MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 19日 ソウル -4.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
梁玹種「すべてを持った男」...初の統合MVP
記事入力 2017-11-06 17:43 | 記事修正 2017-11-07 16:11:40

KIAタイガーズのエース投手梁玹種(ヤン・ヒョンヂョン、29)は2016年のシーズンを終えた後、KBOリーグで自由契約選手(FA)の資格を得た。彼のほかにも車雨燦(チャ・ウチャン、30)選手や金廣鉉(キム・グァンヒョン、29)選手など、よく知られた左腕たちも大挙市場に乗り出して投手の豊作となった。日本プロ野球の横浜DeNAベイスターズからも関心を得ただけに、彼の動きに関心が注がれた。苦心の末に下したヤン選手の選択は、もとの所属チームKIAタイガースとの1年契約。海外でなければひたすらKIA残留、という説明が付いていた。

そして1年が過ぎた今、ヤン選手の選択は「神の一手」になった。ヤン選手は6日、ソウル市三成洞のインターコンチネンタルホテルで開かれた「2017タイヤバンクKBO授賞式」で、レギュラーシーズン最優秀選手(MVP)賞を獲得した。ヤン選手は記者団投票で656点を得て、本塁打王の崔廷(チェ・ヂョン、SK・294点)選手を大差で抜いた。すでに韓国シリーズMVPを受けた選手がシーズンMVPまでなったのは、プロ野球36年の歴史で初めての慶事だ。

それだけヤン選手の活躍が眩しいという意味だ。ヤン選手はレギュラーシーズン31試合に登板して193と3分の1イニングを投げ、20勝6敗、平均防御率3.44という優れた成績をおさめた。国内のサウスポーが20勝の高地に立ったのは、李尚勲(イ・サンフン、LGツインズ)以来22年ぶりのことだ。

シーズンだけでもMVP級の活躍だったが、秋のポストシーズンではそれ以上の活躍で深い印象を残した。斗山ベアーズとの韓国シリーズ第2戦で9イニング11奪三振の完封ショーを繰り広げてシリーズの版図を覆し、第5戦では7対6でリードした9回のマウンドに上り、セーブをおさめて韓国シリーズ優勝を確定付けたりもした。

マウンドでは冷静にボールを投げたヤン選手だが、この日だけは感激の涙を隠すことができなかった。 「今シーズンは夢のような一年だった。最後に大きな賞を受けることになって感謝している。チームの代表として受け取ったようで、よけいに嬉しい」と所感を明らかにした。ヤン選手は「苦労した両親、子供二人を育てるため難しくしていた妻にも感謝している。素晴らしい息子、素晴らしい夫、素晴らしいお父さんになるように努力する」と涙を見せた。

しかしその涙もつかの間、MVPトロフィーとともに副賞として3910万ウォン相当のキア自動車社製スティンガーを贈られたヤン・ヒョンヂョンは、「キアの選手がキアの車をもらうことになった」とし、「韓国シリーズMVPとあわせて車2台をもらってどうするか、家族と相談してみる」と幸せな悩みを見せた。

もちろん、その幸せな悩みはまだ終わりではない。契約が満了しただけに、新しい「テバク(大当たり)」が彼を待っている。いったんヤン選手は「海外進出よりもKIAチームにもっと気を使っている。永久欠番が目標」だとし、残留を示唆した。 2017年に受け取った22億5000万ウォンをはるかに超えて再契約が行われる可能性が高い。

新人王部門ではMVPよりもきびしい独走が繰り広げられた。 「風の孫」李政厚(イ・ヂョンフ、19才、ネクセンヒーローズ)は記者団投票で全535点のうち503点を得て、圧倒的な支持で生涯一度だけの新人王を獲得した。

もちろん開幕前から伝説的選手だった「風の息子」李鍾範(イ・ヂョンフン)解説委員の息子として有名になったりもしたが、それに劣らない実力を発揮したおかげだ。イ・ヂョンフ選手はKBOリーグ高卒新人初で全試合(144試合)に出場し、打率0.324(552打数179安打)と111得点をあげ、歴代新人最多安打と最多得点記録をうち立てた。父も奪えなかった新人王を得ることができた秘訣だ。

イ・ヂョンフは「来年はさらに発展した姿をお見せする」と言いながらも、「父がファンゴをあまりに早く打って…代表チームの先輩たちが疲れるだろうからもう少しゆっくり」と、ロビー活動を行って笑いをかもし出すこともした。

[イ・ヨンイク記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`다 가진 남자` 양현종…최초 통합 MVP

프로야구 36년 사상 처음으로 KS 이어 시즌 MVP까지 `석권`
"꿈같은 한해…영구결번 목표"
`바람의 손자` 이정후 신인왕


■ 2017 타이어뱅크 KBO 시상식서 홈런왕 최정 제쳐KIA 타이거즈의 에이스 투수 양현종(29)은 2016년 시즌을 마친 뒤 KBO리그에서 자유계약선수(FA) 자격을 얻었다. 그 외에도 차우찬(30) 김광현(29) 등 알아주는 좌완들이 대거 시장에 나오며 투수 풍년이 열렸다. 일본프로야구 요코하마 DeNA 베이스타스에서도 관심을 받았던 만큼 그의 행보에 관심이 쏠렸다. 고심 끝에 내린 양현종의 선택은 원소속팀 KIA와의 1년 계약. 해외가 아니라면 오로지 KIA 잔류라는 설명이 따라붙었다. 그리고 1년이 지난 지금, 양현종의 선택은 `신의 한 수`가 됐다. 양현종은 6일 서울 삼성동 인터컨티넨탈..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース