MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
1月 18日 ソウル 2.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
パク監督、ベトナムチームを率いて「鈴木カップ」優勝
記事入力 2018-12-16 18:13 | 記事修正 2018-12-19 16:33:57
◆ パク・ハンソ優勝マジック ◆

15日(現地時間)、ベトナムはハノイの最も大きな繁華街のホアンキエムの街は、車のUターンが不可能だった。ベトナムのサッカー代表チームが「2018アセアンサッカー連盟(AFF)スズキカップ」の優勝を確定付けるやいなや、金星紅旗を挿したバイク部隊と車両があふれ出てきたからだ。うねる赤い波の中に太極旗とベトナムサッカー代表チームのパク・ハンソ監督が描かれた旗が交じわって珍しい風景を演出した。鈴木カップ優勝という宿願を達成したベトナム全域では、楽しいパーティーが夜が明けるまで続いた。

◆ 実業チームの監督から...ベトナムの「英雄」に

昨年の下半期、数百人の世界の指導者を対象に、代表監督の志願を受けていたベトナムサッカー連盟は、とつぜんパク・ハンソ監督に指揮を任せた。アジア圏から良い監督を連れてこようという流れの中で、166センチのパク監督の身長キーは平均身長の高くないベトナムの選手たちの好感を買ったという後日談が聞こえてきた。 「私もあなたたちのように背が低く、その痛みを知っている」と心を開いたパク監督に、ベトナムの選手が親近感を感じて付けたニックネームは「お父さん」だった。

「東南アジアワールドカップ」と呼ばれる鈴木カップでの決勝でマレーシアを負かすやいなや、ベトナム現地ではパク監督の「成功した監督」から「英雄」に格上げする雰囲気だ。ベトナム政府の高官や企業の最高経営責任者(CEO)か高位役員でなければ朴監督との約束をとることさえ容易ではないほどだ。

2017年10月、ベトナムサッカー代表チームを任せられる直前、パク監督は韓国サッカーの3部リーグ格である実業チーム昌原市庁の監督だった。以前は2002年釜山アジア大会で韓国代表とKリーグ慶南FC、全南ドラゴンズの監督などを経たが、ぱっと目立つ成績はなかった。 2002年韓日ワールドカップ当時、ヒース・ヒディンク監督を補佐し、首席コーチとして韓国代表チームを4強にあげたのが最大の成果だった。韓国でエリートコースを歩むことの無かったパク監督がベトナムで成功ストーリーを書くことは、彼が涙に濡れたパンを食べながら発展させたリーダーシップが、一歩遅れて花を咲かせたためだと分析される。スター監督出身が簡単に陥る「独善の沼」におちることはなかったということだ。

15日に競技場で開かれた優勝セレモニーの当時、ベトナムのグエン・スアン・フック首相はパク監督を抱きしめて、親指を立てて感激に陥った姿だった。パク監督はグエン・スアン・フック首相に4回にわたって頭を下げて、謙譲の姿勢を失わなかった。

◆ フィールドでは情熱のリーダー、競技場では犠牲

韓国でも生中継した鈴木カップ決勝。この日の観客と視聴者の目に最も多くの見られた場面は、パク監督が叫ぶ姿だった。スポーツチームの戦力では実力と同じくらい重要な気勢の戦いだ。ふつうチーム員を精神武装させる「ボイスリーダー」の役割は、一緒に試合をすすめるチームの主将やエース選手が務めるが、ベトナムチームだけはこれをパク監督が務めている。この日、ベトナムの決勝先制ゴールの後、身体接触が過激になるとずっと「ヘイ!ヘイ」と叫んで、両手で鎮まれとするようなジェスチャーを見せていたパク監督の姿は、腕を組んで試合を見ていたマレーシアの監督と対照的だった。

パク監督はベトナム代表監督の就任当初から、選手たちに自信を植え付けることに重点を置いたことが知られている。競技場の外に出て行けば「犠牲のリーダーシップ」を発揮する。去る7日、鈴木カップ決勝第1戦が行われるマレーシアに移動するために飛行機に搭乗したパク監督は、負傷したト・フンジュン選手にビジネスクラスをあけて、選手たちのエコノミークラスに座った。パク監督は彼に、「負傷した君を快適なシートに座らせるべきなのだが、忘れてしまって申しわけない」というメッセージまで伝えた。ベトナムのサムスン電子工場で働くディンタンクエット氏は、「父のように選手を取りまとめるパク監督の姿に、ベトナムが感動した」とし、「彼は単純な監督を超えて、師の役割を果たしている」と言う。もちろん核心は戦術だ。

パク監督が赴任する前のベトナム代表チームは、選手がスタメンから除外されると試合をきちんと観戦していないほどチームワークが弱かった。しかし、パク監督が「ワンチーム」を強調して選手たちと気兼ねなくじょうだんを交わして、いつの間にかチームは互いに信じて頼る粘着性のあるチームワークを発揮し始めた。「ベトナムのサッカーは体力が弱い」という敗北意識を破り、チームを強力な対人圧迫を基盤にした強いチームに変えた。グエンタンバン氏は「朴監督は、選手たちを団結させ、最良の結果を出す方式を知っている」と述べた。

[ベトナム=ホン・ジャンウォン特派員/ソウル=イ・ヨンゴン記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

희생·겸손 `파파 리더십`…베트남의 꿈★을 이루다

박항서, 베트남서 `영웅` 칭호

"나도 키 작아 당신들 아픔 안다"
선수들 호감 사며 `아빠` 별명

특유의 샤우팅, 패기 불어넣고
부상선수에 비즈니스석 양보…
1년간 강조해온 `팀워크` 결실


◆ 박항서 우승 매직 ◆ 15일(현지시간) 베트남 하노이의 가장 큰 번화가 호안끼엠 밤거리는 차량 유턴이 불가능했다. 베트남 축구대표팀이 2018 아세안축구연맹(AFF) 스즈키컵 우승을 확정짓자 금성홍기를 꽂은 오토바이 부대와 차량이 쏟아져 나왔기 때문이다. 넘실대는 붉은 물결 속에 태극기와 박항서 베트남 축구대표팀 감독이 그려진 깃발이 어우러져 진풍경을 연출했다. 스즈키컵 우승이라는 숙원을 이룬 베트남 전역에서는 흥겨운 파티가 밤이 새도록 지속됐다. ◆ 실업팀 감독에서…베트남 `영웅`으로 지난해 하반기 전 세계 지도자 수백 명을 대상으로 대표팀 감독 지원을 받..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語