MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 17日 ソウル 28.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「ホット6」も加勢...東京オリンピックの出場権戦争
記事入力 2019-06-04 17:36 | 記事修正 2019-06-07 16:22:55
米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーシーズンの2番目のメジャー大会であるUS女子オープンが終わった後、女子ゴルフ世界ランキングが揺れた。「US女子オープンチャンピオン」イ・ジョンウン選手(23才、テバン建設)が先週、世界17位から5位に急上昇して順位に大きな変化が生じた。

世界ランキング1位のコ・ジニョン選手と2位のイ・ミンジ選手(豪)、3位の朴城炫(パク・ソンヒョン)選手はそのまま座を守ったが、残りの選手たちはUS女子オープンの成績に応じて明暗が分かれた。 US女子オープンで2位を占めたレクシー・トンプソン選手(米)が4位になんと4段階上昇し、同じく2位だった柳簫然(ユ・ソヨン)選手も12位から8位に上がった。

イ・ジョンウンが5位に上がって、先週は5・6位だったアリヤ・ジュタヌガーン選手(タイ)と畑岡奈紗選手(日)は1段ずつ順位が押された。先週7位だった朴仁妃(パク・インビ)選手はなんと3階段も落ちて10位に、9位だったキム・セヨン選手は「トップ10」から押し出されて11位に。イ・ジョンウンの優勝で女子ゴルフ世界ランキングトップ10に韓国選手は5人が布陣し、「シェア50%」を取り戻すことに成功した。しかし、それだけに激しい競争が始まった。

まさに「2020東京オリンピックゴルフ女子出場競争」だ。基本的には国ごとに2人ずつ出場させることができる。しかし世界ランキング15位以内に入る選手は、一国ごとに最大4人が出場できる。「太極マーク4人衆」が選別される時期は来年の6月末だ。まだ1年も残っているが、韓国選手たちの太極マーク競争はすでに始まった。世界ランキングは2年間の大会成績を総合して出すことから、昨年7月以降の成績が反映される。

4日の時点でのみ見ても、韓国選手たちは世界15位に7人が布陣しており、16位のチ・ウンヒ選手まで合わせればなんと8人が熾烈な競争を繰り広げる構図だ。現時点で計算すれば、1位コ・ジンヨン、3位パク・ソンヒョン、5位イ・ジョンウン、8位ユ・ソヨンまでがオリンピック出場資格を得る。出場資格がない10位のパク・インビ、11位キム・セヨン、15位ヤン・ヒヨン選手はいつでも順位を引き上げることができる選手らであり、16位のチ・ウンヒも無視できない。

しかし、1年後の世界ランキングを予測することは難しい。2019年のわずか5ヶ月間の世界ランキングの変化を見ても千変万化だ。

今年1月の第1週の「太極マーク4人衆」はパク・ソンヒョン(2位)、ユ・ソヨン(3位)、パク・インビ(4位)、コ・ジンヨン(10位)だった。 3月の最初の週に選手らの世界ランキングは少しずつ変わりったが、「トップ4」には変化がなかった。しかし5月の最終週、「太極マークメンバー」はコ・ジンヨン(1位)、パク・ソンヒョン(3位)、パク・インビ(7位)、キム・セヨン(9位)に変わり、わずか一週間後にUS女子オープンの結果が反映された世界ランキングはコ・ジンヨン(1位)、パク・ソンヒョン(3位)、イ・ジョンウン(5位)、ユ・ソヨン(8位)に変わった。パク・インビとキム・セヨンは世界ランキング10位と11位に後退したが、韓国選手「トップ4」には入った。現在、世界ランキングのポイントでコ・ジンヨンは7.60点、イ・ミンジとパク・ソンヒョンは6点台を記録している。一方、4~11位の選手たちは5点台のポイントを記録し、いつでも順位が逆になることがありうる。

韓国女子ゴルファー太極マーク競争のダークホースはイ・ジョンウンだ。 4月の最終週は世界ランキング20位で、韓国選手のうちでは8番目に過ぎなかったイ・ジョンウンは先週、17位に上がった後はUS女子オープン優勝で瞬く間に世界5位に上がり、韓国選手の中で3番目に高い順位を占めた。

コ・ジンヨンも今季は始まりとともにANAインスピレーションで優勝し、ファウンダーズズカップ優勝で世界ランキングが急上昇したケースだ。今年、ホンダLPGAタイランドを終えた後、コ・ジンヨンの世界ランキングは11位にとどまった。先だって2018年の末もコ・ジンヨンは10~11位にとどまっていた。今シーズン序盤の不振を乗り越えて、再び世界のトップ10に上がったユ・ソヨンも徐々に自分の姿を取り戻している。

もちろん「五輪金メダリスト」パク・インビは最後まで脅威だ。これまでの2年間に得た世界ランキングポイントを出展大会数で割った「世界ランキングポイント」で、パク・インビはわずか34大会しか出場しなかった。良い成績を出せば後のポイントが大幅に上昇することがあるということだ。パク・インビは先月、韓国大会に出場当時に「再びオリンピックが近づくにつれ、やってみるだけのことはあるという考えがずっとある」とし、事実上は挑戦の意志を明らかにした。

[チョ・ヒョソン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`핫식스`도 가세…도쿄올림픽 티켓 전쟁

세계 5위로 올라선 이정은
고진영·박성현·유소연과
태극마크 4장 놓고 경쟁
박인비·김세영도 맹추격


미국여자프로골프(LPGA) 투어 시즌 두 번째 메이저대회인 US여자오픈이 끝난 뒤 여자골프 세계랭킹이 요동쳤다. `US여자오픈 챔피언` 이정은(23·대방건설)이 지난주 세계 17위에서 5위로 급상승하면서 순위에 큰 변화가 생겼다. 세계랭킹 1위 고진영과 2위 이민지(호주), 3위 박성현은 그대로 자리를 지켰지만 나머지 선수들은 US여자오픈 성적에 따라 희비가 엇갈렸다. US여자오픈에서 공동 2위를 차지한 렉시 톰프슨(미국)이 4위로 무려 4계단이나 상승했고, 같은 공동 2위였던 유소연도 12위에서 8위로 뛰어올랐다. 이정은이 5위로 뛰어오르며 지난주 5·6위였던 에리야 쭈타누깐(태..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語