MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 22日 ソウル 26.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子、「AI冷蔵庫」を200万ウォン台で出荷
記事入力 2017-07-12 17:19 | 記事修正 2017-07-19 17:21:11

サムスン電子はまだ初期段階にある人工知能(AI)冷蔵庫の大衆化を宣言した。 1000万ウォンを上回る高級冷蔵庫にのみが装備していた音声認識基盤の「ファミリーハブ」を、300万ウォン台の普及品にも拡大して適用することにした。ファミリーハブは音声コマンドでインターネット検索からショッピングやスケジュールなどを確認できる、サムスン電子の次世代スマート冷蔵庫の核心機能だ。

サムスン電子は12日、消費者の選好度が高い普及型冷蔵庫の「T9000」と「F9000」に、ファミリーハブ機能を搭載した新製品をこの日から販売すると発表した。

T9000モデルはドアが4つで、冷蔵室を上にして冷凍庫は下に配置した製品だ。 F9000は左側に冷凍庫を右に冷蔵室を配置した製品で、ドアは2つだ。

これまでサムスン電子は高級製品である「シェフコレクション」にのみファミリーハブ機能を搭載した。価格も冷蔵庫一台が1059万ウォンに達する。しかし今回ラインナップを拡大し、プレミアム製品と比較すると価格は3分の1水準である普及型冷蔵庫製品にもファミリーハブ機能を搭載した。

サムスン電子はこの日、新たに発売した「F9000」の出庫価格を269万ウォン(容量800リットル)に設定した。 「T9000」は2種類のメタルカラーで発売されたが、339万ウォン(841リットル)と329万ウォン(842リットル)に策定した。消費者が最も多く購入する製品群にファミリーハブ機能を追加することにより、モノのインターネット(IoT)とAI機能を搭載した冷蔵庫はいよいよ普及するきっかけを整えるものと見られる。これまでは1000万ウォンを上回る製品にのみこのような機能を搭載した競合他社の戦略にも変化が予想される。

サムスン電子生活家電事業部のク・ソンギ常務は「今回、ファミリーハブ機能を搭載したF9000とT9000の新製品を導入することで、消費者の選択の幅を大きく広げた」とし、「より多くの消費者が、ファミリーハブで差別化されたキッチン文化を体験できるだろう」と語った。

ファミリーハブ機能が搭載された冷蔵庫はインターネット検索やショッピングはもちろん、実時間放送の視聴から映画鑑賞、地上波ラジオの聴取も可能だ。今月には材料別・テーマ別の簡単なレシピを検索する「イバクチャ」アプリが追加で搭載され、8月には「サムスンペイ」が導入されて「イーマートモール」アプリで即時決済も可能となる。

これらに加えて、昨年から提供していた機能も少し発展させた。食材の保管から注文までを一貫して体系的に管理する「フードマネジメント」、家族の日常を共有する「ファミリー通信」、キッチンで音楽・映像などを楽しむ「エンターテイメント」機能を消費者がより便利に使用できるようにした。

昨年、サムスン電子はファミリーハブ冷蔵庫を初めて出荷して、これまでの冷蔵庫市場を大きく揺り動かした。冷蔵庫のドアにディスプレイをうめこんで新しいトレンドを作ったが、今年は高級製品には当然のごとくディスプレイは必須になったほどだ。

冷蔵庫の概念そのものも変えた。単に冷蔵庫にディスプレイをはり付けたというレベルを超えて、家の中のハブにした。他の家電機器と連動させて、家族の写真や予定表を共有するメモ機能などを使用して、日常生活でもハブの役割を果たすようにした。

これに加えてサムスン電子は今年、AI基盤の音声認識機能を追加した。あえてディスプレイにタッチしなくても、音声コマンドでさまざまな操作を可能にしたわけだ。サムスン電子の関係者は「今後、ビクスビー(Bixby)AI機能が発展すれば、すばやく多様なサービスを提供することができるだろう」と説明した。インターネットに接続し、さまざまな機能を広げていくIoT製品として、かなりのレベルに仕上がっているというのが内部評価だ。

[ソン・ソンフン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성전자, 200만원대 AI냉장고 내놨다

1000만원대만 탑재했던 음성인식 `패밀리허브` 기능 일반 냉장고에도 확대
가격 3분의 1로 대중화 선언…내달 삼성페이도 적용


삼성전자가 아직은 초기 단계인 인공지능(AI) 냉장고의 대중화를 선언했다. 1000만원을 웃도는 프리미엄 냉장고에만 장착했던 음성인식 기반의 `패밀리허브`를 300만원대 대중적 제품에도 확대 적용하기로 했기 때문이다. 패밀리허브는 음성명령으로 인터넷 검색부터 쇼핑, 일정 등을 확인할 수 있는 삼성전자 차세대 스마트 냉장고의 핵심 기능이다.삼성전자는 12일 소비자 선호도가 높은 대중적 냉장고 모델인 `T9000`과 `F9000`에 패밀리허브 기능을 탑재한 신제품을 이날부터 판매한다고 밝혔다. T9000 모델은 문이 4개로, 냉장실을 위에 두고 냉동실은 아래에 마련한 제품이다. F90..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース