MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
4月 23日 ソウル 19.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
「博士の洪水」時代... 10人中4人「失業」
記事入力 2017-02-16 17:59 | 記事修正 2017-02-20 16:48:37
◆ 博士の洪水時代 ◆

最近、ソウル市内のある名門私立大学の卒業式で会ったキム某氏(40)。家族の祝う中で文学博士号を受けたが、表情はそれほど明るくなかった。現在、首都圏の大学で非常勤講師として働く彼の給料は150万ウォン台だ。昨年の4人家族の最低生計費(175万ウォン)にも満たない。これさえも1学期に3科目の講義をすべて引き受けた時の話だ。給料だけでは実質的に生計維持は不可能なわけだ。

キム氏は「修士から始めて博士学位を取得するまで、大学を卒業した後の10年間に、授業料以外につぎ込んだ金だけでも1億ウォンをかるくこえる」とし、「親の助けなどで苦労して学位をえたけれど、齢をとっているうえに人文科学の博士は雇うところもあまりないし、大企業への就職は事実上放棄した」と打ち明けた。

この日、大学の卒業式で博士号を授かった人は40人に達するが、ほとんど金氏とべつだん事情は変わらない。この学校の総長も卒業式の祝辞で激しい就職難に言及し、「既成世代として重い荷物を押し付けるようだ」と申しわけない気持ちを伝えた。

大学を卒業しても適当な仕事がなく、「なんとなく」学校にとどまって博士号を取る学生が増えている。しかし実際に博士号を取ってみても、以前のように良い仕事や大学教授の席を見つけられない、いわゆる「博士の洪水時代」が深刻な状況だ。

16日、毎日経済新聞が教育統計サービスの博士号取得者の現状を分析した結果、昨年の国内博士号取得者は1万3882人と博士号志願者は4万2292人で、すべてこれまでで最大を記録した。博士号取得者は2012年の1万2243人から4年間で13%増加した。昨年、学位取得者のうち他の職業がなく、学業だけを継続する学業専念者も半分に達した。

「博士の洪水現象」が起きている最も大きな要因は就職難だ。博士課程が一種の社会避難所の役割を果たしている。多くの時間と費用をかけて博士号を取得しても、現実は冷酷なだけだ。韓国職業能力開発院によると、昨年の博士号取得のアンケート回答者(7938人)のうち、学業専念者の雇用率は61%にとどまった。約40%は就職ができないわけだ。特に人文・社会分野の博士号取得者が体験する困難はさらに大きい。年齢が高い場合は博士号所持者を希望する席がそれほど多くなく、企業就職はさらに難しい。

ほとんどが仕方なく時間講師職を選ぶが、劣悪な処遇に喘ぐ。

2015年の立法調査処の資料によると、全国の4年制大学の非常勤講師の平均年収は811万ウォン台にとどまっている。博士号をとるときにほとんど30代後半の年齢にさしかかるので、結婚をして子供も育てる時に体感する生活の重さはさらに大きくなる。

韓国職業能力開発院のユ・ハング動向分析センターセンター長は、「慢性的に博士供給が需要を超えるミスマッチを手直ししなければならない時になった」とし、「中長期的には第4次産業革命にふさわしい高級人材を養成できるように、博士課程の教育の質も革新しなければならない」と語った。

[カン・ボンヂン記者]







[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[단독] 박사 홍수시대 10명중 4명 `백수`

극심한 취업난에 도피처로 선택 많아
힘들게 채용돼도 연봉 800만원 강사


◆ 푸대접 받는 박사 ◆ 최근 서울시내 한 명문 사립대 졸업식에서 만난 김 모씨(40). 가족의 축하 속에 문학박사학위를 받았지만 표정은 그리 밝지 않았다. 현재 수도권의 한 대학에서 시간강사로 일하는 그의 월급은 150만원 선. 지난해 4인 가족 최저생계비(175만원)에도 못 미친다. 그나마 학기당 3과목 강의를 모두 맡았을 때 얘기다. 월급만으론 사실상 생계 유지가 불가능한 셈이다.김씨는 "석사부터 시작해 박사학위를 딸 때까지 대학 졸업 후 10년 동안 등록금 이외에 들인 돈만 1억원을 훌쩍 넘는다"며 "부모 도움 등으로 어렵게 학위는 받았지만 나이가 많은 데다 인문학 박사..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース