MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 03日 ソウル 10.4℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
李御寧「韓国人の語り手DNAが寄生虫の奇跡を生んだ」
記事入力 2020-02-18 17:56 | 記事修正 2020-02-20 15:30:37
長い長い知的旅程の終わりだろうか。梨花女子大の李御寧(イ・オリョン)客員教授(86)が「韓国人物語」で戻ってきた。 2009年に「中央日報」の連載で始まった「イヤギポッタリ(話の風呂敷包み)」を12冊の本におさめる策戦だ。韓国人の誕生から始まり、人工知能を経て韓国文化にまでわたっている。主題ごとに脚注をつけて、ハイパーテキストのように12冊全体が絡み合う構造だ。

頭の手術を受け、癌を宣告され、その後2回の大きな手術があったが、10年めで本にしがみついている。最初の本『君はどこから来たのか』(パラムブック社発行)を出版した直後の18日、ソウル市平倉洞のあるレストランで会った同氏は、「私は体が痛くてすべての事から退いて生きることにしたが、逆にあちこちから訪ねて来る。私としては本当に困る。記憶力も昔と同じではないので、こうやって書いてきた」と話を切り出した。

本は幼い頃に聞いた腰の曲がった祖母の話から始まる。昨日の夜に聞いた話が絶えず変化する祖母の話を、シェラザードの『アラビアンナイト』にたとえる。韓国人の語り手DNA、「ホモナランス(Homonarrans)」の源はまさにここから始まったという説明だ。 「世界が何度変わっても、韓国人にはコブラン峠、アリラン峠のような語り部の血が胸の中に流れている」。

このように私たちが意識していなかった話が韓流の原動力であり、21世紀の生命化時代の原動力だと李御寧氏は本で主張する。それによると、韓国人の物語文化は「マク文化」として説明される。マクサバル、マッコリ、マンマル(暴言)…。正史から外れたマク話、雑多な話こそが韓国人の物語だ。「最近、ユヴァル・ノア・ハラリをかなり読んだが、私たちは人類の心配をそんなにしただろうか。雑多な話こそ韓国人の話だ。ホモサピエンスの話でも、ローマ人の物語でもない」。

同氏が文化部長官を務めてから30年ぶりに、ポン・ジュノはアカデミー4冠王に上がる奇跡を書いた。 「昔は外貨を売って映画会社は金を稼いだ。ところが逆に米国で賞を取ったなんて、こんな逆転劇はなかった。とても驚いた」。

李御寧氏は防弾少年団(BTS)と『寄生虫(パラサイト)』の成功を「韓国人の物語の成功」だと解釈した。 「グローバル・スタンダードである英語でなくても、ウリマル(韓国語)が世界に通じたわけだ。韓国語を学んでこそBTSをきちんとラップに沿って歌うことができ、『寄生虫』も韓国語を学んでこそ本物のセリフを理解できる。ジェシカソングもどうやって英語で聞き取れる?韓流が強くなるから、それが何であれ、韓国語をたくさんの人が学ぶ。それが言語の勝利だ」。

アカデミー賞も脚本賞を取ったことに最も驚くべきだと分析した。 「韓国人は演技は驚くほどうまいが、文学的コンテンツが弱かった。今まで韓流ドラマも勧善懲悪でのみ書いたが、この映画を見ると憎むべき人物も尊敬する人物もいない。すべてが犠牲者と加害者だ。むかしの『オバルタン(誤発弾)』のように描いたのではなく、階層問題と人間を立体的で洗練されていて、闇を明るく描くことも知っている成熟した段階にきたのだ。メッセージを扱う方法論が世界レベルに到達した。その次は何でもいい」。

イ・ソンギュン、パク・ソダム、チャン・ヘジンなど『パラサイト』の俳優とイ・ハジュン美術監督、キム・ビョンイン音響監督を輩出した韓国芸術総合学校を設立したことも彼の業績だ。 「私がしたことはなにも無いが、芸術学校を作って韓国人の他人にはない才能である歌舞樂、すなわち芸術を育てようと努力した。この方面では中国や日本がどれほど頑張っても追いつかない」。

2時間のあいだ韓流や近代化以後の韓国の歴史まで行き来た同氏の話は、これからの行動についての話につながった。12冊の著述を終えたならば、同氏は最後に死の世界のための研究を行うことになるだろうと答えた。李御寧氏は「私はこの世を去ってもアイデアはすべて書いたから、誰でも本物の『韓国人の物語』を仕上げてくれるだろう」と語った。「98%がスマートフォンを持っている唯一の国でありながら、また片方の手に鍬を持ったシムマニ(人参掘り)がいる国だ。妹を追ってノビルを掘っていた少年がデジローグと生命化時代に講演をすることになった人物が世界のどこにいるだろうか。私には職がいろいろあったが、最後は語り手として去る」。

[キム・ジヘ記者/写真=キム・ジェフン記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

이어령 "한국인 이야기꾼 DNA가 기생충 기적을 낳았다"

문화 유전자 비결 다룬 `한국인 이야기` 출간

오스카 각본상이 가장 큰 쾌거
BTS·기생충 성취, 한국어의 승리

나는 직책이 여러 가지였는데
마지막은 이야기꾼으로 떠나겠다


길고 길었던 지적 여정의 대미일까. 이어령 이화여대 석좌교수(86)가 `한국인 이야기`로 돌아왔다. 2009년 중앙일보에 연재로 시작한 이야기 보따리를 12권의 책으로 갈무리해 담을 작정이다. 한국인의 탄생에서 시작해 인공지능을 거쳐, 한국 문화까지 아우른다. 꼭지마다 각주를 달아 하이퍼텍스트처럼 12권 전체가 얽히는 구조다. 머리 수술을 받았고, 암을 선고받아 또 2차례 큰 수술이 있었지만 10년째 이 책에 매달리고 있다. 첫 책인 `너 어디에서 왔니`(파람북 펴냄)를 출간한 직후 18일 서울 평창동 한 레스토랑에서 만난 그는 "내가 몸이 아파서, 모든 것에서 물러나 살겠다고..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース