MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 17日 ソウル -6.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
文大統領、トランプ大統領に「原潜導入などに関心と支援」要請
記事入力 2017-08-07 17:55 | 記事修正 2017-08-08 16:30:06

◆ 韓・米両国首脳、56分間通話 ◆

文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は7日、ドナルド・トランプ米大統領と電話通話を行って、「韓半島の平和を守るためには韓米連合防衛態勢を強化させつつ、われわれの防御力も向上させるための措置をとる必要がある」として、弾道ミサイルの弾頭重量の増大と核推進潜水艦の導入などに対する関心と支援を要請した。ムン大統領が就任後、核推進潜水艦の必要性について直接言及したのは今回が初めてだ。これに対してトランプ大統領は「積極的に協力する」との立場を表明した。

ムン大統領はまた、「北韓が大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の挑発直後、残りのサード発射装置4基の追加配備をすぐに指示して協議を開始したが、これに反対する国民と現地住民の意見があり、中国での強力な経済報復措置の憂慮もある」としながら「発射装置4基の追加配備の問題を、早い時期に協議するように努力する」と語った。

ムン大統領は五日間の夏休暇から復帰直後のこの日、トランプ大統領との56分間の電話外交を通じて「韓・米両国の緊密な連携と国際社会の協力のもと、北韓に対する最大の圧力と制裁を加え、核・ミサイル計画を放棄するようにしなければならない」という対北政策の方向で共感した。ムン大統領とトランプ大統領の通話は、就任直後の5月10日に続いて2回めだ。

ムン大統領は「韓・米両国が力の優位に基盤した強力な圧迫と制裁を通じて、究極的に核廃棄のための交渉の場に北韓を引き出すために共同で努力する一方、北韓が核を放棄する正しい選択をするときに対話の門が開いていることを示す必要がある」と述べた。

特にムン大統領は「韓半島で再び戦争の惨状が起こることは容認できない」とし、「北韓の核問題を韓・米間の緊密な共調を土台に、外交方法で解決していかなければならない」と強調した。これは北韓の先制打撃論に対する反対の立場を明確にしたものと解釈される。

韓・米の首脳は、8月末に予定された韓米連合訓練を前後して北韓の挑発可能性があると見て、堅固な連合防衛態勢を基盤に、追加の挑発を抑止するための協力を継続することにした。ムン大統領はこの日、安倍晋三首相とも通話した後、制裁と圧迫を通じて北韓の変化を引き出すことで意をひとつにした。

[カン・ゲマン記者/オ・スヒョン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

文, 트럼프에 "미사일 개정·핵잠도입 도와달라"

"강력한 압박·제재로 북핵폐기" 굳건한 연합방위로 北도발 저지


◆ 文, 韓·美정상 통화 / 韓美정상 56분간 통화 ◆ 문재인 대통령이 7일 도널드 트럼프 미국 대통령과 전화 통화하면서 "한반도 평화를 지키려면 한미 연합방위태세를 강화시키면서 우리 방어력도 향상하기 위한 조치를 취할 필요가 있다"며 탄도미사일 탄두 중량 증대와 핵추진잠수함 도입 등에 대한 관심과 지원을 당부했다. 문 대통령이 취임 후 핵잠수함의 필요성에 대해 직접 언급한 것은 이번이 처음이다. 이에 대해 트럼프 대통령은 "적극 협력하겠다"는 입장을 표명했다. 문 대통령은 또 "북한이 대륙간탄도미사일(ICBM)급 도발 직후 사드 잔여 발사대 4기 추가 배치를 곧바로 지..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース