MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 17日 ソウル 26.4℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
発電業界ショック...「炭素排出権」3年間で5000億
記事入力 2018-07-11 17:52 | 記事修正 2018-07-13 16:10:01
発電各社は今年から初めて施行される温室効果ガス排出権の「有償」割り当て対象業種に指定され、3年間で5000億ウォンを超える費用「爆弾」を引き受けることになる見通しだ。発電各社の費用負担の拡大にしたがって、電気料金も一緒に上がる可能性が大きくなったという観測だ。

このような内容は、環境部が12日にソウル市瑞草区エルタワーで開催される「2次計画期間(2018~2020年)の国家排出権割り当て計画」の公聴会資料に入れられた。割り当ての提案は割り当て委員会(委員長、企画財政部長官)とグリーン成長委員会(委員長、国務総理と民間委員長の共同)を経て、今月末に国務会議審議を通じて最終的に確定される予定だ。

割り当て提案の骨子は、2次計画期間の温室効果ガス排出権の割り当て総量を、1次計画期間(2015~2017年)よりも5.2%高めた17億7713万トンに設定し、全体の66社業種のうちで電気(発電)、屠畜、繊維、電気通信など26業種を有償割り当て対象として指定したという点だ。有償割り当て対象業種は、全体の割当量の97%だけが無償で割り当てられ、残りの3%は企業が必要に応じて競売で排出権を購入する必要がある。

2次計画期間に初めて実施された有償割り当て制度は、発電各社に最も大きな打撃を与えることが分かった。発電企業全体の排出権総量のみで、有償割り当て対象26業種の半分以上を占めているからだ。

発電業界は2次計画期間の3年間の有償割り当て購入だけで、約5000億ウォンの追加費用を負担しなければならないと推定した。環境部が2次期間の転換部門(発電が90%以上)に配分した排出権割り当て量は7億6253万トンだ。このうち3%に相当する排出量に、昨年の1トン当たり炭素排出権の平均価格2万2000ウォンを適用すると、3年間の発電各社の追加負担額は約5000億ウォンという計算になる。競売方式で売買する排出権価格は、これよりも上がる可能性が高い。

発電企業の関係者は、「有償割り当てで発電社一社あたり年間300億ウォン以上の追加費用負担が発生する」とし、「このような大きな費用負担は発電会社が自主的に対応する余力はないので、電気料金値上げの要因として作用するしかないだろう」と懸念した。

発電会社のコスト増加の負担はこれだけではない。産業通商資源部は11日、この12日から「小型太陽光固定価格契約(韓国型FIT)」制度を施行すると明らかにした。

小規模太陽光発電事業者が生産した電力を、韓国水力原子力や韓国南東発電など6つの発電公企業が毎年決められた価格で購入する制度だ。これにより、太陽光発電事業者は再生可能エネルギーを義務的に買わなければならない6つの発電公企業に、電気を20年のあいだ固定価格で販売することができる。

一部では、韓国型FITに参加する発電事業者が多すぎて、発電公企業のコスト負担が増加することがありうるという指摘が出ている。脱原発を推進する政府が再生可能エネルギーの拡大コストを発電公企業に背負わせているわけだ。

[コ・ヂェマン記者/ユン・ウォンソプ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

발전사들 쇼크…`탄소배출권` 3년간 5000억 더낼 판

환경부, 유상할당 업종 지정…자체비용으로 배출권 구입해야
전기료 인상으로 연결 불보듯


발전사들이 올해부터 처음으로 시행되는 온실가스 배출권 `유상` 할당 대상 업종으로 지정돼 3년간 5000억원이 넘는 비용 `폭탄`을 떠안을 전망이다. 발전사들의 비용 부담 확대에 따라 전기요금도 덩달아 올라갈 가능성이 커졌다는 관측이다.이런 내용은 환경부가 12일 서울 서초구 엘타워에서 개최하는 `2차 계획기간(2018~2020년) 국가 배출권 할당계획안` 공청회 자료에 담겼다. 할당계획안은 할당위원회(위원장 기획재정부 장관)와 녹색성장위원회(위원장 국무총리·민간위원장 공동)를 거쳐 이달 말 국무회의 심의를 통해 최종 확정될 예정이다.할당계획안의 골자는 2차 계획기간 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語