MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 20日 ソウル 30.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国U20「イ・ガンイン」...誰も彼を止めることはできない
記事入力 2019-06-12 17:29 | 記事修正 2019-06-14 15:57:25
12日(韓国時間)ポーランドのルブリン競技場で行われた韓国とエクアドルの2019 FIFA U-20ワールドカップ4強戦で、イ・ガンイン選手がクロスを上げている。 [聯合ニュース]

「イ・ガンイン(バレンシア)が蹴って、イ・グァンヨン(江原)が防ぐ」。

韓国U-20(20歳以下)サッカー代表チームの勝利の公式がまた一度発揮される試合だった。「エース」李康仁(イ・ガンイン)選手はキルパスでチームの先制ゴールを助け、試合を支配する能力を見せた。「守護神」のGKイ・グァンヨン選手は後半ロスタイム、相手チームトップのFWレオナルド・カンパーナ選手のヘディングシュートを体を飛ばして防いだ。

リトル太極戦士たちは咆哮し、エクアドルの選手たちは頭を下げた。韓国史上初の決勝進出が確定した瞬間だった。韓国U-20サッカー代表チームは12日(韓国時間)、ポーランドのルブリンにあるルブリン競技場で開かれた2019国際サッカー連盟(FIFA)U-20ワールドカップ準決勝で、前半39分に決まったチェ・ジュン選手(延世大)の決勝ゴールに支えられて1対0で勝利した。去る8強戦でセネガルを下して36年ぶりに4強神話を再現した「チョン・ヂョンヨン号」はこの日の勝利を追加して、韓国男子サッカーでは史上初のFIFA主管大会で決勝進出という大記録を立てた。

韓国はこの日、これまでのスリーバック(3-5-2)フォーメーションをそのまま維持しながらも、コ・ジェヒョン選手(大邱)とキム・セユン選手(大田)をミッドフィールド(MF)に配置して先発に変化を与えた。

攻撃的MFは活動量が多いことから、大会を闘ってきて溜まった体力的疲労度を考慮したローテーションの一環だった。最前方のツートップにオ・セフン選手(アサン)とイ・ガンイン選手が位置し、守備的MFはチョン・ホジン選手(高麗大)が務めた。最終守備ラインはイ・ジェイク選手(江原)、キム・ヒョヌ選手(ディナモ・ザグレブ)、イ・ヂスル選手(大田)で組んだし、左右のウィングバックはチェ・ジュン選手と主将のファン・テヒョン選手(アンサン)が乗り出した。韓国のゴールはイ・グァンヨン選手がグループリーグ戦から6試合連続で出撃した。

比較的に体力に余裕のあるコ・ジェヒョン選手とキム・セユン選手を投入した韓国は、前半の序盤から激しくエクアドルを追い詰めた。わざわざラインを下げて守備中心に乗り出していたこれまでの試合とは違って前方から圧迫したし、左右のウィングバックは積極的にオーバーラップに乗り出した。

張り詰めた緊張感が漂った前半39分、先制ゴールは韓国がまず記録した。フリーキックの状況で、イ・ガンイン選手が巧みに「表情フェイク」を使って相手のDFをかく乱し、ゴール前に殺到するチェ・ジュン選手に強いキルパスを飛ばした。チェ選手はペナルティライン左のエリアからのノンストップシュートで、エクアドルのゴールネットを揺らした。チェ選手は試合後、「フリーキックの時にカンインと目が合った。うまいパスで球を送ってきた」とし「蹴った瞬間、入ったと直感した」と語った。

0対1で追いかけること;になったエクアドルは、後半に入って攻勢を強化した。韓国は守備に重点を置きながらも、後半09分に速い足を持つチョ・ヨンウク選手(ソウル)をジョーカーに投入し、逆襲を中心に攻撃を繰り広げた。チョ・ヨンウクは後半28分、相手陣営からの脅威的なドリブルに続く強力な右足シュートを放ったが、ゴールキーパーがセーブして詰まった。韓国は後半36分に負傷で倒れたコ・ジェヒョンに代わってオム・ウォンサン(光州)を投入し、決めのゴール狩りに乗り出した。

この日の試合でもビデオ判読(VAR)はかなりの影響を及ぼした。後半40分、オ・セフン選手がさしだしたスルーパスをオム・ウォンサンがつかんで右のペナルティラインから強烈なシュートで追加点を決めたが、VAR判読の結果は惜しくもオフサイドと判定された。韓国もVARで徳を得た。後半ロスタイムのゴール前の混戦した状況で、エクアドルのシュートがゴールに入ったがVAR判読の結果オフサイドが宣言されて胸をなでおろした。

もはや失うものなかったエクアドルは、後半ロスタイムにゴールキーパーまでが攻撃に投入され、総攻勢に乗り出した。最後の危機もあった。後半ロスタイムがほぼ枯渇していた頃、側面から上がってきたクロスをカンパーナが決定的なヘディングシュートでつないだが、イ・グァンヨンがスーパーセーブで防いで劇的に決勝を確定した。国内サッカーファンは連日セーブショーを披露したイ・グァンヨンに「ピックァンヨン」というニックネームをつけた。

韓国が優勝トロフィーをかけて最後の戦いを繰り広げるウクライナは、今年が韓国と同じように最初の決勝の舞台だ。今回の大会は全6試合で10得点3失点という優れた攻撃力と鉄壁の守備を見せた。特に4ゴールを入れている最前線のFWダニーロ・シカン選手には注意しなければならない。注目すべき点は、攻撃的MFセルヒー・ブレツァ選手とDFデニス・ポポフ選手も3ゴールずつ記録しているというものだ。幸いなことにポポフ選手はイタリア戦で退場となり、決勝の舞台ではプレーすることができない。

韓国とウクライナの決勝戦は16日午前1時、ウッチ市にあるウッチ競技場で開かれる。

[チャ・チャンヒ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

기승전 `이강인`…누구도 그를 막을 수 없다

U-20월드컵 한국, 16일 새벽 1시 우크라이나와 결승전

특급 도우미 이강인 `킬패스`
최준 결승골 연결 1대0 승리

`수호신` 이광연은 선방 쇼
슈팅 10개 에콰도르 침묵


`이강인(발렌시아)이 차고, 이광연(강원)이 막는다.`한국 20세 이하(U-20) 축구대표팀 승리의 공식이 또 한 번 발휘되는 경기였다. `에이스` 이강인은 킬 패스로 팀의 선제골을 도우며 경기를 지배하는 능력을 보여줬다. `수호신` 이광연은 후반 추가시간 상대 원톱 공격수 레오나르도 캄파나의 헤딩 슈팅을 몸을 날려 막아냈다. 리틀 태극전사들은 포효했고, 에콰도르 선수들은 고개를 숙였다. 한국의 사상 첫 결승 진출이 확정되는 순간이었다.한국 U-20 축구대표팀은 12일(한국시간) 폴란드 루블린 소재 루블린 경기장에서 열린 2019 국제축구연맹(FIFA) U-20 월드컵 준결승에서 전반..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語