MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
8月 17日 ソウル 27.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「芸能人A」のパク・ユチョン氏、記者会見で立場表明
記事入力 2019-04-10 18:18 | 記事修正 2019-04-12 16:07:08
歌手兼俳優のパク・ユチョン氏。写真:カン・ヨングク記者

歌手兼俳優のパク・ユチョン氏は記者会見を自ら要望した理由を明らかにした。

パク・ユチョン氏は10日午後6時、ソウル市中区のプレスセンターで記者会見を開いて、「ファン・ハナの芸能人Aさん」とみなされていることと関連し、立場を明らかにした。

この日、パク・ユチョン氏は「この席に来るまで多くの考えや悩みがあった。非常に大変な時間だった。しかし勇気を出して決心したのは、私のすべてを直接正直に申し上げることが正しいと思ったから」だと口を開いた。引き続き彼は「私はうつ病の治療を受けていた。この間に長時間の捜査を受けて法的には嫌疑なしが決定したが、社会的叱責と道徳的罪悪感、羞恥心で痛みをともなう時間を過ごした。自粛して反省すれば再起できるという考えを持ったとおもえば、死んでしまいたいという思いに捕われもした」と、たいへんだった時間を回想した。

また「私は決して薬物を使わなかった。報道を通じてファン・ハナが薬物捜査で芸能人をあげており、薬物を勧めたという誤解を受けることがあるという考えにおびえた。私は薬物を使わなかったのに、薬物を使う者になるのかと思ったりした。しかし私は決して薬物を使っていないので、捜査機関で調査を受けても私が直接説明するべきだと思った」と、記者会見を自ら要望した理由を明らかにした。

先立って去る4日、麻薬投薬の疑いで逮捕されたファン・ハナ氏は警察の調査で「2015年に初めてヒロポンを投薬し、その後3年間は投薬しなかったが、昨年末から最近まで芸能人の知人Aの勧めで再び使った」とし、「ヒロポンをやめたかったが、Aの強要で続けた」と主張した。

このことから、ファン・ハナがあげた「芸能人Aさん」に対する気がかりが集中し、一部では元ボーイフレンドであり婚約者であったパク・ユチョン氏が「芸能人Aさん」ではないかという推測が出ていた。パク・ユチョン氏の所属事務所であるC-JeSエンターテイメントの関係者はこの日、記者会見に先立ってファン・ハナ氏が言及した「芸能人Aさん」はパク・ユチョン氏であることを明らかにした。

[毎日経済スタートゥデイ/イ・ダギョム記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

박유천 “사회적 질타에 ‘죽어버리고 싶다’ 생각도, 마약 결코 안 했다”


[매일경제 스타투데이 이다겸 기자]가수 겸 배우 박유천이 기자회견을 자청한 이유를 밝혔다.박유천은 10일 오후 6시 서울 중구 프레스센터에서 기자회견을 열고, ‘황하나 연예인 A씨’로 지목되고 있는 것과 관련 입장을 밝혔다. 이날 박유천은 "이 자리에 오기까지 많은 생각과 고민이 있었다. 무척 힘든 시간이었다. 하지만 용기를 내서 결심한 것은, 제가 모든 것을 직접 솔직히 말씀드리는 것이 맞다고 생각했기 때문"이라고 입을 열었다. 이어 그는 "저는 우울증 치료를 받고 있었다. 한동안 긴 수사를 받았고, 법적으로 무혐의가 결정되었으나 사회적 질타와 도덕적 죄책감, 수치..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語