MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 24日 ソウル 20.7℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
ソウル市に市庁広場100倍ぶんの商業地を追加指定
記事入力 2017-05-15 17:53 | 記事修正 2017-05-16 16:07:23

水踰洞(スユドン)・清岩洞(チョンアムドン)・面牧洞(ミョンモクトン)などの東北圏と、江西区(カンソグ)の禾谷洞(ファゴクトン)などの西南圏を中心に、ソウル市の商業地がさらに134万平方メートル指定される。新規指定商業地の87%は、ソウルでは比較的開発の遅れた「非江南圏」に集中した。商業地を広げ、立ち遅れた地域を活性化することによって均衡発展を図るという目的だ。

ソウル市は15日、「ソウル市生活圏計画」で53ヶ所の地区中心地を追加し、これらの地区中心地に総134万平方メートルに達する商業地域を許可すると発表した。

ソウル市は今回の生活圏計画のために追加指定の可能な商業地を最大192平方メートルまで設定したが、このうち30%にあたる58万平方メートルは、今後の状況にしたがって指定できるように留保地として残しておいた。追加指定された134万平方メートルは現在、ソウル市全体の商業地面積である2527万平方メートルの5.3%で、「ソウル広場」100面ぶんの規模に達する。

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長はこの日の記者会見で、「商業地域の拡大は均衡発展のための核心手段」だと強調した。

新たに選定された53の地区中心地の70%に達する37ヶ所は、蘆原区(ノウォング)と道峰区(トボング)や江北区(カンブック)などのひろがる東北圏(17カ所)と、矜川区(クムチョング)と江西区(カンソグ)などのある西南圏(20カ所)に配置された。西北圏はは6カ所、東南圏は9カ所が割り当てられて、都心圏には1ヶ所が生まれるにとどまった。これらの地区中心地には、不動産投機などを誘発することがあって市が許可しなかった商業地域も大幅に組み込まれる見通しだ。ソウル市は東北圏の59万平方メートルと西南圏の40万平方メートル、西北圏の18万平方メートルと東南圏に17万平方メートルの商業地を追加で許可すると発表した。全体の配分量の87.3%が都心や江南ではなく周辺地域だ。

商業地は容積率を800%まで受け入れることができ、高密・圧縮の開発が可能となり、収益性が良い。特にソウル市は今回商業地に選んだ場所に住居・商業施設の複合ビルを建てる場合、これまでは70%までだった住宅の割合を80%にまで拡大することができるように規制を緩和して、事業者の収益性も良くなる見通しだ。地域中心として指定された場所では、階層数も複合用途として建てるならば50階まであげることができる。

今回のソウル市の生活圏計画は、文在寅(ムン・ヂェイン)政府の「都市再生ニューディール」とも相乗効果を出せるという評価が出ている。住居地は政府の都市再生事業を通じて活力を高める一方で、商業地の高層開発が可能な地域を拡大することによって「両輪」の形でソウル市の立ち遅れた地域の活性化を推進できるからだ。

ソウル市は今回の生活圏計画でソウルを116の区域に分け、(町に該当する)「洞」単位で3~5つを合わせた小規模地域ごとに、地域に合わせた都市計画も樹立した。地域ごとの状況に合わせて再開発や公共賃貸などを選択し、地域に合わせた都市再生を推進するためだ。ムン・ジェイン政府の都市再生と軌を一にする。

ソウル市は地区中心の指定と商業地の拡大のために18日、専門家・市民の公聴会を皮切りに、自治区ごとに説明会を開いて意見をさらに聴取する予定だ。以後、市議会の意見聴取(6月)、国土交通部などの関係機関との協議(7月)、都市計画委員会の審議(8月)などを経て、10月に最終案が確定される。最終案が出てきたら区庁ごとに地主を対象に商業地変更申請を受け付け、ソウル市に申請する審議手続きを通じて用途変更が行われる手順を踏む。

[パク・イネ記者/キム・ガンレ記者]





[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

서울 낙후지역 53곳 상업지 늘린다

동북·서남권 중심 134만㎡…文대통령은 주거지 재생 공약
朴시장은 상업지역 확대로 개발소외지역 쌍끌이 활성화


◆ 서울시 상업지 추가 지정 ◆ 수유·종암·면목동 등 동북권과 강서·화곡동 등 서남권을 중심으로 서울시의 상업지가 134만㎡ 추가로 지정된다. 신규 지정 상업지의 87%는 서울에서 상대적으로 개발이 뒤처졌던 비강남권에 집중됐다. 상업지를 넓혀줘 낙후지역을 활성화함으로써 균형발전을 꾀하겠다는 목적이다.서울시는 15일 `서울시 생활권계획`에 53개의 지구중심지를 추가하고, 이들 지구중심에 총 134만㎡에 달하는 상업지역을 허용한다고 밝혔다. 서울시는 이번 생활권 계획을 위해 추가 지정이 가능한 상업지를 최대 192만㎡까지 설정했으나 이 중 30%인 58만㎡는 추후 여건에..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース