MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 19日 ソウル -4.8℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン、IoTデータの国際研究同盟に参加
記事入力 2017-11-13 17:26 | 記事修正 2017-11-14 15:58:33
自律走行車がいよいよ商用化を遂げた2021年。運転者のAさんは、5G高速データ網と数百個のカメラとセンサーで行われる自律走行モードでの旅でひやっとする経験をした。長いトンネルで通信脆弱区間に入ったところ、カーブを目前にして急激なコーナリング動作が行われた。車両がリアルタイムに吐き出す膨大な走行データを、遠隔地の中央サーバーが送受信するクラウド方式の持つ根本的な限界だった。

クラウド方式のデータ処理の限界を克服するためには「エッジ(Edge)コンピューティング」技術が必須だ。この技術は中央のデータサーバであるクラウドを補助し、機器の「周辺部(エッジ)」に演算機能を与えれば、中央のクラウドでのデータ処理の負担を大幅に下げることができる機能だ。国内企業がエッジコンピューティング技術を開発する世界的な研究グループに初めて参加したことが確認された。

業界によるとサムスン電子は13日、未来の自律走行車とモノのインターネット(IoT)での核心技術として注目されている「エッジ・コンピューティング」の開発のために、国内メーカーでは初めて世界的な研究グループに参加した。米国のデル社が主軸になって4月に発足させた共同研究グループ(エッジXファウンドリ)に参加し、グローバルな研究グループを率いることになったわけだ。このグループは世界的に有名なクラウドコンピューティングベンダーと、半導体企業のAMD社や東芝はもちろん、フランスの防衛産業企業タレス社まで、60社の世界的企業が参加した世界最大の研究同盟だ。すべての機器が相互に接続できる、エッジコンピューティング基盤のソフトウェアプラットフォームを作ろうという目標だ。

会員社はサムスン電子が草創期のメンバーではないにもかかわらず、グループ内の最上位メンバーの評価である「プラチナ」の資格を与えた。 AMDや東芝など屈指の参加企業がシルバー会員という点で、世界最大の情報技術(IT)企業のサムスンの位相を知ることができる。

エッジ・コンピューティングは自律走行車の事例のように、中央処理方式のクラウドコンピューティングを補完する技術概念で、データの過負荷やハッキングなどに対する補完問題を解決する重要な技術だ。業界関係者は、「自律走行車のような、膨大かつ複雑なデータを基盤に刹那の瞬間に計算を実行する必要があるほど、ネットワークのエッジに位置する分散型コンピューティングが必要だ」と説明した。

サムスンは自律走行車の領域ではなく、スマートプラントへと進化する半導体・精油化学工場などの産業用IoT分野で、エッジ・コンピューティングの技術を適用することに大きな興味があることが分かった。

この分野のリーダーはゼネラル・エレクトリック(GE)で、数億のIoTが結合された産業インターネットクラウドプラットフォームである「プレディックス(Predix)」でエッジ・コンピューティング方式を採用している。サムスンが研究グループに参加した時点と重なるように、Appleは去る10月にGEと手を取って産業IoT工程のデータ分析をiPhoneで受け取ることができるオペレーティングシステムの開発に入った。

サムスンの関係者は、「数千・数億のIoTが適用されるスマートプラントなどの産業用IoTから携帯電話市場まで、幅広い市場機会を予告する技術」だと語った。

アップルの場合、オペレーティングシステムの開発が完了したらすぐさま33万人に達するGEのグローバルスタッフが、iPhoneを使ってGEの風力タービンや航空エンジンなどの異常の兆候の通知などを簡単に確認できるようになる。

自動車業界でも初の研究同盟が出現した。トヨタが去る8月にインテルやエリクソンなどと「自動車エッジコンピューティングコンソーシアム」を構成し、商用技術の確保に乗り出した。

グローバル市場調査会社のGartnerは先月の「2018年10大戦略技術トレンド」にエッジ・コンピューティングを含ませた。

[イ・ヂェチョル記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성 `IoT 데이터` 국제 연구동맹 이끈다

최고등급 회원으로 합류
델·도시바 등 60개社와 `에지 컴퓨팅` SW 개발…데이터 홍수 미리 대비


자율주행차가 막 상용화를 이룬 2021년. 운전자 A씨는 5G 초고속 데이터망과 수백 개 카메라와 센서로 진행되는 자율주행 모드로 여행을 하다 아찔한 경험을 했다. 긴 터널에서 통신 취약 구간에 접어들었는지 회전 구간을 코앞에 두고서야 급격한 코너링 작동이 이뤄졌다. 차량에서 실시간으로 쏟아내는 방대한 주행 데이터를 원격지 중앙서버가 송수신하는 클라우드 방식이 가진 근본적인 한계였다.클라우드 방식의 데이터 처리 한계를 극복하기 위해서는 `에지(Edge) 컴퓨팅` 기술이 필수다. 이 기술은 중앙데이터 서버인 클라우드를 보조해 기기 `주변부(에지)`에 연산 기능을 부여하면..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース