MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 16日 ソウル 6.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「星の故郷」に発った私たちの時代の「裸足の青春」
記事入力 2018-11-04 17:46 | 記事修正 2018-11-07 16:11:30
韓国映画史を風靡した大きな星がひとつ消えた。後代の映画人たちから長いあいだ崇仰を受けた俳優シン・ソンイル(申星一、1937~2018)氏が4日午前2時30分頃に他界した。享年81歳。故人は昨年6月に肺がんの3期判定を受けて抗がん治療を行ってきたが、この日についに永眠した。

シン・ソンイルという名前なしに韓国映画史を論じることは難しい。故人は1960~1970年代の韓国映画界の生きている伝説だった。

「生は映画であり、映画が人生」だった彼は、1960年1月に申相玉(シン・サンオク)監督の『ロマンスパパ』でデビューした。以後、金基悳(キム・ギドク)監督の『裸足の青春』(1964)、鄭鎮宇(チョン・ジヌ)監督の『草雨(雨のめぐり逢い)』(1966)、金洙容(キム・スヨン)監督の『霧』(1967)、李長鎬(イ・ジャンホ)監督の『星たちの故郷』(1974)など、600本以上の映画に出演した。その中の506作品は主演作だ。

故人は1937年5月8日、大邱で生まれた。 2男1女の中に次男として生まれ、慶中・高校、建国大国語国文学科を卒業した。本名はカン・シンヨンで、1960年のデビュー時からシン・サンオク監督がつけてくれた芸名「シン・ソンイル(申星一、ニュースターナンバーワン)」を使った。第16代国会議員選挙当時にはハンナラ党候補に出馬し、本名の「カンシン・ソンイル」で固定した。

彼の青春期は彷徨と混沌で綴られた。高校2年生のころに家勢が傾いて多くの借金取りから殴打と暴言に苦しまなければならなかった。これを避けようと上京して偶然に韓国俳優専門学校に入学して、1959年にシン・サンオク監督の「シンフィルム」に入って以来、彼の人生は180度変わる。

もちろん、彼は一日でスターになったのはなかった。 23歳で出演したデビュー作がヒットしたが、4~5年のあいだはとくに作品に出演しなかった。いわば彼は地上からじわじわとスターに上がったケースだ。そのきっかけの一つは「電話番」だった。忙しいシン監督に代わってオフィスで主に電話を受けた彼は、そのおかげで当代映画界の有名人とあまねく親交を交わすことになる。彼と李晩煕(イ・マニ)監督の縁は運命的だった。彼もまた最も気の合う映画人として、ためらうことなくイ・マニ監督をえらぶ。その成果物が『晩秋』(1966)や『休日』(1968)のような韓国映画史の伝説的傑作だ。その中でも故人が最高としてあげる『晩秋』は現在、オリジナルフィルムが失われた状態だ。

1964年の当代最高の女優厳鶯蘭(オム・エンナン)との結婚は「世紀の結婚」として有名だ。最初の縁からしてが映画的だった。時は1963年の晩秋、京畿道のチョンピョン湖。チョン・ジヌ監督の映画『背信』の撮影時に贈った彼の心からのキスは、女優の心を一瞬で揺るがす。以後、『大陸の密使』の撮影当時、けがをしたオム・エンナンを病院まで護送したことは、一歳下の彼が「男」として追認される「事件」になる。

全盛期の頃の彼のイメージは、さっぱりとした目鼻立ち、大きな背丈、強烈な目つきに要約される。中年紳士の雰囲気だった当代の俳優たちとは違って、反抗感の濃い独歩的な青春スターとして飛翔する。その人気を示す指標が出演料だ。 1960年代の俳優がふつう1万8000ウォンを受け取ったならば、彼は45万ウォンほどを受け取ったと伝えられる。

「スターペルソナ」としての受賞歴も眩しかった。 1968年と1990年に大鐘賞映画祭主演男優賞を受賞したし、夫日映画賞主演男優賞、百想芸術大賞男最優秀演技賞、韓国映画評論家協会賞主演男優賞などをさらった。 1979年に韓国の映画俳優協会の会長を務め、1994年には韓国映画製作業協同組合副理事長、2002年に韓国映画俳優協会理事長と椿事ナ・ウンギュ記念事業会会長職を務めた。

故人は闘病当時、「人生第2幕」に対する計画も明らかにしたこともある。「どん詰まりドラマの代わりに暖かく愛情あふれる作品を作りたくて、映画『幸福』という作品を企画している。キム・ホンシンの小説『風に描いた絵』も映画に移してみたい」。しかし、その宿願はついに成し遂げられなかった。昨年の釜山国際映画祭への出席を最後に、彼は「星の故郷」に戻った。

[キム・シギュン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`별들의 고향`으로 떠난 우리시대 `맨발의 청춘`

신성일(1937~2018) 영화처럼 살다 가다

4일 새벽 폐암으로 타계
주연 출연 작품만 506편


한국 영화사를 풍미했던 큰 별 하나가 졌다. 후대 영화인들에게 오랜 기간 숭앙받던 배우 신성일이 4일 새벽 2시 30분께 타계했다. 향년 81세. 고인은 지난해 6월 폐암 3기 판정을 받고 항암 치료를 해왔지만 이날 끝내 영면에 들어갔다. 신성일이라는 이름 없인 한국 영화사를 논하기 힘들다. 고인은 1960~1970년대 한국 영화계의 살아 있는 전설이었다. `삶이 영화이고 영화가 삶`이었던 그는 1960년 1월 신상옥 감독의 `로맨스 빠빠`로 데뷔했다. 이후 김기덕 감독의 `맨발의 청춘`(1964), 정진우 감독의 `초우`(1966), 김수용 감독의 `안개`(1967), 이장호 감독의 `별들의 고향`(19..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語