MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 18日 ソウル 15.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子、営業利益「夢の15兆」超えるか
記事入力 2017-10-10 17:43 | 記事修正 2017-10-12 16:09:35
サムスン電子が月に5兆ウォンを稼ぐ、世界で唯一の製造業会社に挑戦する。 来る13日の第3四半期(今年7~9月)の業績発表を通じてだ。半導体とスマートフォンの販売好調により、今年の第3四半期にサムスン電子は15兆ウォンという歴代最大の四半期営業利益を記録するかどうかに関心が傾く。これによって株価も大幅に上がり、史上最高値の記録をもう一度書き換える態勢だ。

10日、エフアンドガイドによると、サムスン電子の今年第3四半期の営業利益は14兆1125億ウォンと推定される。この数字は国内証券会社の予想平均だ。証券各社は最近、サムスン電子の第3四半期の業績発表を控え、営業利益予想を上方修正する傾向にある。半導体の価格高騰が続いていることから、ユヂン投資証券とキウム証券は第3四半期営業利益の推定値を15兆ウォンにまで高めた。

この日ユヂン投資証券によると、今年第3四半期のサムスン電子半導体部門の推定営業利益は10兆5000億ウォンに達する。これは昨年の第3四半期(3兆4000億ウォン)の3倍を超える。

世界的に景気が回復しているうえに、大容量半導体の製造時間が長くなって供給が需要に追いつかず、半導体の好況が続いているという分析だ。

特に最近では中国の半導体需要が急増し、価格の上昇をあおっている。今月、DRAM(LP DDR4・32ギガバイト製品基準)の平均価格は昨年の下半期よりも61%上昇した37ドル台だ。業界の関係者は「最近、中国のスマートフォンメーカーがDRAMを青田買いするために、相場より15%も高い価格で今年4四半期に契約を締結した」とし、「最近は大容量DRAMの需要が増えている一方で、製造に時間がかかるためにDRAMはそれこそ言い値」だと語った。

半導体の強力な力とともに、スマートフォンの販売増加もサムスン電子の「歴代級」営業利益を可能にしている。サムスン電子のスマートフォン部門は第3四半期にやや苦戦すると予想された。新作スマートフォン「ギャラクシーノート8」の発売初期のマーケティング費用が第3四半期に集中投入されるうえに、競争製品アップルの「iPhone X」が対抗配置と予想された。しかし部品の問題でiPhone Xの発売が延期されたことで、ギャラクシーノート8の販売が急増している。

先月7日から14日までギャラクシーノート8の事前販売量は85万台で、前作であるギャラクシーノート7(40万台)の倍を超えた。ギャラクシーノートシリーズの中で最高の事前販売量だ。

これによって、サムスン電子のスマートフォン販売を担当しているIM(IT・モバイル)事業部の第3四半期の営業利益は3兆1000億ウォンと推定される。昨年の第3四半期は1000億ウォン台に過ぎなかった利益を考慮すれば、1年間で30倍以上に急増するわけだ。昨年の第3四半期はギャラクシーノート7のバッテリーの爆発事故でIM事業部の利益は急減した。

ユアンタ証券のイ・ヂェユン研究員は「ギャラクシーノート8の発売効果が予想よりも優れており、サムスン電子の第3四半期IM事業部の営業利益は3兆ウォンを超えるだろう」とにらんだ。

問題はディスプレイ事業部だ。証券業界ではディスプレイ事業部は、第3四半期の営業利益1兆ウォンを守ることは難しいという意見が優勢だ。ディスプレイ事業部が1兆ウォン前後でどれくらい善戦するかによって、営業利益15兆ウォン達成が分かれる可能性が提起されている。

昨年の第3四半期、サムスン電子ディスプレイ事業部は1兆ウォンを稼いだ。一部ではiPhone Xの発売遅延は、サムスン電子IM事業部では「得」になったが、ディスプレイ事業部には「毒」になったという意見を掲げる。ディスプレイ事業部はiPhone Xに有機発光ダイオード(OLED)パネルを供給している。ユヂン投資証券のイ・スンウ研究員は「パネル供給を予想して工場を稼動するなど、コストは増加したが期待していた収益は出ていないだろう」と説明した。

ただしディスプレイ事業部は、今年の第4四半期から本格的に正常化する見通しだ。 iPhone Xの供給遅れが解消し、世界最高の技術力を備えたOLED関連の収益が急増する見通しだ。このことから、来年は事業部の年間営業利益はIM事業部と同様のレベルに立ち上がると予想される。今年のディスプレイ事業部の年間営業利益は6兆ウォンで、IM事業部(12兆ウォン)の半分レベルと推定される。IBK投資証券のキム・ウノ研究員は、「ディスプレイ事業部の営業利益は、第4四半期には2兆ウォン台に回復するだろう」と推定した。

テレビや冷蔵庫を販売している生活家電(CE)部門は、昨年の第3四半期に7700億ウォンの営業利益を上げたが、今年の第3四半期は4100億ウォンに縮小する見通しだ。

サムスン電子はこのような非主力事業は削減し、金になる事業は増やす戦略をとっている。

半導体好況と構造調整の効果で、サムスン電子の10日の株価は前日よりも3%上昇した264万ウォンを記録した。この日、外国人は789億ウォンを純買いし、サムスン電子の新高値に火をつけた。この株の史上最高額は先月25日に記録した268万1000ウォンだ。

[ムン・イロ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성전자 영업익 `꿈의 15조` 넘어설까

D램 호황 지속, 값 15% 뛰어…반도체 하나로 10.5조 벌듯
`갤노트8 대박` 스마트폰 호조…아이폰 출시지연 악재 만난 디스플레이 영업익이 관건
`갤노트8 대박` 스마트폰 호조…아이폰 출시지연 악재 만난 디스플레이 영업익이 관건


■ 13일 3분기 실적 발표 삼성전자가 한 달에 5조원을 버는 세계 유일의 제조업 회사에 도전한다. 오는 13일 3분기(올해 7~9월) 실적 발표를 통해서다. 반도체와 스마트폰 판매 호조에 힘입어 올 3분기 삼성전자가 15조원이라는 역대 최대 분기 영업이익을 기록할지 관심이 쏠린다. 이에 따라 주가도 큰 폭 오르며 사상 최고가 기록을 다시 한 번 갈아치울 태세다.10일 에프앤가이드에 따르면 삼성전자의 올 3분기 영업이익은 14조1125억원으로 추정된다. 이 수치는 국내 증권사들의 예상치 평균값이다. 최근 증권사들은 삼성전자의 3분기 실적 발표를 앞두고 이 업체에 대한 영업이익 예..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース