MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
6月 18日 ソウル 20.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「ブルーボトル」韓国進出...コーヒー文化を変えるか
記事入力 2019-01-07 17:15 | 記事修正 2019-01-09 16:20:06
米国のコーヒーブランド「ブルーボトル」は、今の年第2四半期の聖水洞1号店を皮切りに国内進出を宣言したことから、ハンドドリップコーヒー文化が流行するかに関心が集まっている。これまで国内コーヒー専門店市場は20年間エスプレッソ中心に成長してきたからだ。

2002年に米国カリフォルニア州で始まったブルーボトルコーヒーは、焙煎後48時間以内の高級スペシャリティコーヒー豆を使用し、ハンドドリップでコーヒーをいれることがこれまでのコーヒーショップとの最大の差別点だ。エスプレッソコーヒーも一部の店舗で販売しているが、ブルーボトルを代表するメニューはハンドドリップコーヒーだ。

一方、国内のコーヒー市場は1999年に韓国に進出したスターバックスを筆頭に、20年のあいだエスプレッソマシンでいれたコーヒーを意味するエスプレッソが掌握している。エスプレッソをもとにアメリカーノやカフェラテなど、さまざまコーヒーを作って販売する方式だ。これまでもテラ・ローザ、チョングァンスコーヒーなどのハンドドリップを打ち出すコーヒー専門店が存在したが、商業性が劣って大きく拡散しなかった。ハンドドリップはエスプレッソのようにすばやくコーヒーをいれることができないため、主にゆったりとコーヒーを楽しむマニアのためのニッチ市場だった。

しかしブルーボトルが進出して人気をひきあげたならば、ハンドドリップコーヒー市場が拡大する可能性があるという見込みがコーヒー業界で出ている。エスプレッソが普遍化する前は、コーヒーマシンでいれるドリップコーヒーやインスタントコーヒーが主に消費されたように、ハンドドリップコーヒーも普遍化することがありうるというものだ。最近では5つのハンドドリップコーヒーを同時にいれることのできるコーヒーロボットが登場するなど、技術的な部分で発展が行われている。

既存のコーヒー会社もドリップコーヒーを販売する店を少しずつ増やしている。海外での市場が大きくなった事例があるだけに、国内でも試験的にこれを拡大しているわけだ。スターバックスは全1250店舗のうち6.7%にあたる84店舗をリザーブ店として運営しながら、ハンドドリップなどのエスプレッソ以外の方法でいれるコーヒーを販売している。ハリスコーヒーは542店舗のうち66店舗でハンドドリップコーヒーを販売する。エンジェリナスは720店舗のうち10店舗でハンドドリップを飲むことができる。 SPCグループのスペシャルティコーヒーブレンドのコーヒーアットワークスは、12の全店舗で飲むことができる。ツーサムプレイス、イディヤコーヒーなども一部の店舗でハンドドリップコーヒーを販売している。ブルーボトルが進出するとこれらの店の数がさらに増える可能性が高い。

キム・ミヨンArtesanos LAB(アーチサンスラボ)代表は「ブルーボトルの進出でハンドドリップコーヒー市場が大きくなる可能性は高いが、エスプレッソのように完全に市場を掌握するkとはないだろう」とし、「コーヒー市場全体の多様性が拡大すると見ることができる」と説明した。

しかしブルーボトルがハンドドリップコーヒーの流行をもたらすことはできても、これは「コーヒーの中の台風」で終わる可能性が高いという説明もある。

コーヒー業界のある関係者は、「韓国の消費者がコーヒーショップで飲むメニューの50%以上は、もっとも基本であるアメリカーノ」だとし、「ハンドドリップコーヒーはエスプレッソマシンほどには早くできない」と言う。ブルーボトルもけっきょくエスプレッソコーヒーを売るしかないだろうということだ。一方、ブルーボトル1号店はトゥクソム駅1番出口近くにオープンする。他にも江南などの主要商圏に店舗をオープンする計画だ。

[イ・ドクチュ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

블루보틀 한국 진출에 드립커피 시장 커지나

2분기 뚝섬에 1호점 오픈


미국 커피 브랜드 블루보틀이 올해 2분기 성수동 1호점을 시작으로 국내 진출을 선언하면서 핸드드립 커피 문화가 유행할지에 관심이 쏠린다. 그동안 국내 커피전문점 시장은 20년간 에스프레소 중심으로 성장해 왔기 때문이다. 2002년 미국 캘리포니아에서 시작한 블루보틀 커피는 로스팅 후 48시간 이내인 고급 스페셜티 커피를 원두로 사용하고, 핸드드립으로 커피를 내린다는 것이 기존 커피전문점들과 가장 큰 차별점이다. 에스프레소 커피도 일부 매장에서 팔고 있으나 블루보틀을 대표하는 메뉴는 핸드드립 커피다. 반면 국내 커피 시장은 1999년 한국에 진출한 스타벅스를 필두로..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語