MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 23日 ソウル 0.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子、「LEDスクリーン」で映画120年の歴史変える
記事入力 2017-07-14 16:37 | 記事修正 2017-07-20 17:11:11

13日、ソウル市松坡区のロッテシネマワールドタワー店で、ロッテシネマのチャ・ウォンチョン代表、ヤン・ウソク監督、サムスン電子映像ディスプレイ事業部のキム・ヒョンソク部長(左から)らが、サムスン電子の劇場専用「シネマLEDスクリーン」の前でポーズを取っている。 [ハン・ヂュヒョン記者]



「今日(13日)は、映画産業の新たな技術革新が始まる日だ。エジソンが映写機で映画の誕生を発表して123年ぶりだ」。

13日、サムスン電子はソウル市蚕室(チャムシル)のロッテシネマワールドタワー8階スーパーS上映館で「シネマ発光ダイオード(LED)」を公開した。映写機でスクリーンに像を結ぶ方式ではなく、LEDをスクリーンに細かく打ち込んで映像を見せる新しい方式だ。

サムスン電子映像ディスプレイ事業部のキム・ヒョンソク部長(社長)は、「ディスプレイ技術力をもとに、世界初の映写機を必要としないシネマLEDスクリーンを商用化した」とし、「サムスン電子が映画の歴史に重要な変化を起こした」と語った。

サムスン電子はロッテシネマをはじめ、世界中のマルチプレックス映画館にシネマLEDスクリーンを普及させる計画だ。 2020年までに世界のスクリーンの10%を占めるという積極的な目標も提示した。キム・ヒョンソク部長は「シネマLEDは画面の明るさやコントラストなど、映写機の限界を革新的に克服したスクリーン」だと付け加えた。サムスン電子は今年の3月、米国ラスベガスで世界初の劇場専用のLEDスクリーンをデモした。

これに先立って昨年末、ロッテシネマと協力して横10.3メートルと縦5.4メートルサイズの、映画に最適化した超高画質4K(4096×2160)解像度の常設LEDスクリーンを設置する案について議論を開始した。現在、映画館では高精細(HD)が平均だが、この映画では超高解像度(UHD)クラスの映画を見ることができる。このために去る5月、映写機を除いた映画装備としては初めて、デジタルシネマの標準規格であるDCI(Digital Cinema Initiatives)認証も獲得した。色表現力(DCI-P3基準)を認められ、次世代の核心映像技術(HDR High Dynamic Range)にも対応する。このスクリーンが設置された映画館の観客は、コントラスト比が大幅に改善された鮮やかな画質のHDRコンテンツを楽しむことができる。

この日のイベントに招待された映画『弁護人』のヤン・ウソク監督は、「直接光源を利用して映像を見ることは、映画界の革新的な変化になるだろう」と評価した。

サムスン電子はスクリーンだけでなく、サムスンが今年初めに買収した米ハーマン社と協業して立体的なサウンドシステムを採用した。上映館はハーマンJBLスピーカーが設置され、ハーマンサウンドの専門家が直接チューニング作業を行った。サムスン電子は今後、シネマLED用スピーカーをハーマンと開発する予定だ。

サムスン電子のシネマLEDは、従来の映写機方式では画面上に複数の焦点を実現することが難しい点を改善した。

映写機に使用されるレンズと光の広がり現象による映像の歪みを正し、より鮮やかな映像を送り出すことができる。既存の映写機のランプでは不可能な、映画業界で使う明るさの単位で最大146fL(フィートランバート/foot-lambert)の明るさで、暗い部屋のほかに明るい場所でも上映が可能だ。この映画館は従来の映写機方式よりも10倍以上の明るさのために、暗い部屋ではなく明るい環境でも上映することができる。映画はもちろん、企業のプレゼンテーションなどの多様なイベントにも活用することができる。

サムスン電子は、今回のプロジェクトのためにフォックスとユニバーサルスタジオなどの主要映画製作会社との共同研究を進め、今後はHDRコンテンツの拡大のためのコラボレーションを強化する。

この上映館では14日から『スパイダーマン:ホームカミング』とアニメ『カー3』が上映される。 8月までに運営されるイベント期間は、これまでの映画と同じ料金だ。ロッテシネマは、イベント終了後は他の上映館よりも2000ウォンほど高い料金で上映館を運営する計画だ。

[イ・ドンイン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성전자 "영사기 필요없어"…LED스크린, `120년 영화역사` 판 바꾼다

롯데 월드타워 시네마서 첫선…영사기보다 10배 이상 밝아 UHD급 영상 즐길 수 있어


"오늘(13일)은 영화 산업의 새로운 혁신이 시작되는 날이다. 에디슨이 영사기로 영화의 탄생을 알린 지 123년 만이다."13일 삼성전자가 서울 잠실 롯데시네마 월드타워 8층 슈퍼S 상영관에서 `시네마 발광다이오드(LED)`를 공개했다. 영사기로 은막에 상을 맺게 하는 방식이 아닌 LED를 스크린에 촘촘하게 박아 영상을 보여주는 새로운 방식이다. 김현석 삼성전자 영상디스플레이사업부장(사장)은 "디스플레이 기술력을 바탕으로 세계 최초로 영사기가 필요 없는 `시네마 LED` 스크린을 상용화했다"며 "삼성전자가 영화 역사에 중요한 변화를 일으킨 것"이라고 말했다. 삼성전자는 롯데시..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース