MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 19日 ソウル -4.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
KIAタイガース、梁玹種の羽ばたき...記録を塗り替える
記事入力 2017-10-27 05:50 | 記事修正 2017-10-30 16:35:14

KIAタイガースの梁玹種(ヤン・ヒョンヂョン)投手は26日、斗山と韓国シリーズ第2戦に先発登板し、122球で完封勝ちを収めた。もつれていたKIAタイガースはヤン・ヒョンヂョンの力投に支えられ、流れを変えた。写真(光州)=キム・ヂェヒョン記者


8年ぶりの韓国シリーズに登板した梁玹種(ヤン・ヒョンヂョン、29)投手は違った。韓国シリーズ通算防御率6.14(7 1/3イニング5失点)だった若い投手は、完封で韓国シリーズ初勝利を収めた。恩師が見守る前でエースの力を発揮した。

ヤン投手のボールはふだんよりもずっと威力があった。ボール一つ一つに集中したヤン投手のボールを、斗山の打者は攻略できなかった。ヒットはわずか4つ。斗山のポストシーズン7試合連続本塁打も止めた。

「もともとよく投げる投手だが休息で力まで湧いたので、どれだけよく投げたか」というパク・コンウ(27)の愚痴通りだった。斗山のキム・テヒョン監督(50)も「今日のヤン投手のボールは絶対打てない」と舌を巻いた。

ヤン・ヒョンヂョンはエースだ。彼の表現どおり、ゲームに責任を持ってチームを導びかなければならない位置だ。彼はいつもよりアクションも大きかった。代表的なのは8回表を終えた後だった。満員の観客が「ヤン・ヒョンヂョン」を連呼する中で彼はセレモニーを行った。

0対0で鋭く対抗した状況だった。相手を刺激することができた。 「これはだめだろうが…」と頭の中で悩みもした。しかし何よりもチームを覚ましたかったヤン投手だ。彼は「私も知らないうちにアクションが大きくなって、斗山選手団と斗山のファンには申しわけない。しかし私の行動がチームに力を吹き込むことを願った」とした。

その効果はすぐに現れた。 KIAタイガースは8回裏、斗山のミスプレイを逃さずに決勝得点を叩き出した。幸運の連続。ヤン投手の羽ばたきがKIAタイガースに勝利のオーラを持ってきた。

ヤン・ヒョンヂョンは「必ず勝ちたかった」と明らかにした。 「勝利ゲームを見たい」という師匠の神部年男コーチ(74)の希望を達成するためでもあったが、シリーズで劣勢のチームに必要な1勝だった。切実な勝利だった。

生涯初めて韓国シリーズ勝利投手になったヤン・ヒョンヂョンはKIAタイガースに貴重な1勝をプレゼントした。写真(光州)=キム・ジェヒョン記者



流れはKIAタイガースになかなか変わらなかった。打線も11安打にとどまり、沈黙するだけだった。ややもするともつれそうだった。2戦ともすべて斗山にゆずる場合は、KIAタイガースは窮地に追い込まれたままで遠征3連戦を闘わなければならない。3戦ではなく2戦で終わる可能性もある。

ヤン・ヒョンヂョンはその版図を破った。流れを変えた。キム・ギテKIA監督(48)もヤン投手の活躍に鼓舞された。斗山より経験が不足していたKIAだった。しかし反撃の1勝で自信を得た。キム・ギテ監督は、「ヤン・ヒョンヂョンが本当に素晴らしい活躍を繰り広げた。完璧な競技力ではないが、投手戦で勝利を収めたのは大きな意味がある。打線も負担をはらい、自信感を得て生き返るだろうと期待する」と喜んだ。

逆転優勝を夢見るKIAにヤン・ヒョンヂョンの計算されたアクションと、期待以上の好投は信号弾になりうるだろう。

キム・ギテ監督はいくつかの状況を考慮しているが、122球のヤン・ヒョンヂョンが蚕室球場のマウンドに上がる可能性は希薄だ。次は第6戦が有力だ。光州に戻って第6戦で優勝胴上げをしたいヤン・ヒョンヂョンだった。そのスケッチを描いた。

[毎経ドットコムMKスポーツ/イ・サンチョル記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[MK포커스] 양현종의 날갯짓, 판을 바꿨다


[매경닷컴 MK스포츠 이상철 기자] 8년 만의 한국시리즈에 등판한 양현종(29)은 달랐다. 한국시리즈 통산 평균자책점 6.14(7⅓이닝 5실점)였던 젊은 투수는 완봉으로 한국시리즈 첫 승을 거뒀다. 은사가 지켜보는 앞에서 에이스의 힘을 발휘했다. 양현종의 공은 평소보다 더 위력적이었다. 공 하나하나에 집중을 한 양현종의 공을 두산 타자들은 공략하지 못했다. 안타는 단 4개. 두산의 포스트시즌 7경기 연속 홈런도 멈췄다. “원래 잘 던지는 투수인데, 휴식으로 힘까지 생겼으니 얼마나 더 잘 던지겠는가”라는 박건우의 푸념대로였다. 김태형 두산 감독도 “오늘 양현종의 공은 절대 못..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース