MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 19日 ソウル -4.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
KAI、17兆訓練機...受注のカギは「原価どこまで下げるか」
記事入力 2017-11-10 13:26 | 記事修正 2017-11-14 15:56:14
韓国航空宇宙産業(KAI)の金照源(キム・ヂョウォン)社長は10日、米国空軍の次世代高等訓練機(APT)事業の受注条件について「原価をどこまで下げるかがカギだ」と明らかにした。

キム・ヂョウォン社長はこの日午前、ソウル市大方洞の空軍会館で記者懇談会を開き、「APT事業は最終的にKAIのパートナーであるロッキード・マーチンとボーイング間の競争」だとし、「入札でわずか1%がわれわれが高く書いても負ける問題なので、すごいポーカーゲームだと思う」と語った。

KAIはロッキード・マーチンと手を握り、国産の高等訓練機T-50Aを改造してAPT受注戦に飛び込んだ。ボーイングはサーブ(SAAB)とコンソーシアムを構成した。2巴戦の様相だ。結果は早ければ年末、遅くとも来年の上半期中に出てくる見込みだ。米空軍は老朽訓練機350機を、17兆ウォンの予算を投入して交替させるという計画だ。

キム社長は「入札に直接参加するロッキード・マーチンは、パートナーであるKAIに継続して価格を削ろうという話をするなど、提案価格を下げるためにKAIを延々と圧迫している」と語る。

キム社長は「われわれの戦略は、一次的にはロッキード・マーチンが提案価格を低く書いて出し、入札で勝利するように助ける役割だが、われわれがどのようにコスト削減を行うか内部で検討中」だと説明した。キム社長は「昨日も一晩中コスト見直しをしたが、損害をかかえながらではできないと考えた」とし、「ボーイングが大きなダンピングをすると予測されるが、われわれはコスト削減に最善を尽くすだけであり、低価受注まで行くのかはロッキード・マーチンが判断すること」だと付け加えた。

キム社長は米国のほかに、年末・年初に高等訓練機輸出の可視的な成果が出てくるだろうという見通しも明らかにした。キム社長は「輸出の相談が本格的に行われているところはアルゼンチン、ボツワナ、ペルー、インドネシア、フィリピン、エクアドルなどの7カ国」だとし、「ボツワナ、アルゼンチンは議論がかなり進捗し、年内または年初に良い結果が出るだろうと期待する」と語った。

キム社長はKAIの長期ビジョンと関連して、「2030年までに世界の5大航空宇宙企業へと発展させたい」と語った。キム社長は「将来的には香港、バンコク、上海を毎週通勤する日が来て、航空業界は今の自動車産業を代替するだろう」とし、「今後は民需ヘリコプター、航空機需要が思ったよりも速く増えるだろう」と予測した。

[ムン・ヂウン記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

김조원 KAI 사장 "美 훈련기 수주 원가 인하가 관건"

"17조 시장…보잉, 덤핑할듯"


김조원 한국항공우주산업(KAI) 사장은 미국 공군의 차세대 고등훈련기(APT) 사업 수주 여건에 대해 10일 "원가를 낮추는 것이 관건"이라고 밝혔다.김 사장은 이날 오전 서울 대방동 공군회관에서 기자간담회를 열고 "APT 사업은 결국 KAI 파트너인 록히드마틴과 보잉 간의 경쟁"이라며 "입찰에서 단 1%만 우리가 높게 써도 지는 문제라 대단한 `포커게임`이라고 생각한다"고 말했다.KAI는 록히드마틴과 손잡고 토종 고등훈련기 T-50A를 개조해 APT 수주전에 뛰어들었다. 보잉은 사브와 컨소시엄을 구성했다. 2파전 양상이다. 결과는 이르면 연말, 늦어도 내년 상반기 안에는 나올 전망이다..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース