MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 25日 ソウル 9.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
タンパベイの崔選手、ワールドシリーズでホーム踏む...韓国人初
記事入力 2020-10-22 17:17 | 記事修正 2020-10-26 15:39:09

タンパベイ・レイズの崔志萬選手がこの21日(現地時間)、米テキサス州グローブライフフィールドで行われたLAドジャースとの米プロ野球(MLB)ワールドシリーズ第2戦で6回、相手投手のシンカーを精一杯引いて韓国人打者ワールドシリーズ初安打を作り出した。 [USATODAY=連合ニュース]

1994年4月に二十歳の朴賛浩(パク・チャンホ)選手が米国カリフォルニア州ドジャースタジアムで観客3万6000人の前に立って以来、米国プロ野球(MLB)を経験した韓国人選手は総21人だ。このうち打者は7人。打者の中で10年以上を主力選手として活躍した選手は秋信守(チュ・シンス)選手一人だけだ。しかしMLBに6000打席以上立って3割打率と4割出塁率、通算200本塁打を超えたチュ・シンスにもないものがある。まさに「ワールドシリーズ」だ。

崔志萬(チェ・ジマン、タンパベイ・レイズ)選手がやりとげた。チェ選手は22日(韓国時間)、米国テキサス州アーリントン グローブライフ・フィールド(Globe Life Field)で、LAドジャースと行った「2020 MLBワールドシリーズ」第2戦に4番打者1塁手として出場し、3打数1安打を打ってホームを2回も踏んだ。チェ選手の通算シーズン打席数は849打席で、チュ・シンス選手の7分の1だ。

タンパベイ・レイズがワールドシリーズに進出して、韓国人打者で初のワールドシリーズ進出記録を書いたチェ・ジマンはこの日、韓国人初のワールドシリーズで安打と最初の得点記録まで立てた。左投手に比較的弱いせいで第1戦(ドジャースの先発はクレイトン・カーショウ選手)のラインナップから除外されたチェ選手はこの日、「ポルテ野球(はっきりした先発ではなくブルペンから次々と選手を出す方式)」に乗り出したドジャースを相手にグラウンドをはね回った。出場機会を得たチェ・ジマンの覚悟は4回に見せた走塁で明らかになった。 1回は三振、4回にも1死走者一塁の状況で平凡な2塁ゴロを打ったチェ・ジマンは、併殺打を補うために1塁に全力疾走してチームの攻撃を続けさせた。結局、後続の2安打が炸裂して、チェ・ジマンはチームの薄氷のリードを広げる重要な役割を果たした。

韓国人打者初のワールドシリーズのヒットは、6回になって出た。ドジャースの速球救援投手ジョー・ケリー選手が投げた低いシンカーを引きつけて、右翼手前のヒットを叩き出した。その後も後続の打球のたびに全力疾走して3塁まで進塁したチェは、犠牲フライで自身の第二の得点を上げた。ヒットよりも得点がはるかに確率が低い記録という点で、チェ・ジマンが作った2得点の価値は非常に高い。

すべてのコリアンメジャーリーガーを通じてワールドシリーズを最初に経験した選手は、2001年にアリゾナ・ダイヤモンドバックスで仕上げ投手として活躍した金炳賢(キム・ビョンジン)選手だ。キム・ビョンジンは韓国人初のワールドシリーズ進出と優勝を同時に経験し、その後はボストン・レッドソックスでも優勝し、両リーグでチャンピオンリングをすべて受けた唯一の韓国人選手でもある。

デビュー後15年以上を選抜・ブルペンで活躍した朴賛浩(パク・チャンホ)選手はキャリア末期の2009年になって、ようやくフィラデルフィア・フィリーズ所属でニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズ3試合にブルペン投手として乗り出したことがある。それほどワールドシリーズ進出は実力に「運」という要素が加わってこそ経験できるわけだ。

実際にチェ・ジマンがこの日に立てた歴史的な記録も、運がなければ難しかった。主力としての座を与えられずにLAエンジェルス、ニューヨーク・ヤンキース、ミルウォーキー・ブルワーズなどを転々としていたチェは、2018年にタンパベイに移籍した。直前の4シーズンのあいだは5割の勝率に満たなかったタンパベイだったが、チェが来た年からリビルディングの結実が現れて90勝72敗、昨シーズンと今シーズンでそれぞれ地区2位と1位を記録し、ポストシーズンの常連客になった。

特にスーパースターもなくベテランと若手が調和をなす選手団は、自由奔放な性格で知られたチェ・ジマンに最適の環境だという評価も出ている。

この日の試合ではタンパベイがドジャースに6対4で勝利した。レギュラーシーズンのチーム内で最高の活躍を見せてくれたブランドン・ロウ選手は、ポストシーズンの不振を乗り越えてこの日は2本塁打(3打点)を放ち、タンパベイのケビン・キャッシュ監督の信頼に応えた。タンパベイは試合後半にドジャースに相次いでホームランを奪われて追われたが、ブルペン投手が失点を最小限に抑えてシリーズスコアを1対1に合わせた。

[イ・ヨンゴン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

최지만, 한국인 최초 월드시리즈 홈 밟았다

다저스-탬파베이 WS 2차전

4번타자 1루수 선발 출장
1안타 2득점으로 첫 기록
탬파베이 6대4 승리 견인

타격보다 더 빛난 주루플레이
병살타 막으려 전력질주 화제
고비 때 득점하며 점수 차 벌려


1994년 4월 스무 살의 박찬호가 미국 캘리포니아주 다저스타디움에서 관중 3만6000여 명 앞에 선 이후 미국프로야구(MLB)를 경험한 한국인 선수는 모두 21명이다. 이 중 타자는 7명. 타자 가운데 10년 이상을 주전으로 뛴 선수는 추신수 한 명뿐이다. 그러나 MLB에 6000타석 이상 들어서며 3할 타율, 4할 출루율, 통산 200홈런을 넘은 추신수에게도 없는 게 있다. 바로 월드시리즈 경험이다.최지만(탬파베이 레이스)이 해냈다. 최지만은 22일(한국시간) 미국 텍사스주 알링턴 글로브라이프필드에서 LA 다저스와 치른 2020 MLB 월드시리즈 2차전에 4번 타자 1루수로 출전해 3타수 1안타를..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース