MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 24日 ソウル 20.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
ロッテ対新世界...複合ショッピングモール対決
記事入力 2017-02-14 17:47 | 記事修正 2017-02-15 16:15:32

国内流通業界の「二大山脈」のロッテと新世界が、複合ショッピングモールをめぐって激しい自尊心競争を繰り広げている。

デパートや大型マート事業が停滞し、ロッテと新世界は次世代の成長動力として複合ショッピングモール事業を拡大している。このような戦略の中心には「ロッテワールドタワーモール」と「スターフィールド河南(ハナム)」が位置している。特にロッテワールドタワーモールとスターフィールドハナムは、直線距離で約11キロメートルの距離にある。江南地域を中心にソウルの東南圏や京畿道の東部圏など、ターゲット顧客層が重なって両社は真剣勝負を繰り広げるしかない。

まずロッテワールドタワーモールとスターフィールドハナムは、他のショッピングチャンネルとは次元の異なる集客力を示している。新世界グループは14日、スターフィールドハナムの訪問顧客数が1000万人(1月26日時点)を突破したと明らかにした。イム・ヨンロク新世界プロパティ代表は、「昨年9月にオープンして以来、140日めで1000万人を突破したのは当初の予測よりも3週間以上前倒しした記録」だと強調した。

ロッテワールドタワーモールも負けていない。 2014年にオープンして以来、137日めで訪問客1000万人を突破した。ロッテ側はワールドタワーが公式にオープンすると、一か月の訪問者は500万人に達すると予想している。

延べ床面積で見ると、ロッテワールドタワーモールが上回っている。ロッテワールドタワーモールの延べ床面積は80万5872平方メートルで、これにワールドタワーモールの向かいにあるロッテワールドアドベンチャーとロッテデパートなどまで含めると、延べ床面積は124万5057平方メートルに増える。とは言え、土地面積だけで見ると8万7183平方メートルのロッテワールドタワーモールよりも、スターフィールドハナム(11万8000平方メートル)がより広い。

コンテンツでも両社は、それぞれのショッピングモールに火力を大挙集中させた。ショッピングのほか、観光スポットやアトラクションを大挙配置して、訪問客が一日中滞在できる空間として飾られたわけだ。ロッテワールドタワーモールの最大の特徴の一つは、多様なショッピング施設だ。エルメスやシャネル、ルイ・ヴィトンなどの世界3大ブランドをはじめ、合計1000社に達するブランドが入店しており、ワンストップショッピングが可能だ。また海外の観光客を誘引できる免税店施設も備えている。展望台と水族館、コンサートホールにロッテワールドアドベンチャー、シャルロッテシアターなど、さまざまなコンテンツも訪問客を終日ロッテワールドタワーモールに留める。

スターフィールドハナムの最大の利点は、創造性に満ちたコンテンツで定評がある。鄭溶鎮(チョン・ヨンヂン)新世界副会長は、構想段階からスターフィールドハナムのアイデンティティをショッピングテーマパークとした。デパートとトレイダーズ、ショッピングモールなどの販売施設だけでなく、アクアフィールドやスポーツモンスターのように楽しむことができるエンターテイメント施設、コメストリートメントやイトピアなどの食べて楽しむことができる施設に念を入れた理由だ。

アクセシビリティの面ではロッテワールドタワーモールが一枚上手だ。ソウル市の蚕室地域の中核商圏に位置していることから、地域の地下鉄やバスなどの公共交通機関を利用して簡単に訪れることができる。ただし駐車料金が比較的高いのは欠点としてあげられる。アクセシビリティはスターフィールドハナムの欠点だ。オープン期間中に一日平均20万人が訪れて、交通渋滞が起きて周辺住民や訪問客にも不便をもたらした。江南・蚕室・南楊州などの広域バス路線を新設し、さらなるルート増設のために自治体と協議中だ。

流通業界では、ロッテワールドタワーモールとスターフィールドハナムを「似たようで異なる兄弟」と評価する。2つの複合ショッピングモールは、まずはショッピング施設に基盤しているという点で類似する点を持っている。しかし異なる側面もある。

スターフィールドハナムは、売上げよりも訪問客が長く滞在できるテーマパークを目指す。新世界側が売上げを公開していない理由でもある。一方、ロッテワールドタワーモールはホテルからショッピングモールまで、すべてを合わせた垂直都市を標榜している。

流通業界の関係者は、「ロッテワールドタワーモールとスターフィールドハナムは、いまやロッテと新世界の看板になっただけに、両社のプライド競争は熾烈な状況」だとし、「2つのモールの成功の可否は、今後の韓国流通産業の未来を示す鏡となるだろう」と語った。

[ソン・イルソン記者/キム・ユテ記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

`쇼핑마니아 천국` 롯데…`신나는 엔터`는 신세계

"내가 대세" 천만명씩 몰린 복합쇼핑몰 전쟁


국내 유통업계 양대산맥인 롯데와 신세계가 복합쇼핑몰을 놓고 치열한 자존심 경쟁을 펼치고 있다.백화점과 대형마트 사업이 정체되면서 롯데와 신세계는 차세대 성장동력으로 복합쇼핑몰 사업을 확대하고 있다. 이 같은 전략의 중심에 롯데월드타워몰과 스타필드 하남이 자리 잡고 있다. 특히 롯데월드타워몰과 스타필드 하남은 직선거리로 약 11㎞ 거리에 있다. 강남 지역을 중심으로 서울 동남권, 경기 동부권 등 타깃 고객층이 겹쳐 양사가 진검 승부를 펼칠 수밖에 없다.우선 롯데월드타워몰과 스타필드 하남은 다른 쇼핑 채널과는 차원이 다른 집객 능력을 보여주고 있다. 신세계그..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース