MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 17日 ソウル 26.4℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓エンター業界に食い込む「中国ショック」
記事入力 2018-07-05 17:15 | 記事修正 2018-07-09 16:37:17
先月に放送を終了した中国テンセント「創造101」を通じて誕生したガールグループ「火箭(ファジョン)少女」のメンバー11人がポーズを取っている。テンセントは韓国ガールグループ「宇宙少女」出身のミギ(前列左第2)とソニ(前列左第5)に、今後2年間は火箭少女(ロケットガールズ)の活動に集中するように要求して論議をかもした。
여기까지

韓国エンターテインメント業界では、中国資本の影響が日々強くなっている。国内芸能企画社に対する株式投資を増やし、韓国芸能人を中国にデビューさせるなど、中国化作業を活発に進行中だ。これに対して国内の大衆文化業界の関係者の間では、懸念の混じった声が出ている。韓国情報技術(IT)業者と製造業を襲った「シャオミショック」が、エンター業界でも再現されるかもしれない。

最近、放映が終了した中国テンセントのテレビ芸能番組「創造101」の最終回で、1・2位はすべて韓国のガールグループ「宇宙少女」出身者が占めた。このチームの中国人メンバーであるミギとソニがそれぞれ1億8000万票を超える票を得て、最高の人気出演者で番組を仕上げたわけだ。二人は「創造101」で誕生した11人組ガールズグループ「火箭少女(英語名ロケットガールズ)」で、今後2年間を活動することになる。

中国の制作陣が彼女らに今後2年間「火箭少女」での活動に専念することをとつぜん要求してから問題は大きくなった。宇宙少女の所属事務所であるスターシップエンターテイメントの関係者は、「さいきん中国の制作陣が中国メディアとのインタビューで、火箭少女は2年間活動だけ行うと明らかにした」とし、「最初に契約するとき、火箭少女の活動と元チームの活動を並行することにしておき、優勝するやいなや話を変えて当惑している」と訴えた。先月29日、ミギとソニのウェイボのニックネームが「宇宙少女」から「火箭少女」に変わった。

「創造101」はテンセントがCJ E&M(現CJ ENM)から「プロデュース101」の著作権を正式に購入し、リメイクしたオーディション番組だ。おかげでこれまで韓国のテレビ番組を無断で複製することに汲々としていた中国の企業姿勢が一歩進んだという肯定的な評価が出た。テンセントのモバイルアプリを通じた照会数も約48億回に達し、番組は大当たりになった。さらに番組関連の商品を、視聴中にすぐに購入できる点はCJよりも一歩進んでいる。テンセントはこの他にもJYPとの合弁法人で中国ボーイズグループを出して、2016年にはウェインとともにYGエンターテイメントに8500万ドル(約950億ウォン)を投資するなど、韓国エンター産業に歩幅を拡張しているところだ。

しかし、「創造101」の成功後に中国の制作社の態度変化をめぐって、業界では「韓国の番組制作のノウハウをすべてくすねて本性を現した」という批判が出ている。中国の各企業に対する国内エンター業界の警戒心は中国の韓国に対する投資が増えつつ、最近になってさらに大きくなっている。

その端的な事例がまさに芸能企画社ファンタジオだ。俳優ソ・ガンジュン、Wanna Oneのオン・ソンウ、Weki Mekiが所属しているファンタジオは先月15日、株価が528ウォンまで落ちた。同月1日の912ウォンから2週間で42%以上も急落したわけだ。株価急落の背後には、ファンタジオの筆頭株主である中国JCグループ韓国支社のゴールドファイナンス・コリアがあげられる。去る6月11日から18日までの5回にわたって、保有する株式1362万4745株(持分18.7%)を89億ウォンで処分して株価の急落を誘発したためだ。それ以後、JCグループの関係者が先月の臨時株主総会で、「ポートフォリオ調整のために株式を一部売却したものであり、経営権を渡す計画はない」と明らかにし、株価は今月初めには700ウォン台にまで回復した。しかし証券業界の関係者は、「事実上のエグジット(Exit/投資後出口戦略)の手順に入ったのではないか」とにらんでいる。昨年一年のあいだ、同社の株価は1000ウォンを下回ったことはなかった。

2008年にナ・ビョンジュン氏がN.O.Aという名前で設立したファンタジオは2016年10月、中国JCグループの韓国支社に株式50.07%をわたした。当時、JCグループは経営権を確保すると約束したが、昨年12月に理事会を開き、ナ・ビョンジュン氏を代表から一方的に解任し、JCグループ会長のウェイジエ氏が代表に就任した。子会社のファンタジオミュージックの創始者ウ・ヨンスン氏もまた、去る5月の理事会を通じて代表から解任され、後任代表はJCグループ韓国法人長が務めている。

このため、韓国芸能マネージメント協会などで二人の中国人代表に対する専門性を問題視したりもした。最近、JCグループはファンタジオ、ファンタジオミュージックエンタテインメント部門の総括社長としてXiang Yang(シャンヤン)氏、財務部門総括社長としてWong Kam Ting(ウォンカムティン)氏を迎え入れた。

JCグループの関係者は、「シャンヤン社長は日本のエンターテイメント分野で豊富な経験を持ち、ウォンカムティン財務部門社長は香港株式市場とIR分野での経験が多く、アーティストの海外進出を強化する」と説明した。

この他にも、中国最大のエンターテイメントグループのファイア・ブラザーズがユ・ジョンフン前ショーボックス代表とともに映画投資配給会社メリークリスマスを創立したし、T-ARA出身のジヨンが中国のLongzhenと去る5月に契約を結ぶなど、中国資本の韓国エンター業界上陸が加速している。大衆文化評論家のキム・ホンシク氏は「韓流がうまく行ったのは、冷静に見れば資本の論理だった。今後はチャイナマネーの威力が(エンターテインメント業界で)より強まるだろう」とし、「中国にはまだ法より力の論理が優先と信じる人が多いので、中国企業と契約をする時はさらに緻密な防御手段を設けておくのが良いだろう」と指摘した。

[パク・チャンヨン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

韓엔터업계까지 파고드는 `샤오미 쇼크`

텐센트, 프로듀스101 리메이크 `창조101` 중국서 48억뷰 대히트
1·2위 오른 韓걸그룹 멤버 "중국서만 활동하라" 말 바꿔
한국 연예기획사 판타지오는 中대주주가 韓창업자 해임…韓연예계서 영향력 갈수록 커져


한국 엔터테인먼트 업계에서 중국 자본의 입김이 나날이 강력해지고 있다. 국내 연예기획사에 대한 지분 투자를 늘리고, 한국 연예인을 중국에 데뷔시키는 등 중국화(中國化) 작업을 활발히 진행 중인 것이다. 이를 두고 국내 대중문화계 관계자 사이에서는 우려 섞인 목소리가 나오고 있다. 한국 정보기술(IT) 업체와 제조업을 엄습했던 `샤오미 쇼크`가 엔터 업계에 재현될지 모른다는 것이다. 최근 종영한 중국 텐센트 TV 예능 프로그램 `창조 101` 마지막회에서 1·2위는 모두 한국 걸그룹 `우주소녀` 출신이 차지했다. 이 팀의 중국인 멤버인 미기와 선의가 각각 1억8000만표가 넘는..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語