MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「最高学府に入ったものの…」ソウル大生の半分がうつ病
記事入力 2018-11-30 17:43 | 記事修正 2018-12-04 16:15:22
ソウル大学の在学生は、2人のうち1人の割合でうつ病を経験しているという衝撃的な研究結果が出た。名門大に通えば心配は少ないだろうという、世間の認識と対象的な結果だ。史上最悪の就職難や過熱した成績競争などで、青年たちの精神の健康が悪化の一途におかれ、赤色の警告灯が灯ったという懸念が提起される。

30日、毎日経済新聞がソウル大から入手した「ソウル大学学生福祉の現状と発展方案の最終報告書」によると、ソウル大学評議員会の研究チームはソウル大学生を対象に、6月18日から7月15日までに「不安および憂鬱の程度」に対するアンケート調査を実施した結果、回答者1760人のうちの818人(46.5%)がうつ病を持っていることが分かった。

研究チームは24の質問にわたって、ソウル大学在校生のうつ病と情緒不安の程度を多角的に診断した。その結果、回答者の29.4%は「軽度のうつ病」、15%は「中程度のうつ病」、2.1%は「重度のうつ病」に該当すると研究チームは分類した。また「カウンセリングを受けたいと思ったことがある」と回答した学生は、半数を超える51.7%と集計された。ソウル大の学生福祉の総合的なシステムを構築するための基礎資料を整える目的で行われた今回の研究は、大学生と大学院生や外国人あるいは障害学生など、福祉サービスについて利害関係の異なりうる細部集団を逃すことなく扱うように設計された。

ソウル大学の学生が校内心理相談センターを訪問する理由も目を引く。大学生と大学院生に共通する「情緒の問題」が心理相談センターを訪れる最も主な理由としてあげられた。その次は大学生は交友関係・進路問題が、大学院生は学業の問題・進路問題がそれぞれ続いた。

「名門大=高スペック」という社会的認識が広まったせいで、「名門大学生は比較的ストレスを受けないだろうし、将来に対する心配も少ないだろう」という通念に正面から対置される結果だ。ソウル所在の私立大学に在学中のチョン某さん(24)は、「ほかでもないソウル大の学生のメンタルヘルスがこれほど揺れていることを初めて知った」とし、「就職準備のスペックはもちろん、一流大学という誇りに加えて万事心配ないと思っていたのに驚いた」とし、意外だという反応を見せた。

実際にソウル大学のある大学院では、学生相談を担当しているA教授は「ソウル大の学生だから順調な人生を送れるという考えは大きな勘違い」だとし、「勉強ができる学生が集まっていることから、学業のストレスで自傷したり、自殺衝動を訴える学生を多く見た」と伝えた。

青年の精神衛生上の問題は、ソウル大に限られているのではない。大学生のうつ病の問題は最近になって、徐々に社会的議論の対象となっている。今年の上半期に梨花大学学生相談センターのオ・ヘヨン特任教授が発表した「大学生の心理的危機の実態」調査結果によると、調査に参加した全国の大学生2600人のうち43.2%がうつ病の症状を経験していると現れ、74.5%が不安症状に対する危険群または潜在的な危険群に分類された。学業・就業ストレスなどがますます深刻化し、韓国の大学生の心理的危機は深刻な水準にまで駆け上がっていると見られる。

韓国の未来の競争力である大学生が内的に崩壊している状況だが、政府は明確な対策なしに傍観する姿だ。

大学生の精神的健康管理は高等教育法にしたがって各大学の自律に委ねられているだけで、これを支援する政府の計画や予算は皆無だ。専門家らは大学生の精神的健康が悪化していることと関連し、現在の大学生が成長した社会的背景と雰囲気を主な原因としてあげた。

ソウル大のキム・ドンイル教育科教授は、「現在の大学生はIMF救済金融の時代に生まれ、家庭が傾く経験を持ったし、高校生のときにはセウォル号惨事も経験した世代」であり、「これに加えて就職難に起因する過熱競争の雰囲気まで加わり、未来と関連する感情的な不安が増幅されたもの」だと診断した。キム教授はまた、「初・中等学校はウィ(wee)クラスとウィセンター、ウィスクールにつながる体系的支援システムが整っている反面で、大学に対する支援システムはほとんどない状況」だとし「政府レベルの統合大学相談センター運営が必要であり、中央センター・拠点センター・個別大学のカウンセリングセンターという体系が構築されなければならない」と提案した。

[キム・ヒレ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[단독] "최고대학 들어왔지만…" 서울대생 절반 우울증세

서울대 학생복지 보고서 입수

24개 문항으로 정서불안 평가
47% 우울증 진단…2%는 심각

취업난·과열된 학점경쟁 등
스트레스 심각…관리 절실


서울대 재학생들이 2명 중 1명꼴로 우울증을 겪고 있다는 충격적인 연구 결과가 나왔다. 명문대에 다니면 걱정이 적을 것이라는 세간의 인식과 대비되는 결과다. 사상 최악의 취업난, 과열된 학점 경쟁 등으로 청년들 정신건강이 악화일로에 놓이면서 적색 경고등이 켜졌다는 우려가 제기된다.30일 매일경제가 서울대에서 입수한 `서울대학교 학생복지 현황 및 발전방안 최종보고서`에 따르면 서울대 평의원회 연구팀이 서울대 재학생들을 대상으로 지난 6월 18일부터 7월 15일까지 `불안 및 우울 정도`에 대해 설문을 실시한 결과 응답자 1760명 중 818명(46.5%)이 우울증을 갖고 있는..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語