MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 14日 ソウル 21.4℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
冷えきった韓日関係だが...依然として熱いKポップ
記事入力 2020-04-23 17:00 | 記事修正 2020-04-27 15:43:55
セブンティーン(上)とMONSTA X(下)やIZ*ONEなど、Kポップグループが韓・日両国の関係悪化にもかかわらず、日本国内で良い実績を上げ続けている。 [写真提供=プレディス、スターシップエンターテイメント]

15日、ボーイズグループMONSTA Xが日本で発売した曲『Wish on the same sky(ウィッシュオンザセイムスカイ)』がオリコンやタワーレコードなどの現地チャートで1位を席巻した。「コロナ19」の拡散後、韓・日の両国関係が最悪に駆け上がった中で成し遂げた成果だ。MONSTA Xの新曲は発売直後、タワーレコードの「デイリーセールスチャート」も3日連続1位を記録し、音源サイトであるLINE MUSIC TOP 100のウィークリーチャートでもトップになった。

日本列島をKポップの熱風がコロナ19危機の中でも激しく吹いている。入国制限で現地コンサートにブレーキがかかった状況でも、Kポップ音源はまだ上位だ。コロナ19拡散後の韓日関係は悪化しているが、日本国内のKポップの展開はむしろ熱くなる雰囲気だ。大衆音楽評論家のチョン・ビョンウク氏は「政治に敏感な中国とは異なり、日本国内のKポップファン層は相対的に両国間のイシューに影響を受けないほうだ」と診断した。

Seventeen(セブンティーン)も日本で確かなファン層を構築したグループだ。Seventeenは1日、日本で2番目のシングル『舞い落ちる花びら (Fallin' Flower) 』を発売した。シングル公開初日に20万枚が売れ、日本国内の人気を誇示した。日本の販売量集計サイトであるオリコンでも「週間シングルランキング」と「週間 合算シングルランキング」で1位を獲得し、現地の週間チャート4冠王に上がることもした。

Kポップの確固とした人気の背景には、国内企業各社の現地化戦略がひそんでいる。大部分のKポップグループは、世界で2番目に大きい音楽市場である日本の攻略のために、日本語の曲とミュージックビデオを別途に公開したりする。MONSTA XやSeventeenだけでなく、日本の国民バンドの隊列に上った防弾少年団とTWICEもやはり日本の曲を発表して現地の攻略に成功した。 SMエンターテイメントのNCT DREAMも去る1月、日本初のミニアルバム『THE DREAM(ザ・ドリーム)』を発表し、日本攻略に始動をかけた。

韓・日合作グループのIZ*ONE(アイズワン)の日本人気も現在進行形だ。今年2月に第34回日本ゴールドディスク大賞で新人賞の「ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー」と「ニューアーティストベスト3」を受賞した。昨年2月に日本デビューシングル『好きだと言わせたい』が日本国内で旋風的な人気を集めたおかげだ。日本の会社ポノス(PONOS)はIZ*ONEをテーマにしたゲーム『SUPERSTAR IZ*ONE』を発表した。韓・日両国で発売される今回のゲームに、事前登録者のみで20万人が集まった。

東方神起と2PMなどの第2世代のアイドルたちも、相変わらず人気を誇っている。 JYPエンターテイメントの2PMは昨年3月に発売した『THE BEST OF 2PM in Japan』は公開されるやいなやオリコン日刊アルバムチャートの1位を記録したほどだ。

メンバーの一部が軍服務中で完全な活動が不可能な状況でも2PMの人気はまだ熱い。東方神起も昨年11月から今年1月まで、約14回の公演で総60万人の観客を動員した。日本国内コロナ19の状況が緩和したならば、Kポップアイドルのオフラインコンサートも再び活気を帯びる見通しだ。チョン評論家は「韓国の音楽が日本ではまだ競争力を持つだけに、韓流ブームにも再び火が付くだろう」とした。

[カン・ヨンウン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

냉각된 한일 관계에도…여전히 뜨거운 K팝

몬스타엑스, 오리콘차트 1위
세븐틴도 싱글공개 첫날 20만장
"K팝 팬덤 日서 정치영향 적어"


보이그룹 몬스타엑스가 15일 일본에서 발매한 곡 `위시 온 더 세임 스카이`가 오리콘·타워레코드 등 현지 차트 1위를 휩쓸었다. 코로나19 확산 이후 한일 양국관계가 최악으로 치달은 가운데 이뤄낸 성과다. 몬스타엑스 신곡은 발매 직후 타워레코드 `데일리 세일즈 차트`에서도 사흘 연속 1위를 기록했으며, 음원 사이트인 라인뮤직 `톱 100` 위클리 차트에서도 정상에 올랐다.일본 열도 K팝 열풍이 코로나19 위기 속에서도 거세게 불고 있다. 입국 제한으로 현지 콘서트엔 제동이 걸린 상황에서도 K팝 음원은 여전히 상위권이다. 코로나19 확산 이후 한일관계가 악화하고 있지만 일본..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース