MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
『82年生まれのキム・ジヨン』100万部突破
記事入力 2018-11-27 17:08 | 記事修正 2018-11-29 16:31:43
非常に長い時間が経った後に、21世紀の韓国文学は「キム・ジヨンさん」登場の前後に分かれるだろうという予想は過ぎた賞賛だろうか。

いたるところに暮らしているが誰にも会ったことのない数百万人の「キム・ジヨンさん」を呼称し、韓国で女性として生きる、いや「生きて行く」ことの意味をじっくりと考えていくチョ・ナムジュ作家の長編『82年生まれのキム・ジヨン』は、落ち込んで憂鬱な韓国女性の素顔、そしてその素顔を抱きとめることのできない韓国社会の無表情を照らす巨大な鏡のようだった。『82年生まれのキム・ジヨン』は現在、出版2年めでミリオンセラーになり、「小説」ではなく「現象」として韓国文学の新しい分岐点となる見通しだ。

『82年生まれのキム・ジヨン』を出版した民音社は27日、累積販売部数が100万部を突破したと発表した。民音社の「今日の若い作家」シリーズの13作めで、2016年10月14日に出版されてから775日ぶりだ。

小説はこの日『コメンタリー版 82生まれのキム・ジヨン』というタイトルになった改訂版として服を着替えた。作家のウニュ、詩人であり小説家の蔣正一(チャン・ヂョンイル)氏、文学評論家新のシン・セッピョル氏とチョ・ヨンジョン氏、ソ・ヨンヒョン氏らの談話と小説家チョ・ナムジュ氏に対するインタビュー、あわせて小説の原本を順番どおりに忠実に載せて、韓国社会の数多くの「キム・ジヨンさん」に関する憤懣やるかたない話を忠実に盛り込んだ。

出版後は一見静かに見えた「キム・ジヨンシンドローム」は、病んでいたが口に出すことをはばかっていたすべての女性の傷をいたわるちょっとした試みから出発した。昨年の「3・8女性の日」を迎え、琴泰燮(クム・テソプ)共に民主党議員が300冊を購入しプレゼントした事実がFacebookを通じて知られ、二ヶ月後の5月に故魯 会燦(ノ・フェチャン)正義党代表が「82年生まれのキム・ジヨンを抱いてください」という要請を書いたこの本を文在寅(ムン・ヂェイン)大統領にプレゼントした後、『82年生まれのキム・ジヨン』は各書店のベストセラー最上位圏に進出した。以後、『82年生まれのキム・ジヨン』は私たちの時代のジェンダー感受性を再確立した本として評価されるに至った。「経歴断絶」と「督迫育児」で呻吟していた30代女性の生活の一場面を通じて、すべての年齢層の女性をつかんだし、小説は性暴行に対するハッシュタグの動き、社内盗撮の告発、特にmetoo運動と連携して、以前にはなかった新しい時代精神という話題に位置づけられた。

改訂版に掲載された6編のメッセージは、文章で書かれた「小さなブックコンサート」を連想させる。詩人・小説家であるチャン・ヂョンイル氏は「キム・ジヨンが患う病気」に注目した。彼は「作中の男性精神科医の診断は間違っていた」とし、「娘として、恋人として、妻として、母として一生懸命に生きていた主婦に訪れる、名前の付けられない病」だと話を始める。文学評論家のシン・セッピョル氏は「広場政治のために集まったろうそくの熱気はかなり冷めたが、読者たちが女性の生活を変える政治を夢見て火を灯し始めたろうそくは、ますます明るくなっている」と評した。改訂版に掲載されたインタビューで、作家のチョ・ナムジュ氏は「私の話は私の隣にいる女性の話で、女性の声はつながっていると思う」と後日談を打ち明けた。

『82年生まれのキム・ジヨン』は現在、16カ国に版権が売れた状態だ。「国別に平均3カ所以上の出版社がラブコールを送り、それぞれ権利争いは激しかった」と、民音社側は耳打ちした。 12月初めに日本版『82年生まれのキム・ジヨン』が出版され、イギリス版は世界的な出版グループであるサイモン・アンド・シュスター(Simon&Schuster)から、フランス版はマーガレット・アトウッドなど女性作家の小説を出版してきたロベール・ラフォン(Robert Laffont)のニル(NiL)から本を出す。イタリア版はウンベルト・エーコとパウロ・コエーリョ専属編集者のエリザベタ・スガロビ(Elisabetta Sgarbi)が版権を持っていった。

また、主人公のキム・ジヨン役に俳優チョン・ユミ、夫のチョン・デヒョン役に俳優のコン・ユがキャスティングされた映画『82年生まれのキム・ジヨン』は、キム・ドヨン監督がメガホンを取った中で来年にスクリーンでおめみえする。

[キム・ユテ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`82년생 김지영` 100만부 팔렸다

출간 2년 만에 밀리언셀러로
여성으로 `살아냄`의 이야기

일본·프랑스 등 16개국 수출
민음사, 리커버 개정판 출간


아주 오랜 시간이 흐른 뒤에 21세기 한국 문학은 `김지영 씨` 등장 전후로 나뉘리란 예상은 과한 상찬일까. 도처에 살았지만 누구도 만난 적 없던 수백만 명의 `김지영 씨`를 호명하고 한국에서 여성으로 살아감, 아니 `살아냄`의 의미를 곱씹은 조남주 작가의 장편 `82년생 김지영`은 우울하고도 암울했던 한국 여성의 민낯, 그리고 저 민낯을 보듬지 못하는 한국 사회의 무표정을 비추는 거대한 거울과 같았다. 소설가 조남주의 `82년생 김지영`은 이제 출간 2년 만에 밀리언셀러로 올라서며 `소설`이 아닌 `현상`으로서 한국 문학에 새 분기점이 될 전망이다.`82년생 김지영`을 출간한..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語