MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 17日 ソウル 8.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
洪陵に4800億投資...「バイオバレー」育成
記事入力 2019-10-08 17:57 | 記事修正 2019-10-11 15:42:46
一時は明成皇后の陵(墓)だったが今は森として残った洪陵は、ソウル市東大門の清涼と回基洞(フェギドン)一帯に広がっている。ソウルのど真ん中に位置しているが、周辺地域はスラム化した後進地域として残っている。ソウル市のパク・ウォンスン市長は今年の初めに「ソウルをグローバルトップ5の創業都市として創る」とし、2022年までにバイオ産業研究開発(R&D)クラスタを中心とした地域開発を宣言したがこれまで成果がなかった。事業を現実化する「弾(資金)」がなかったからだ。これからは変わる見込みだ。国費と民間投資など総4800億ウォン以上の大規模な投資を行う政府の、都市再生ニューディール事業地に選定されたからだ。

政府は8日、李洛淵(イ・ナギョン)国務総理の主宰で第19回都市再生特別委員会を開き、「2019年下半期都市再生ニューディール事業選定案」を議決した。今年の上半期に22ヶ所を選定したことに続き、全国で76ヶ所を選んだ。

76ヶ所に投資される総事業費の規模は総5兆9000億ウォンだ。自治体別では京畿道が10ヶ所で最も多く、続いて慶南の8ヶ所だ。ソウルと江原道は各7ヶ所が選定され、忠南6ヶ所、忠北・全北・慶北が各5ヶ所ずつだ。相対的に需要の低い世宗市と済州島は、それぞれ2ヶ所と1が選ばれた。都市再生ニューディール事業地は事業の種類や面積に応じて、ウリトンネ活性化(5万㎡以下)、住居地支援型(5万~10万㎡)、一般近隣型(10万?15万㎡)、中心市街地型(20万㎡)、経済基盤型(50万㎡)など5つのタイプに分けられる。

この中で最も目を引く事業問地は、ソウル市東大門区フェギドンと里洞(イドン)一帯の洪陵バイオクラスターだ。ソウル市で最初に実施する経済基盤型都市再生ニューディール事業で、事業費だけで4859億ウォンに達する。国費625億ウォンと自治体事業3104億ウォン、SH事業1130億ウォンなどだ。

事業費の規模から従来とは異なる。これまでソウル市で選ばれたニューディール候補地の中で最も規模が大きかった事業は、禿山洞(トクサンドン)牛市場再生プロジェクト(事業費490億ウォン)だった。洪陵バイオクラスターは昨年もニューディール候補地として挑戦したが、住宅価格を刺激することがありうるいう理由で除外された。

この事業は49万7000平方メートルの面積にバイオ・医療のR&D拠点を造成し、周辺の大学・研究機関・企業・病院と連携するバイオクラスター造成プロジェクトだ。ソウル市と国土部はここにソウルバイオハブと尖端医療機器開発センター、洪陵バイオヘルスセンター、R&D支援センターなどを置く予定だ。研究人材の安定した住宅のために「地域戦略産業支援住宅」も造成される。

政府は今回76ヶ所の事業を選定し、15ヶ所を「中心市街地型」と「経済基盤型」に選んだ。昨年は99ヶ所のうちで20ヶ所が中大型開発事業だったが、その割合を大きく増やしたわけだ。公共機関の参加も大きく高まり、韓国土地住宅公社(LH)とSHソウル住宅街工事や仁川市工事などの9つの公共機関が提案した16件の事業が選ばれた。

これらは衰退した産業機能を回復して雇用を創出し、都市競争力を回復するところに力点を振っている。実際に、今回は衰退した地方都市の都心に新しい産業を育成し、雇用創出効果を狙うことを目標とした事業が多く選ばれた。造船の修理・建造事業の中心でありながら困難を経験している釜山影島区太平洞一帯を船舶改造・再製造産業に転換する「近代造船産業1番地、デピョンドン海洋産業技術革新基地に切り替え」が代表的だ。

産業危機対応特別地域に指定された巨済市古縣洞(コヒョンドン)一帯に共存協力商店街とスタートアップインキュベータ空間を供給する「新・古縣を結んで再飛躍」も同様だ。

[ソン・ドンウ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

낙후한 홍릉에 4800억 투자…`바이오밸리` 키운다

도시재생 뉴딜 76곳 선정
서울선 동대문·도봉등 7곳

2022년까지 R&D 거점 조성
아파트값 자극 우려에도 불구
도시경쟁력 위한 과감한 투자

조선불황 부산·거제도 뽑혀
신산업·일자리 창출 등 지원


한때 명성왕후의 능(무덤)이었고 지금은 숲길로 남은 홍릉은 서울 동대문 청량리와 회기동 일대에 걸쳐 있다. 서울 한복판에 자리 잡고 있지만 주변 지역은 슬럼화된 낙후지역으로 남아 있다. 박원순 서울시장이 올해 초 "서울을 글로벌 톱5 창업도시로 만들겠다"며 2022년까지 바이오산업 연구개발(R&D) 클러스터를 중심으로 한 지역 개발을 선언했지만 그동안 성과가 없었다. 사업을 현실화할 `총알(자금)`이 없었기 때문이다.이제부터는 달라질 전망이다. 국비와 민간투자 등 총 4800억원 이상의 대규모 투자를 쏟아붓는 정부의 도시재생 뉴딜사업지로 선정됐기 때문이다.정부는 8일 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語