MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 17日 ソウル 14.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
輝いた12球の投球...トラウト選手も「ゴロアウト」
記事入力 2019-07-10 17:33 | 記事修正 2019-07-12 16:23:02
韓国人初の米プロ野球メジャーリーグ(MLB)オールスター先発投手として登板した柳賢振(リュ・ヒョンヂヂン)選手は1イニングの登板で安打1つを差し出したが、ゴロ3本でアウトカウントを満たし、失点無しにイニングを終えた。 [AFP =連合ニュース]

生涯初のオールスター戦に先発登板した柳賢振選手は、良い投球で祝祭を楽しんだ。メジャーリーグで唯一の1点台の防御率を記録した優れた制球力とボール配合で、アメリカンリーグ最高の打者たちでさえ良いヒットを作れなかった。

柳賢振選手は10日(韓国時間)、米国オハイオ州クリーブランドのプログレッシブフィールドで行われた2019年MLBオールスター戦に、ナショナルリーグの先発投手として乗り出して1イニング無失点で防いだ。ヒット1本を許したが後続打を許さず、ナショナルリーグ最高の投手であることを立証した。

この日に柳選手が相手にした4人の打者は、1番打者に年平均20以上の本塁打を打つジョージ・スプリンガー選手(オールスター3回選定)と、今季ア・リーグ打率1位のDJ・ルメイユ選手(3回)、リーグ最高の打者であるマイク・トラウト選手(8回)とカルロス・サンタナ選手(1回)だった。スプリンガーに食われた打球は内野を抜けて、柳選手は最初から無死1塁の危機を迎えた。

しかし、走者が出ればさらに強力になる柳選手の能力はこの日も輝いた。チェンジアップで完全にタイミングを奪われた後続打者のルメイユ選手をピッチャーゴロで処理した柳選手は、トラウト選手と向き会ったが2球目で2塁ゴロに処理した。トラウト選手の内角側の低い方に折れるカットファストボールで、レギュラーシーズンでもトラウト選手を2度も三振に終わらせた球種だ。トラウト選手はレギュラーシーズンでも、柳選手と10回向き合ってまだ出塁していない。またトラウト選手は7年連続でオールスター戦へ先発出場し、初打席で100%出塁していたが、柳選手と向き合ったことで惜しくもこの記録は終わることになった。

柳選手は4番打者のサンタナ選手までをショートゴロで処理した後、デイブ・ロバーツ監督の計画通り初のオールスター戦ゲームを終えた。投球数は12球だった。

柳賢振は試合後のインタビューで、「3打者で終えたかったが、右打球が安打になった。楽しんで投げた」と語った。続いて、「予想とは異なり、実際に試合が始まると選手たちは本当に真剣に取り組む」とし「(オールスター戦を)もっと経験出来たら良い」と所感を明らかにした。

アメリカンリーグ選抜のジャスティン・バーランダー選手が打者を圧倒する力のある投球で1回をきれいに仕上げたことについては、「私も強いボールを投げるといいのだが、球速に神経を使わなかったし、自分ができることだけをやろうと考えた」と語った。

なによりもオールスター戦にデビューした韓国人メジャーリーグ投手の先輩たちに比べ、すっきりとした投球だった。 2001年オールスター戦に出場した朴賛浩(当時LAドジャース)は0対0の状況である3回に登板し、引退を控えていた「鉄人」カル・リプケン選手(オールスター19回、2632試合連続出場)に1点本塁打を許してオールスター敗戦投手になったことがある。翌年のオールスターでは、金炳賢(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)が5対3でナショナルリーグがリードする7回に登板したが3安打2失点でBlown save(吹き飛んだセーブ)を記録した。

この日はアメリカンリーグがナショナルリーグに4対3で勝利した。柳選手に続いて登板したクレイトン・カーショウ選手が2回2安打1失点(初失点)で敗戦投手になり、5回にウォーカー・ビューラー選手が1イニング1失点するなど、柳選手を除いたドジャース投手らが得点を許して揺れた。柳選手とのあいだでサイ・ヤング賞の競争を繰り広げているマックス・シャーザー選手はこの日は休憩の次元でダッグアウトを守った。

一方、アメリカンリーグはジャスティン・バーランダー選手と田中将大選手が序盤をよく守り、勝利を牽引した。特にスプリッタを活用して2回をよく防いだ田中選手は勝利投手として記録に残った。ナショナルリーグはクリスチャン・イエリッチ選手、ハビアー・バエズ選手、フレディ・フリーマン選手、コーディ・ベリンジャー選手、ノーラン・アレナド選手など、最高の上位打線が9打数無安打に終わったことが痛かった。

オールスター戦のMVPはクリーブランド・インディアンスの投手シェーン・ビーバー選手が獲得した。この日の打席でヒットやホームランを放った打者がなかったことも、ビーバー選手の受賞を助けた。ビーバー選手は5回表に登板し、ウィルソン・コントレラス選手、ケーテル・マルテ選手、ロナルド・アクーニャ選手のすべてを三振に討ち取り、ホームのファンから拍手喝采を受けてマウンドを降りた。歴代最多オールスター戦MVPの受賞者は5人でそれぞれ2回受けており、現役の中ではトラウト選手が唯一だ。

オールスター戦の戦績はアメリカンリーグ(45勝)とナショナルリーグ(43勝)で薄氷の差だ。ただし、この日を含めてアメリカンリーグが7連勝中であり、最近30年間でナショナルリーグは6勝にとどまっている。

[イ・ヨンゴン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

빛났던 12번의 투구…트라우트도 `땅볼 아웃`

올스타전 선발 나선 류현진

`땅볼 제조기` 명성 확인해
1이닝 동안 1안타 무실점
4타자 모두 내야 땅볼로


생애 첫 올스타전에 선발 등판한 류현진이 좋은 투구로 축제를 즐겼다. 메이저리그에서 유일한 1점대 평균자책점을 기록한 뛰어난 제구력과 볼 배합에 아메리칸리그 최고 타자들조차 좋은 타구를 만들어내지 못했다.류현진은 10일(한국시간) 미국 오하이오주 클리블랜드 프로그레시브필드에서 열린 2019 MLB 올스타전에 내셔널리그 선발투수로 나서 1이닝 무실점으로 막았다. 안타 하나를 내줬지만 후속타를 허용하지 않으면서 내셔널리그 최고 투수임을 입증했다.이날 류현진이 상대한 네 타자는 1번 타자임에도 연평균 20홈런을 이상을 치는 조지 스프링어(올스타 3회 선정)와 올 시즌..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語