MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 17日 ソウル -6.0℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
LGに続きサムスンとSKが加勢...ハイフォンに韓国スマート工場の風
記事入力 2017-12-04 17:23 | 記事修正 2017-12-05 16:17:42

LG電子が2015年3月、テレビ・携帯電話・生活家電のグローバル生産拠点として育成するために建設した面積約80万平方メートルの「LG電子ベトナム・ハイフォンキャンパス」全景。 [写真提供= LG電子]

◆ 毎経ベトナムフォーラム/「ポストアジアの虎」ベトナムを行く② ◆

写真の説明
LG電子が2015年3月、テレビ・携帯電話・生活家電のグローバル生産拠点として育成するために建設した面積約80万平方メートルの「LG電子ベトナム・ハイフォンキャンパス」全景。 [写真提供= LG電子]

ベトナムの首都ハノイから南東に90キロメートルほど離れたハイフォン工業団地。高速道路を約1時間かかって到着したところは、ベトナム第1の港湾都市で、グローバル企業が立ち並ぶ最大の工業地域だ。 4日(現地時間)、LGディスプレイが有機発光ダイオード(OLED)モジュール工場の建設竣工式を行った。 LGディスプレイ初のベトナム生産基地だ。

ハイフォンは最近、LGがグループレベルでOLEDパネルのスマートフォン用カメラモジュールや車載用インフォテインメント(IVI)システムなど、尖端技術を必要とする部品工場を相次いで建設し、最尖端の情報通信技術(ICT)の中心地として変身している。

これまで繊維や衣類・靴などの労働集約的産業が並んでいた場所が、韓国発の第4次産業革命の火種となっているのだ。

今回の竣工式にはベトナムのグエン・スアン・フック首相、ハイフォン市のレ・ヴァン・タイン書記とグエン・バン・トゥン市長など、ベトナム政府内の最高位級の人士が列席した。 OLEDパネルは「夢のディスプレイ」と呼ばれる。このような高度な技術がハイフォンに拡散すると、ここが尖端産業の中心地として成長できるという、ベトナム政府の期待感を反映したものと解釈される。

ハイフォンの所在するベトナム北部は、LGディスプレイの主要顧客である中国への輸送に容易だというのが強みだ。ここでパネルを生産した後、中国内の主要なテレビやスマートフォンメーカーに、船と陸路を通じてこれらを提供するわけだ。 LGディスプレイは、国内で増設中のOLEDパネルの生産量増加に対応するための戦略的投資の一環として、ここにモジュール工場を建てた。パネルの生産は韓国で行い、これをパッケージングして販売する役割はベトナムで行われるわけだ。 LGディスプレイは、現在5000人水準であるベトナムのモジュール工場の生産力を2万人まで拡大する計画だ。このために2020年までに1兆ウォン以上を投資するという覚悟だ。

ベトナム進出はLGグループのLG電子が最も早かった。 LG電子は1995年にベトナムのフンイエンに工場を建てて現地進出しており、2015年3月には約80万平方メートル規模の「LG電子、ベトナムハイフォンキャンパス」を拓いた。 LG電子はこれまでベトナム国内供給を中心に運営していたフンイエン(テレビ・携帯電話)とハイフォン(洗濯機・掃除機・エアコン)の生産工場を、ハイフォンキャンパスに移転・統合してグローバル生産拠点として育成している。 LG電子はここに2028年までに約15億ドルを投資して、生産ラインを継続して増設する計画だ。

LG化学も最近、ハイフォン市トランドゥ工業地帯に偏光板の生産工場を完成して稼働に突入した。偏光板はOLED TVの主要材料で、透過する光の強さを調節するテレビパネル素材として主に使用される。ベトナム工場は偏光板の後処理工場で、テレビやコンピュータ、モニターやスマートフォンなどに使用される偏光板を製造する。

SKグループもベトナムとハイテク分野での協力を強化している。先月、ベトナムを訪問した崔泰源(チェ・テウォン)SK会長はグエン・スアン・フック首相との面談で、「ベトナムが競争力のある産業を育成して産業インフラを高度化させるところに、SKグループの強みであるエネルギー・化学、ICT分野の技術とノウハウ、ネットワークなどが助けとなることを望む」と語った。

実際に、SKはこれまでベトナムでの石油開発を中心に事業を行ってきたが、強みであるICTの分野でもベトナムに対する投資を増やす予定だ。

1990年代にベトナムでテレビ生産を開始して以来、ベトナム最大の外国企業であるサムスン電子は、これまで携帯電話などの製造工場中心の投資から抜け出し、成長潜在力の大きい電子商取引市場に目を向けている。サムスン電子は企業間取引(B2B)市場への進出を目指し、先月はホーチミンで「スマート都市への旅」をテーマに、東南アジア最大規模の総合展示館をオープンした。ベトナムで「国民企業」と呼ばれる泰光(テグァン)実業は、靴事業から始めて最近では火力発電などの高付加価値事業に多角化を進めている。

ウォン・ヂュンヨンKOTRAハノイ貿易館副館長は「製造業に成長するベトナムで、議論が盛んに行われているのがスマート工場」だとし、「ベトナムではスマート工場のコンセプトは自動化による雇用の減少ではなく、資本対比の生産性向上戦略として理解されている」と述べた。

[ハノイ特別取材チーム=キム・ミョンス産業部長(チーム長)/チャン・ヨンスン次長/コ・ヂェマン次長/ウ・ヂェユン記者/イム・ヨンシン記者/キム・ガンレ記者/チョ・ソンホ記者/パク・チャンヨン記者/ムン・ホヒョン記者]




[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

LG 이어 삼성·SK 가세…하이퐁에 한국發 스마트공장 바람

LGD, OLED모듈 공장 준공…2020년까지 1조원 이상 투자
베트남 최대 외국기업 삼성전자, 전자상거래로 사업 다각화
SK, 에너지·ICT 투자 확대…최태원 회장·베 총리 협력 모색


◆ 매경 베트남포럼 / `포스트 아시아 호랑이` 베트남을 가다 ② ◆ 베트남 수도 하노이에서 동남쪽으로 90㎞가량 떨어진 하이퐁 짱쥐 공단. 쭉 뻗은 고속도로를 약 1시간 달려 도착한 곳은 베트남 제1항구도시로 글로벌 기업들이 자리 잡고 있는 최대 공업지역이다. 4일(현지시간) LG디스플레이가 유기발광다이오드(OLED) 모듈 공장을 세우고 준공식을 가졌다. LG디스플레이의 첫 번째 베트남 생산기지다. 하이퐁은 최근 LG가 그룹 차원에서 OLED 디스플레이와 스마트폰용 카메라 모듈, 차량용 인포테인먼트(IVI) 시스템 등 앞선 기술력이 필요한 부품 공장을 잇따라 건설하면서 최첨단 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース