった女優Aさんは製作陣と協議して降板することになったが、それを無断降板だと主張している」と述べた。

続いて「これは犯罪だ。素直に私の不覚だと過ちを認めず、演技指導、無断降板などの言辞を弄するキム・ギドク監督と彼の側近だ。世界的な監督が取る行動としては不適切で失望した。場合によっては別の犯罪を犯すことがありうると思う」と指摘した。

共同対策委はまた、「メディアでは女優のAさんが誰なのか、なぜ4年も過ぎた時点で告訴を進めるのかを追跡し、この事件の本質である映画撮影現場で監督による恣意的な暴行・強要などの行為がまねく、俳優をはじめとする映画人らの人権侵害問題を解決するための社会的議論を妨害している」とし、「推測性報道と被害者の身の上を暴こうとすることの中断を厳重に警告する」と付け加えた。

先立って女優A氏は去る3日、キム・ギドク監督が『メビウス』の撮影中に頬を殴って暴言し、台本にない性的シーンの撮影を強制したと主張してソウル中央地検に告訴状を提出した。事件は中央地検刑事6部(ペ・ヨンウォン部長)に配当された。

[毎日経済スタートゥデイ/ファン・スンビン研修記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`뫼비우스` 여배우A측, 김기덕 감독 폭로 "턱 돌아갈 만큼 뺨을 맞고, 호흡 곤란"


[매일경제 스타투데이 황승빈 인턴기자]`뫼비우스` 김기덕 감독이 폭행과 성적 장면 촬영 강요로 피소된 가운데, 한국여성아동인권센터 이명숙 변호사가 "김기덕 감독은 여배우 A의 턱이 돌아갈 만큼 뺨을 때렸다"라고 폭로했다.8일 오전 서울 서초구 서초동에 위치한 변호사회관 정의실에서는 김기덕 감독 사건 공동대책위원회 주최로, 2013년 영화 `뫼비우스` 촬영 당시 김기덕 감독에게 폭행과 성적 장면 촬영을 강요받았다고 주장하는 여배우 A의 기자회견이 열렸다.이명숙 변호사는 "여배우 A의 몸이, 턱이 돌아갈 만큼 뺨을 때린 것은 연기 지도라고 할 수 없다. 대본에 없는, 갑작..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース