MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 23日 ソウル 32.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
SMエンタ、キーイーストを買収...エンタメ業界の「恐竜」に
記事入力 2018-03-14 17:26 | 記事修正 2018-03-15 16:23:44

李秀満(イ・スマン)SMエンターテイメント会長は、国内最大の俳優マネジメント企業キーイーストを買収した。 SMエンターテイメント(SMエンタ)はドラマ・芸能製作会社のエフアンドシーアドカルチャー(FNC ADD CULTURE)も買収した。

市場では今回の買収で、SMエンタが国内最大の演芸マネージメント社の地位を強固にし、音楽はもちろん、ドラマや映画・芸能まですべてを網羅する総合エンターテイメント企業として生まれ変わるきっかけになると期待している。

SMエンタは14日の公示を通じて、キーイーストの最大株主だった俳優ペ・ヨンジュン氏が持っていた株式1945万5071株(25.12%)を500億ウォンで取得し、キーイーストの経営権を確保することになったと発表した。取得金額のうちの150億ウォンは現金で支払い、残りの350億ウォンはペ氏を対象に第三者割当有償増資を通じて新株91万9238株を交付する方式だ。これによってペ氏はSMエンタの株式4%を保有する3大株主となる。

SMエンタは今回の契約でキーイーストの子会社である日本最大の韓流放送コンテンツプラットフォーム事業者である「デジタルアドベンチャー(DA)」まで保有することになった。 SMエンタはすでに2016年にSMエンターテイメントジャパンを通じて、キーイーストの日本国内の関連会社でありジャスダック上場企業のDAの株式を買収して2大株主になり、縁を結んでいる。

SMエンタ側は「キーイーストとDAが運営していたアーティストマネジメント、韓流メディア事業、ファンクラブ・公演イベント事業などは、SMエンタの長年のノウハウの中でより強力で幅広いシナジー効果を出すことが予想される」とした。続けて、「キーイーストの既存事業部門とともにスター、音楽、MCN(1人メディア映像クリエーターを管理するインターネット放送サービス)、UCG(利用者創作コンテンツ)など、エンターテイメントコンテンツを土台にしたモバイル・オンラインプラットフォーム事業も韓国と日本はもちろん、グローバル市場を舞台にさまざまに展開していく予定」だと付け加えた。

これとともにSMエンタはこの日の別の公示を通じて、エフアンドシーアドカルチャーの株式1348万3865株(30.51%)を約300億ウォンに取得することにした。買収後のSMエンタの持ち株比率は約31%になる予定であり、エフアンドシーアドカルチャーの2大株主となる。

会社側は「エフアンドシーアドカルチャーがこれまで営んでいたドラマ、放送制作、印刷などの事業は、SMエンタとの相乗効果を通じてさらに発展させ、スターとエンターテイメントを土台にしたリテール、F&B(飲食)、ファッション、レジャーなどさまざまなビジネスも推進する計画だ」と語った。このためにSMエンタは、既存のライフスタイル事業部門をエフアンドシーアドカルチャーに一元化する作業を継続する予定だ。

SMエンタが積極的な買収・合併に乗り出したのは、2012年のコスダック上場企業「BT&I」の買収時からだ。当時、SMエンタはBT&IをSM C&Cに社名を変更し、ドラマの制作やグローバル映像コンテンツ事業を本格的に推進していった。以後SM C&Cは、同年11月に俳優チャン・ドンゴン氏の設立した企画会社として有名だったエーエムーエンターの株式100%を買収し、翌年5月には放送コンテンツ制作会社であるフンメディア(HOON )まで買収して攻撃的な動きを続けていった。

以後、SMエンタはモデルエージェンシーの「エスチーム(ESteem)」とも戦略的提携と株式投資を通じてモデル分野にも進出しており、スポーツエージェンシーの「IBワールドワイド(現ゲルロクシアSM)」にも手を伸ばした。昨年には歌手のユン・ジョンシンさんの芸能企画社である「ミスティックエンターテイメント」も株式を投資して最大株主になった。また、同年7月にはSKプラネット広告事業部門(M&C)を買収し、広告業界にも領域を広げた。

SMエンタのこのような動きは株価上昇につながる可能性が高いというのが証券業界の観測だ。 SMエンタは東方神起、スーパージュニア、少女時代、シャイニー、エキソ(EXO)、赤ベルベット、NCTなどの国内トップクラスのアイドルを保有している国内最大の芸能企画会社にあげられているが、相対的に俳優のラインナップが弱かったという点から、今後のシナジーが倍になるという期待感からだ。

エフアンドガイドによると、SMエンタの今年の年間営業利益は547億ウォンで、昨年よりも401.8%増加すると推定された。来年はさらに大きく、615億ウォンの営業利益を得る見込みだ。

[コ・ミンソ記者/パク・チャンヨン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`배용준 사단` 품은 SM, 1조 엔터공룡 됐다

김수현 등 정상급 배우 소속사, 日최대 한류 방송국도 소유…지분 25% 사들여 경영권확보
드라마 제작 FNC애드도 인수, 2012년부터 M&A 광폭행보…모바일·패션·유통 진출예고


이수만 SM엔터테인먼트 회장(사진)이 국내 최대 배우 매니지먼트 기업인 키이스트를 전격 인수했다. SM엔터테인먼트(에스엠)는 드라마·예능 제작사인 에프엔씨애드컬쳐도 사들였다.시장에서는 이번 인수로 에스엠이 국내 최대 연예 매니지먼트사 입지를 공고히 하면서 음악은 물론 드라마, 영화, 예능까지 모두 아우르는 종합엔터테인먼트 기업으로 거듭나는 계기가 될 것으로 기대하고 있다. 에스엠은 14일 공시를 통해 키이스트 최대주주였던 배우 배용준 씨가 갖고 있던 주식 1945만5071주(25.12%)를 500억원에 취득하고 키이스트 경영권을 확보하게 됐다고 밝혔다. 취득금액 가운데..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語