MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
3月 29日 ソウル 6.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
5大グループ「スマート工場」に死活かけた
記事入力 2017-02-14 17:22 | 記事修正 2017-02-15 16:14:13

사진설명
ハンファS&Cが独自に開発したスマート工場プラットフォームが年内に採用される予定のハンファテックウィン昌原エンジン新工場。 [写真提供=ハンファテックウィン]
사진설명 끝

第4次産業革命のトレンドが加速するなかで、今年はサムスン・現代自動車・LG・SK・ハンファなどの5大グループがいっせいにスマート工場事業に参入している。

製造業の競争力が限界に直面し、生産の効率性を引き上げるきっかけが見つけられなかった場合、グローバル市場で淘汰されるという切迫感がこの背景にある。

財界によると14日、ハンファグループはスマート工場の核心技術である工業用モノのインターネット(IoT)プラットフォームを独自開発し、今年中に尖端航空機エンジン工場に適用する。現代自動車グループは系列会社の現代ウィアを通じてシーメンスと手を握り、来年に京畿道安山市に試験用スマート工場を建てることにした。 LG(LG CNS)は年内に国内製薬会社に最初のスマート工場プラットフォームを構築し、SK(SK(株)、C&C)は台湾のホンハイグループと手を取って中国・重慶のモニター工場に関連するプラットフォームを投入する。

財界の関係者は、「グローバル企業は最近3~4年の間にスマート工場を実戦適用し、価格対性能比の良い生産構造に体質を変えた」とし、「中国がスマート崛起を掲げて恐ろしく追撃しはじめ、韓国がスマート工場のナットクラッカーになるかもしれないという懸念が高まっている」と雰囲気を伝えた。

◆ ハンファ・現代ウィアの独自技術の育成

今年の5大グループのスマート工場事業を分析すると、△積極的な研究開発(R&D)で、独自の生産性を向上させる戦略と、△グループ内で検証されたスマート工場ソリューションを他の企業に販売(オープンマーケット)する戦略に分けて見ることができる。

前者の代表的事例がハンファグループだ。ハンファの関係者は「情報技術(IT)関連会社のハンファS&CがIoTプラットフォームを開発し、今年中にハンファテックウィンの航空エンジン工場に適用する」とし、「ハンファテックウィンをグループのスマート工場の教科書として作った後に、太陽光・化学などの他の製造系列会社に拡大する方針だ」と語った。

ハンファは個々の設備に先端のセンサーを付けて、機械の状態をリアルタイムで伝送するシステムを採用し、故障の兆候を事前に検出するという絵を描いている。最終的には製品の生産に投入された時間・不良率などの工程資料をビッグデータとして分析し、今後は生産を最適化するために、いまはどの工程を踏まなければならかどうかを工場が自ら判断する段階まで発展することになる。

現代ウィアはグローバルリーダーであるシーメンスを友軍に引き込んで、2018年に京畿道安山市の半月・始華団地に試験用スマート工場を建てる。現代ウィアはこの工場を産業用IoT、バーチャルリアリティの融合システム(CPS)などの、先端技術をテストするためのテストボードとして活用する計画だ。

◆ サムスンとLGは外部販売のツートラック戦略

サムスン・LG・SKなど、すでに内部でかなりのレベルのスマート工場の「実績」を積んだ企業は、このパッケージを他の企業に販売する事業に乗り出した。最近、サムスンSDSはIoTセンサーを通じて植物の状態をリアルタイムで診断するパッケージ(ネックスプラント)の販売に乗り出した。これまで電子系列会社で使用したソリューションを外部に公開したものだ。

SK(株)C&CもSKハイニックス・SKイノベーション・SKC工場で使用したスマートファクトリーソリューション(スカラー)を市場に出した。工場の状況をサイバースペースでプレビュー確認し、故障を予測するためのプラットフォームだ。スカラは現在、フンハイグループの中国プリンタの生産ラインで試験のさいちゅうだが、これを実戦モニターの生産ラインに拡大適用する案が推進されている。

LG CNSは年内、国内屈指のA製薬会社の工場にIoTソリューションを構築する。国内の製薬会社にスマート工場のプラットフォームが設置されるのは今回が初めてだ。 LG CNSは最近、食材の自動分類システム(SMS)などの農産物流通工場に特化したスマート工場ソリューションも出荷して、ニッチ市場の攻略に乗り出した。

◆ 国内のスマート工場基盤の微弱

各大企業が今年を基点にスマート工場に領土を拡大しているのは、逆説的に国内基盤がそれだけ小さいからだ。

この日の韓国科学技術企画評価院(KISTEP)によると、米国を100とした時に韓国のスマート工場相手の技術レベルは70.5(人工知能部門の基準)に過ぎない。重要な製造業の競争力がほぼ同じ欧州連合(EU・86.8点)、日本(81.9点)に比べても劣るだ。

財界関係者は「国内でも徐々にスマート工場導入の需要が増えているが、現状ではGEやシーメンスなどのグローバル企業に相当部分の市場を差し出すしかないようだ」とし、「大企業が中心になって国産ソリューションを販売し、この市場を先取りするという布石だ」と語った。

[キム・ヂョンファン記者]





[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

"멈칫했다간 도태"…5대그룹 `스마트공장`에 사활걸었다

`4차 산업혁명` 제조업 경쟁력 위기감에
삼성·현대차·LG·SK·한화 일제히 속도
`스마트굴기` 중국 추격…절박함 더해져


4차 산업혁명 트렌드가 가속화하는 가운데 올해 삼성·현대차·LG·SK·한화 등 5대 그룹이 일제히 스마트공장 사업에 뛰어들고 있다.제조업 경쟁력이 한계에 봉착하면서 생산 효율성을 끌어올릴 단초를 찾지 못하면 글로벌 시장에서 도태될 것이라는 절박함이 배경에 자리 잡고 있다.14일 재계에 따르면 한화그룹은 스마트공장 핵심 기술인 산업용 사물인터넷(IoT) 플랫폼을 자체 개발해 올해 안에 첨단 항공기 엔진공장에 적용한다. 현대차그룹은 계열사 현대위아를 통해 지멘스와 손잡고 내년 경기 안산에 시범 스마트공장을 세우기로 했다. LG(LG CNS)는 연내 국내 제약업체에 첫 스..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース