MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 15日 ソウル 11.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
LGイノテック、特許分析にAI活用...5万件を4時間で
記事入力 2021-04-06 17:11 | 記事修正 2021-04-08 15:43:50
LGイノテック(LG Innotek/代表チョン・チョルドン社長)は人工知能(AI)を活用した特許分析で未来技術の先取りに速度を出す。

LGイノテックは6日、AIを活用して数万件の特許ビッグデータを短時間で分析できる特許情報システムを構築したと明らかにした。

特許情報システムは全世界の特許情報を収集分析し、企業が新製品・新技術開発の方向を立てるために活用されている。特に新製品や新技術と類似の特許はないか、他の特許を侵害しているかなど、研究成果の知的財産の保護とリスク管理の目的で使用されてきた。

LGイノテックが開発した特許情報システムはAI技術を適用し、特許活用のこれまでのパラダイムを変えた。開発後い特許を創出していた従来の方式から脱して、特許分析を通じた研究開発(R&D)戦略の樹立が可能になったというのが会社の説明だ。

LGイノテックのAI特許情報システムは、人に比べて900倍の業務処理速度を誇る。特許情報をいちいち人が検討して技術を分類し、技術別に特許文書を一つずつ読みながら応用分野や解決策などの重要な情報を選び出したことをAIで自動化されたおかげだ。同社の関係者は、「例えば特許情報5万件を分析するには5人が1日8時間ずつ計100日間の業務を行う必要があるが、AIはわずか4時間あまりで分析を終えて報告まで提供する」と語った。

LGイノテックはLG AI研究と開発したAIの文章認識モデルをシステムの構築に適用した。

AI文章認識モデルは、特許文書のテキストとコンテキストをリアルタイムで自動的に分析し、特許の応用分野、課題と方策などの重要な情報を迅速に抽出できる。 AIが技術データの分類基準を継続して学習し、数万件の特許情報を細部技術の単位で自動的に分類することもできるようになる。

LGイノテックはAI特許情報システムの開発にしたがって、人の力では不可能Daった業務が可能になると期待している。

LGイノテックはAI特許情報システムを製品・技術の開発、中・長期の研究開発戦略の策定などに積極的に活用する方針だ。特にシステムの利便性を向上させ、文脈解析機能を高度化し、研究開発だけでなくマーケティングや商品企画と人事などに活用分野を広げていく計画だ。

カン・ミンソクLGイノテック最高技術責任者(CTO、副社長)は、「特許情報は未産業と市場の流れを示す先行指標として、今後は特許ビッグデータを活用する企業が主導権を握るだろう」とし、「AIとビッグデータを活用した戦略的なR&Dで、製品・技術の差別化に乗り出す」と語った。

[ノ・ヒョン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

AI로 특허 5만건 4시간만에 분석…LG이노텍, 미래기술 선점 나선다

AI 접목 특허정보 시스템 구축
신사업진출·R&D 전략에 활용


LG이노텍(대표 정철동 사장)이 인공지능(AI)을 활용한 특허 분석으로 미래 기술 선점에 속도를 낸다. LG이노텍은 AI를 활용해 수만 건의 특허 빅데이터를 단시간에 분석할 수 있는 특허정보 시스템을 구축했다고 6일 밝혔다. 특허정보 시스템은 전 세계 특허정보를 수집 분석해 기업이 신제품·신기술 개발 방향을 세우는 데 활용되고 있다. 특히 신제품 및 신기술과 유사 특허는 없는지, 다른 특허를 침해하는지 등 연구 결과물의 지식재산 보호와 리스크 관리를 위한 용도로 사용돼 왔다. LG이노텍이 개발한 특허정보 시스템은 AI 기술을 적용해 특허 활용의 기존 패러다임을 바꿨다. ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース