MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
1月 18日 ソウル 3.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国女子ゴルフの「LPGA支配」、無限疾走
記事入力 2018-12-14 17:10 | 記事修正 2018-12-18 16:18:52
正確に10年前の2009年末、大韓民国のゴルフ史に一線を引く大事件が起きる。「セリ・キッズ」の申智愛(シン・ジエ、30)選手が韓国女子ゴルファーとしては初めて、米国女子プロゴルフ(LPGA)ツアーの賞金王にどかんと上がった。その前までは10年以上もLPGAの賞金王はわずか3人、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン、48)選手とロレーナ・オチョア(メキシコ、37)およびカリー・ウェブ(豪州、43)が順番に占めていたはずだった。しかしソレンスタムとオチョアが相次いで引退を宣言し、ウェブも以前ほどの鋭いショットを飛ばせなくなり、ついに韓国女子ゴルファーのLPGA支配が始まった。

今年の韓国女子ゴルフは、タイの強者アリヤ・ジュタヌガーン(23)選手の勢いに押されてしまったという印象を与えるかもしれない。賞金王はもちろん最小打数賞など、個人に与えられる5つのタイトルを総なめにしたので十分にそのはずだ。しかし彼女が優勝した回数はせいぜい3勝だ。カット脱落が多いために賞金や平均打数ではジュタヌガーンに押されはしたが、パク・ソンヒョンも同じように3勝を収めた。国別の優勝は韓国が9勝で、5勝のタイを圧倒する。

最近10年に期間を広げると、国別の優勝回数は韓国が圧倒的に多い。 10年のあいだに収めた勝ち数はなんと99勝にのぼる。これは66勝の米国をはるかに上回っている。この10年間のタイ選手の優勝は12勝に過ぎない。またチュタヌカンが一人で10勝を収めたものだ。むしろ同胞のリディア・コーが一人で大活躍したニュージーランドと、かつては世界ランキング1位に上がった宮里藍(33)の日本が15勝で韓国と米国に次いで勝数が多い。今はひどいスランプに陥ったチョンヤニ選手の台湾も、この10年間に14勝を獲得した。

惜しい点といえば、2015年と2017年に「15勝」をおさめた女子ゴルフ最強の大韓民国が、今年は二桁の勝ち数を達成することに失敗したという点だ。まんいち今年たった1勝を加えて二桁の勝数を満たしたなら、「10年で100勝」という大記録を達成することができた。韓国女子ゴルフはこの10年間、2011年の「3勝」の不振を除けば少なくとも8勝以上ずつ収めた。 2009年に11勝を収め、2010年に9勝、2012年8勝、2013年と2014年に連続して10勝を、そして2016年には9勝を「太極娘子」が合作した。大韓民国のLPGA総勝数(169勝)のうち60%近くはこの10年で収めたものだ。

賞金王の数字だけを見ても、太極娘子がどのように偉大な成果を成し遂げたのかを知ることができる。シン・ジエが扉を開いた賞金王の系譜を、2010年にチェ・ナヨン(31)選手が受け継いだが、2012年と2013年は朴仁妃(パク・インベ、30)選手が2年連続で賞金王に登板し、昨年はパク・ソンヒョンが新人王と賞金王を同時に掌握する大活躍を繰り広げた。 10シーズンのあいだ、その半分にあたる5回の賞金王の主人公は大韓民国の女性ゴルファーだったのだ。タイが2016年と今年の2回、台湾(2011年チョンヤニ)、ニュージーランド(2015年リディア・コー)、アメリカ(2014年ステイシー・ルイス、33)がそれぞれ1回ずつ賞金王を輩出しただけだ。

この10年で韓国女子ゴルフは最も多くの世界ランキング1位の選手を誕生させた。 LPGAが「ロレックス世界女子ゴルフランキング」を発表し始めたのは2006年2月だ。韓国女子ゴルファーで初めて賞金王に輝いたシン・ジエは2010年5月、世界ランキング1位に上がってもう一つの「韓国女子ゴルファー初」というタイトルを獲得した。それ以後、パク・インベ、ユ・ソヨン(28)、パク・ソンヒョンまで4人の韓国選手による世界1位が誕生した。米国はステイシー・ルイスとクリスティ・カー(41)選手など2人の世界1位を排出し、台湾(チョンヤニ)、ニュージーランド(リディア・コー)、スウェーデン(アニカ・ソレンスタム)、中国(フォン・シャンシャン)、日本(宮里藍)、タイ(アリヤ・ジュタヌガーン)がそれぞれ1名の世界1位選手を輩出した。

新人王もまた最近の10年は韓国出身が圧倒的に多い。 2009年のシン・ジエを筆頭に2011年にソ・ヒギョンと2012年のユ・ソヨン、2015年はキム・セヨン、2016年チョン・インジ、2017年パク・ソンヒョン、今年はコ・ジンウン(23)まで、この10年のあいだに3回を抜い7回も「韓国選手新人王」が誕生したのだ。最近の4年間は韓国選手が連続的に新人王のタイトルを獲得した。

このような活躍を土台に、韓国女子ゴルファーはホットな賞金狩りを繰り広げた。韓国女子ゴルファーはこの10年間に稼いだ総額は1億4000万ドルに達した。ここ10年間で年1000万ドルを超すことがなかったのは、3勝にとどまって最悪の「優勝干ばつ」に苦しめられた2011年(925万ドル)だけだ。しかしその年のLPGA全体の賞金で、少ない場合は20%前後、多い場合は35%近い賞金が韓国選手たちの分け前だった。今年は平均作には少し及ばない1266万ドルを稼いだ。

「権勢十年」という。権力は10年をこえて保つことはできないという意味だ。

しかし、少なくとも女子ゴルフの舞台では通用しない四字熟語だ。韓国女子ゴルファーは一度握った権勢を手放す考えはない。来年には「ホットシックス」イ・ジョンウン(22)という傑出した新人がLPGAの舞台に合流する。現世界ランキング1位のチュタヌカンの優勝は難しくなるだろう。

[オ・テシク記者/チョ・ヒョソン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

권불10년이라고?…韓 `LPGA 지배` 무한질주

LPGA 10년 기록 살펴보니

99승으로 66승 美 제쳐
총 1억4000만달러 벌어
상금왕 다섯차례로 최다


정확히 10년 전인 2009년 말 대한민국 골프 역사에 한 획을 그을 대사건이 벌어진다. `세리 키즈` 신지애(30)가 한국 여자골퍼로는 처음으로 미국여자프로골프(LPGA) 투어 상금왕에 떡하니 오른 것이다. 그 전까지 10년 이상 LPGA 상금왕은 단 3명, 안니카 소렌스탐(스웨덴), 로레나 오초아(멕시코), 그리고 카리 웹(호주)이 돌아가며 차지하고 있던 터였다. 하지만 소렌스탐과 오초아가 연이어 은퇴를 선언하고 웹도 예전만 한 날카로운 샷을 날리지 못하면서 마침내 한국 여자골퍼들의 LPGA 지배가 시작됐다.올해 한국 여자골프는 태국의 강자 에리야 쭈타누깐 기세에 눌렸다는 인상을..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語