MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
6月 03日 ソウル 18.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
現代自、個人飛行体公開...「2028年に商用化」
記事入力 2020-01-07 17:53 | 記事修正 2020-01-09 15:40:20
◆ CES 2020 ◆

6日(現地時間)、米国ラスベガスで開催された「現代自動車メディアイベント」で鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車首席副会長(左)が人間中心の躍動的な未来都市を実現するためのモビリティビジョンを発表した。 [写真提供=現代自動車]

現代自動車はグローバルな車両共有企業であるウーバーと手を握り、空を飛ぶ「パーソナル飛行体(PAV)」の開発に着手した。スマートモビリティソリューション企業に転換しようとする現代自動車グループの構想を現実化する第一歩だ。

鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車グループ主席副会長は6日(現地時間)、米国ラスベガスで開催される「CES 2020」で人間中心の未来モビリティのビジョンを発表し、ウーバーとのコラボレーションで製作したPAVコンセプト「S-A1」を初めて公開した。

「S-A1」は電気推進方式で、都心で垂直離着陸できる5人乗りのエコ飛行体だ。安全性を最優先の価値にしつつ静音設計などの特徴を備え、2023年ごろにプロトタイプとして出てくる予定だ。これらの個人飛行体と各種モビリティサービスを組み合わせることで、空を新しい移動通路として活用する「都心航空モビリティ(Urban Air Mobility/UAM)」ソリューションが作られる。

チョン首席副会長は「都心航空モビリティは2028年ごろ、国内と海外で商用化されるだろう」と展望した。さらに地上で人を移動させる「目的基盤モビリティ(Purpose Built Vehicle/PBV)」と乗り換え拠点であるハブ(Hub)までを接続すると、現代自動車が目指す未来都市モビリティの生態系が完成する。

チョン首席副会長は「(現代自動車は)スマートモビリティソリューション企業に転換し、より多くの革新的な製品やサービスを披露する」とし、「ウーバーを含めて業界の各リーダーとコラボして、オープンイノベーションを通じてさまざまなパートナーシップを締結するつもり」だと強調した。

ウーバー・エレベートのエリック・アリソン総括は、「現代自動車の製造能力とウーバーの技術プラットフォームが力を合わせれば、都心の航空ネットワーク構築のための大きな飛躍を達成できるだろう」と自信を見せた。

[ラスベガス=カン・ゲマン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

개인용비행체 공개한 정의선 "2028년 상용화"

CES서 현대차 비전 발표
우버 손잡고 2023년 시제품


◆ CES 2020 ◆ 현대자동차가 글로벌 차량공유 업체인 우버와 손을 잡고 하늘을 나는 `개인용 비행체(PAV)` 개발에 착수했다. 스마트모빌리티 솔루션 기업으로 전환하려는 현대차그룹 구상을 현실화하는 첫걸음이다.정의선 현대차그룹 수석부회장은 6일(현지시간) 미국 라스베이거스에서 열리는 `CES 2020`에서 인간 중심 미래 모빌리티 비전을 발표하면서 우버와 협업으로 제작한 PAV 콘셉트 `S-A1`을 처음 공개했다. S-A1은 전기 추진 방식으로 도심에서 수직 이착륙할 수 있는 5인승 친환경 비행체다. 안전성을 최우선 가치로 하고 저소음 설계 등 특징을 갖춰 2023년께 시제품으로 나..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース