MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 11日 ソウル 0.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「黒龍」入学&「金豚」出産...陽気なキッズ業界
記事入力 2018-12-03 17:30 | 記事修正 2018-12-05 16:28:03
2012年の「黒龍(壬辰)」年に生まれた児童が小学校に入学して、「黄金亥年」の新生児が生まれる2019年、新年を控えてキッズ・乳幼児業界が久しぶりに活気を帯びている。

2012年「壬辰」年は、良い気運でいっぱいだという「黒龍年」として知られて結婚と出産が増えたが、その時に生まれた子供たちが来年に小学校への入学を控えており、教科書を入れるカバンなどの関連用品の販売が好調を見せ始めたうえに、「黄金亥年」である来年は出産ブームも期待するに値するからだ。

2012年に生まれた新生児は48万4550人で、ここ5年来では最も多くの人員が来年3月に小学校に入学することになる。最近の5年間(2014~2018年)に小学校に入学した児童が生まれた年の新生児数は、2007年49万6822人、2008年46万5892人、2009年44万4849人、2010年47万171人、2011年年は47万1265人だ。

2007年は「黄金亥年」で出産が少し増加した。久しぶりに小学校入学児童が48万人台に増えて、企業は「エイトポケット(Eight-Pocket)」に代表される売上げの増加に注目している。「エイトポケット」は、出生率がますます低くなり、一人の子供のために親と両家の祖父母、叔父、叔母などが財布を開くという意味で作られた造語だ。

背負いカバンは祖父母が孫に渡す、代表的な小学校入学祝いにあげられる。

サムスン物産ファッション部門のビーンポールキッズ(BEANPOLE KIDS)のカバン販売数は、前年同期比(11月第4週あたり)で2倍に増えた。毎年完売したチェックパターンのカバンがよく売れて、今年初めて出荷した軽量カバンも反応がいい。ビーンポールキッズは今年、重量を10%以上も削減して価格は20%下げた軽量カバン「ライトカジュアルバックパック」を発売した。この他にも、背骨のカーブを考慮した人体工学的設計、夜間歩行時の安全性を考慮した反射材による装飾などで差別化を図ったさまざまな製品を出している。価格は7万9000ウォンから14万8000ウォンまでだ。

ビーンポールキッズのユン・ソンホ チーム長は、「ビーンポールキッズの新学期カバンは、先月に発売するやいなや前年同期比で2倍以上も高い販売率を示し、今後の推移にも期待は大きい」と説明した。ビーンポールキッズはこのような雰囲気を続けるために、カバン4種セット(カバン・履物入れ・携帯電話用袋・上履き)を購入すると、15%の割引を適用するプロモーションを来年1月末までに進行する。衣類部門でのプロモーションも検討している。

LFの「ヘジスキッズ(HAZZYS KIDS)」と子供服専門企業パステルセサンの「ダクスキッズ(DAKS KIDS)」も、同じ期間のかばんの販売は前年同期から20%ほど増えた。ヘジスとダクスも毎年入学時のお祝いとして人気が高い。ヘジスキッズとダクスキッズは今年、高級児童用かばんの需要が増える現象を反映して、生産量を昨年よりも30%増やした。価格は14万8000ウォンから16万9000ウォンまでだ。

国内1位の電子商取引企業であるeBayコリアも「カバン大戦」に合流した。eBayコリアも独自にカバン商品を売り出した。オンラインショッピングが増える傾向に合わせ、商品を戦略的に企画した。 eBayコリアは履物入れとカバンで構成されたカバンセット4種を、Gマーケットとオークションで単独で販売する。

eBayコリアのユ・ホヂン担当は、「eBayコリアはニューバランスキッズとビーンポールスポーツに続き、ブランドと共同企画した第3の事例」だとし、「商品性と価格などにおいて、差別化された製品を提供していたい」と述べた。

乳幼児業界も来年の出産率を注視している。業界では、2007年の出産ブームが再び現れることを期待して待っている雰囲気だ。乳幼児業界の関係者は、「2007年に出産が急激に増え、産婦人科と産後調理院はもちろん、乳幼児用品にまですべてに活気を帯びた」とし、「このような情緒は国内・中国市場にまで影響を与える要因なので、来年の市場を事前に分析して備えた企業には有利な機会が多いだろう」と説明した。

[イ・ユンヂェ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`흑룡` 입학 `황금돼지` 출산…들뜬 키즈업계

출산율 반짝 상승 2012년생
48만여명 내년 초등학교 입학
11월 책가방 판매량 2배 늘어
황금돼지해 출산 증가 기대도


2012년 `흑룡띠` 아동이 초등학교에 입학하고, `황금돼지띠` 신생아가 태어나는 2019년 새해를 앞두고 키즈·영유아 업계가 모처럼 활기를 띠고 있다.2012년 임진년은 좋은 기운이 가득하다는 `흑룡해`로 알려지면서 결혼과 출산이 늘었는데 그때 태어난 아동들이 내년 초등학교에 입학을 앞두고 있어 책가방 등 관련 용품 판매가 호조를 보이기 시작한 데다 `황금돼지해`인 내년 출산 붐도 기대해 볼 만하기 때문이다.2012년 태어난 신생아는 총 48만4550명으로, 최근 5년래 가장 많은 인원이 내년 3월 초등학교에 입학하게 된다. 최근 5년간(2014~2018년) 초등학교에 입학한 아동들이 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語