MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
5月 21日 ソウル 15.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
修身の美学...韓国単色画、日本を魅了する
記事入力 2018-03-11 17:09 | 記事修正 2018-03-15 16:15:26

去る10日、日本の東京・銀座にある東京画廊で開幕した1975年の「五人の作家 五つのヒンセク〈白〉」展で、(左から)単色の巨匠朴栖甫(パク・ソボ)先生、徐承元(ソ・スンウォン)先生、田畑幸人東京画廊代表、許榥(ホ・ファン)先生らがポーズを取っている。

■ 東京画廊「1975年5つのヒンセク」展リバイバル

去る10日、日本の東京銀座にある東京画廊で開幕した「5つのヒンセク - 韓国の5人の作家展」。白色の壁面では幽玄で多彩な白色の画が瞑想の世界へ導いた。過酷な修身の過程を経て、この作品を誕生させた単色の巨匠朴栖甫(パク・ソボ、87)、徐承元(ソ・スンウォン、77)、許榥(ホ・ファン、72)先生の瞳は遥かな歳月をたどった。

3人は1975年にこのギャラリーで、同じ展示を行った。 2014年、単色画が世に出る直前に目を閉じた故クォン・ヨンウ(1926~2013)、故イ・ドンヨプ(1946~2013)先生と一緒に。東京画廊の創業者である山本隆会長が企画したこの展示は、日本に初めて韓国の現代美術を紹介する場だった。

韓国民画と木器にほれこんだ山本会長は1972年に訪韓し、韓国画家たちの仕事部屋を訪問しながら、朝鮮白磁のような白色系の画像に没頭していた作家5人を抜擢した。当時、日本の作家である斎藤義重、高松次郎、美術評論家の中原祐介が同行した。日本に暮らして山本会長と交遊した抽象画の巨匠李禹煥先生(82)が展示タイトル「白」を定めた。幸いなことに、展示は日本の朝日新聞が「今年最も注目すべき展示トップ5」に選ぶほどにまで成功した。韓国の単色画を世界に知らしめた最初の展示としても記録された。

43年ぶりに復活展示を開く東京画廊で会ったパク・ソボ先生は、「真の久しぶり来たのでうれしいし懐かしいし、寂しいさもある。誰もが貧しくて、1975年にオープンした日には私は一人できた。今はイ・ドンヨプも死にクォン・ヨンウも死に…。そのときは私の年齢が44歳なので、通り過ぎる虎を大きな音を出してつかまえるような勢いだったが、今ではちょっとしたこともできなくて申しわけない」と所感を明らかにした。

ソ・スンウォン先生は展示場に設置された43年前の中原祐介の白色展関連の肉筆評論原稿を指して、「韓国単色画の命脈の開始であり、基礎となる展示だった」とし、「白は白衣民族の魂であり、恨、アイデンティティ」だと語った。

隣にいたホ・ファン先生も「白は韓国人のDNAだ。かさねるたびに全く違う感じが出てくる。完成した白を見ると、体がぶるぶる震えるほどの歓喜を呼ぶ」と説明した。 43年前、この展示で100号の絵2枚を10万円で売ったホ先生は、前受金の5万円で絵の具とキャンバスを買って帰国したが、釜山税関で差し押さえられという。ホ先生は「山本会長が飛行機のチケットをくれて、生まれて初めて海外に出てきた」とし、「帰国するときはお金を節約しようと船に乗って釜山に行ったが、絵の具にアヘンの成分が含まれているという理由で奪われて悲しくて泣いた」と回想した。

43年ぶりに再現された今回の展示も日本のコレクターと美術館、ギャラリー関係者が集まって盛況を成した。パク・ソボ先生の2016年の空気色の妙法がオープンする前に売れた。

亡くなった山本会長の息子の田畑幸人東京画廊代表は、「父が生きていたら今回の展示を喜んだでしょう。韓国を愛し、単色画が世界で認められるように努力した」とし、「父は韓国に行けば私の故郷に行く気持ちになると言っていた。日本の伝統的な絵画は中国の色彩が強いが、日本の伝統的な陶磁器は朝鮮の影響を受けた」と復活展示の意味を説明した。

今回の展示は43年前のスタイルの作品と最新作を並べ、作家の画風の変化を示している。パク・ソボ先生は1960~70年代のキャンバスに鉛筆で何千回も線を引いてその跡を残した鉛筆妙法に続き、1980年代から韓紙を活用したキャンバスに反復的な線をきざんでおり、2000年代からはカラフルな色使いで書き始めた。

1970年代の幾何学的抽象化に専念していたソ・スンウォン先生は、最近作では形態を壊して色彩の境界を崩した。今回の展示では1977年作『同時実行77-36』と、2017年作『同時実行17-329』を掛けた。現在、ソウルのアラリオギャラリーでソ先生の画業50年を照明する個展「挑戦と沈静の半世紀」(4月29日まで)が同時に開かれている。

展示場に掛かったホ・ファン先生の1974年作『可変意識74-3』は、1975年に山本会長が購入して所蔵していた作品だ。ホ・ファン先生は「あまり良い絵の具ではなかったけど、あまりにもきちんと保管しているのでびっくりした」とし、「旅館の隣の部屋で男女がセックスする音に腹が立って、投げた枕を描いたものだ」と語った。最近では石の粉と接着剤、顔料を固めた塊を白いキャンバスに貼り付ける作業を披露している。今回の展示では2010年作『意識の光』を打ち出した。

キャンバスに韓紙を引き裂いて張り付けた白色画家の故クォン・ヨンウ先生の作品は、1977年作『無題』、1982年作『無題』が掛かった。ガラスのカップと氷を描いた線に焦点を置いて拡大したイ・ドンヨプ先生の1974年作『状況』、1981年『間』も並んで壁を飾った。

今回の展示評論を書いたアートプラットフォームアジアのケイトリム代表は、「1975年-5つのヒンセクで出発して5つ以上に増幅し、単色論が成熟していくことができる基盤を提供した」と意味を付与した。

久しぶりに後輩たちと向き合ったパク・ソボ先生が「私は100歳になると、ここでもう一つ展示しよう」と提案してみましょうすべて笑って同意した。口腔癌で闘病していたホ・ファン先生は「まだ死なずに作業できるのが幸せだ」と語った。展示は4月28日まで。

[東京=チョン・ジヒョン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`修身의 미학`…한국 단색화, 日을 홀리다

박서보·서승원· 허황부터 고 권영우·이동엽 작품까지…단색화 세계에 처음 알린 전시, 43년만에 다시 한자리에
박서보 "반갑고 그리운 전시"…서승원 "흰색은 한민족의 얼"
다바타 도쿄화랑 대표 "부친 뜻 이어서 기쁘다"


■ 日 도쿄화랑 `1975년 다섯가지의 흰색` 展 리바이벌 지난 10일 일본 도쿄 긴자에 위치한 도쿄화랑에서 개막한 `다섯가지의 흰색(白)-한국 5인의 작가` 전시. 백색 벽면에선 오묘하고 다채로운 흰색 바탕 그림들이 명상의 세계로 이끌었다. 혹독한 수신(修身)의 과정을 통해 이 작품들을 탄생시킨 단색화 거장 박서보(87), 서승원(77), 허황(72) 선생의 눈동자는 아득한 세월을 더듬었다. 세 사람은 1975년 이 화랑에서 똑같은 전시를 열었다. 2014년 단색화가 뜨기 직전에 눈을 감은 고 권영우(1926~2013), 고 이동엽(1946~2013) 선생과 함께. 도쿄화랑 창업자인 야마모토 타카시 회장..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語