MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 21日 ソウル 20.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「制球力」相変わらず...柳選手、開幕先発「異常無し」
記事入力 2020-07-14 17:29 | 記事修正 2020-07-16 15:12:19
一試合に100本前後のボールを投げるプロ野球の投手は、すべての投球に全力を尽くすことはできない。投手が投げるボールに打者が慣れてくる試合の中・後半に備えなければならず、長くても4~5日後の次の登板も念頭に置かなければならない。特によくケガをする投手は負傷と直結する体力配分が最優先順位だ。

米プロ野球メジャーリーグ(MLB)シーズンが短縮(チーム当たり60試合)されて、体力的負担が減ったのはすべてのプレーヤーに適用されるが、柳賢振選手(リュ・ヒョンジン、33歳、トロント・ブルージェイズ)には大変肯定的な環境だ。

先発投手が1シーズンに登板しなければならない試合は30試合前後から12試合まで大幅に削減されて、負傷の心配を小さくすることになったからだ。リュ選手は来る25日の開幕戦を備えた最初の試合で安定感を見せた。リュ選手は14日(韓国時間)、カナダオンタリオ州トロントロジャースセンターで開かれたチーム内の紅白戦に先発登板し、5イニング1失点(4被安打4奪三振)で好投した。練習試合にも四球を一つも出さず、昨シーズンの洗練された制球力(182.2イニング、9イニング当たり四球1.2個)をそのまま再現した。リュ・ヒョンジン選手は試合後、「開幕戦に合わせてイニングと投球数を増やしている」とし、「1回に長打を許したが、制球力によってゲームを解放しながら大丈夫になった」と説明した。リュ選手は2度のチームの練習試合を通じて、公式シーズンに投げるすべての球種をテストしている。

実際にリュ・ヒョンジン選手は昨シーズンは開幕以来、四ヶ月の平均防御率とイニング当たり四球許容率など、多くの指標で歴史を書きかえたが、8月の1ヶ月(防御率7.48)に体力的負担が加重されてサイヤング賞を逃した。シーズン全体を消化していた2013年と2014年も、3~5月に比べて7~8月に成績が落ちる。一方、今シーズンのリュ・ヒョンジン選手は最大で12~13試合に登板する見通しだ。比較しやすいシーズンでは15試合のみを登板した2018シーズンで、リュ選手の防御率は1.97だった。

[イ・ヨンゴン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`칼날 제구` 여전하네…류현진 개막선발 이상無

14일 팀 청백전 5이닝 1실점
25일 개막전 선발등판 중책

최대 12~13경기 등판 예정
시즌 단축으로 체력 부담 덜어


한 경기에 100개 안팎의 공을 던지는 프로야구 선발투수는 모든 투구에 전력을 다할 수 없다. 타자들이 투수가 던지는 공에 익숙해지는 경기 중·후반을 대비해야 하며 길게는 4~5일 뒤 있을 다음 등판도 염두에 둬야 한다. 특히 자주 다치는 투수들은 부상과 직결되는 체력 안배가 최우선 순위다.미국프로야구 메이저리그(MLB) 시즌이 단축(팀당 60경기)돼 체력적 부담이 줄어든 건 모든 선수에게 적용되지만 류현진(33·토론토 블루제이스)에게는 더없이 긍정적인 환경이다. 선발투수가 한 시즌 등판해야 할 경기가 30경기 안팎에서 12경기까지 대폭 줄어들면서 부상 걱정을 덜 하게 됐..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース