MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 08日 ソウル -4.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
柳賢振、サイ・ヤング賞2位...アジア初で1位票獲得
記事入力 2019-11-14 17:16 | 記事修正 2019-11-18 15:39:04
米プロ野球ナショナルリーグのサイ・ヤング賞の投票で単独2位に上がったLAドジャースの柳賢振(左)と妻のペ・ジヒョン前アナウンサーが14日午後に仁川国際空港から帰国し、明るい笑顔で手を振っている。[写真=聯合ニュース]

LAドジャースの柳賢振(リュ・ヒョンジン)選手は一年で最高の活躍をした投手に与えられるサイ・ヤング賞の投票で2位に上がった。サイ・ヤング賞の投票権を持つ現地の記者30人のうちの1人からはアジア人投手初の1位票を受け取った。

柳賢振は14日(現地時間)、米国の野球記者協会(BBWAA)が選定した「2019 メジャーリーグ サイ・ヤング賞」の受賞者発表でナショナルリーグ2位を記録した。平均自責点を除外した投手の主要指標で柳賢振の先を行っていたニューヨーク・メッツのジェイコブ・デグロム選手が1位、マックス・シャーザー選手が柳賢振に続いて3位に決定した。

柳賢振は今季の大リーグ防御率1位(2.32)という信じがたい記録を立てたが、残りの主要指標である投球イニング、奪三振、イニング当り出塁許容率(WHIP)などが圧倒的だったディグロムとは格差があった。

サイ・ヤング賞の受賞者は米国の主要地域チームに割り当てられた、野球専門記者30人が投票で決定する。記者一人当り1~5位までの順位を書き留めことができ、1位が7点、2~3位はそれぞれ4点と3点を得る。

たとえ受賞はできなかったが、投票の結果だけを見れば今季の柳賢振は十分に認められた。

アジア投手初のサイ・ヤング賞投票で1位票を受け、2位票(10枚)と3位票(8枚)も少なくなかった。総点88点は3位のシャージャー選手(72点)とかなり差があるスコアだ。アジア出身のメジャーリーグ投手の中でサイ・ヤング賞投票で2位を記録した選手は、2006年の台湾の王建民選手(ニューヨーク・ヤンキース)と2013年の日本のダルビッシュ・有選手(テキサス・レンジャーズ)で、それぞれ総点は51点と93点だ。ダルビッシュ選手のスコアは柳賢振より高いが、投票では1位票を受けられなかった。

柳賢振はこの日、仁川(インチョン)国際空港から帰国した。柳選手は取材陣とのインタビューで、「シーズンをうまく終えたようだ。先発30試合への登板が目標だったが、29試合に出場して満足している」と述べた。サイ・ヤング賞の1位票については、「全く予想していなかったし気にもしなかったが、1位票を受けて気分はいい」とし、「今季は8月に良くない姿を見せたので、100点ではなく99点だ」と語った。

柳賢振は今年の冬に始まる自由契約選手(FA)市場の契約について、「FA契約はエージェントに任せて運動に専念する」と付け加えた。

柳賢振が受けた1位票一枚は、記者のツイッターを詐称したアカウントのせいで論難になった。

LA地域の所属記者のアカウントは、個人のソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じて「メッツ(ディグロム所属チーム)が嫌いだ。私はドジャースファン」だというメッセージを残したことからメッツファンの非難が集中したが、調査の結果、詐称アカウントであることが明らかになった。実際には、記者は柳賢振について「今季登板したほとんどの試合で非常に安定しており、粘り強さで他の投手を上回った」と評価している。

アメリカンリーグではジャスティン・バーランダー選手(ヒューストン・アストロズ)がチームメートのゲリット・コール選手を抜いて受賞した。これらの選手はともに今季2点台半ばの防御率と20勝以上、300本以上の奪三振を記録したが、昨シーズンは素晴らしい記録を残してもブレイク・スネル選手(タンパベイ・レイズ)に押されてサイ・ヤング賞を逃したジャスティン・バーランダー選手が、今年は記者団から同情票を受けたのだろうという分析も出ている。

[イ・ヨンゴン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

금의환향 류현진 "올 시즌 99점"

亞 첫 사이영상 투표 1위표

총점 88점…셔저 제치고 2위
메츠 디그롬 NL 사이영상

"FA계약은 에이전트가
난 운동에만 전념할 것"


LA 다저스의 류현진이 메이저리그 한 해 최고의 활약을 펼친 투수에게 주는 사이영상 투표에서 2위에 올랐다. 사이영상 투표권을 가진 현지 기자 30명 중 한 명에게서 아시아 투수 최초로 1위 표를 받기도 했다. 이날 귀국한 류현진은 자신의 올 시즌 점수를 `99점`으로 매겼다.류현진은 14일(한국시간) 미국야구기자협회(BBWAA)가 선정한 2019 메이저리그 사이영상 수상자 발표에서 내셔널리그 2위를 기록했다. 평균자책점을 제외한 투수 주요 지표에서 류현진에게 앞서 있던 뉴욕 메츠의 제이컵 디그롬이 1위, 맥스 셔저는 류현진에 이어 3위로 결정됐다. 류현진은 올 시즌 메이저리그..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語