MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
10月 19日 ソウル 16.4℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
LIGネクストワン、海外市場に照準...受注残高5兆突破なるか
記事入力 2018-10-10 17:30 | 記事修正 2018-10-12 16:07:50
地対空ミサイルとレーダーの分野で国内最高の技術力を持つLIGネクストワン(LIG Nex1)は、今年の受注残高5兆ウォン突破を試みる。 LIGネクストワンの受注残高は2015年に5兆5000億ワンまで上がっが、激しい受注不振で昨年末は3兆7000億ウォンにまで落ちた。しかし、最近「チョルメ-Ⅱ性能改良事業」量産契約など8~9月の二か月間に6000億ウォンを超える国内受注に成功し、海外輸出まで加えて年末の受注残高は2年間の減少傾向を後にして増加傾向に転じる見込みだ。

10日の証券業界と防衛産業界などによると、LIGネクストワンはさいきん相次ぐ国内受注を足がかりに、海外輸出にも拍車を加えて実績反騰を図っている。

先月初めにLIGネクストワンは防衛事業庁とKAMD(韓国型ミサイル防衛システム)の中核戦力であるチョルメ-Ⅱの性能改良量産契約を締結した。総契約規模は4390億ウォンだ。これに先立つ4日前、LIGネクストワンは防衛事業庁と1810億ウォン規模の「大砲兵探知レーダーⅡ」量産契約も締結した。わずか一週間のあいだに6000億ウォンの新規受注で、LIGネクストワンの将来に対する期待感は高まっている。上半期の受注は約2000億ウォンで、下半期の追加受注までを考慮すれば年間1兆5000億ウォン以上の受注が可能だという見通しだ。こうなると2016年と2017年の2年連続で落ちたLIGネクストワンの受注残高は、今年末には5兆ウォン台を回復する可能性も高い。

国内で掘り当てた大規模な契約を足場に、LIGネクストワンはフィリピンのマニラ、米ワシントンDC、インドネシアのジャカルタで開かれる国際防衛産業展示会にすべて参加し、海外市場の開拓に乗り出している。特に8日(現地時間)からワシントンDCで開催される「国際防衛産業展覧会(AUSA 2018)」に参加して、精密誘導兵器と無人水上艇などの先端国産兵器を披露し、北米市場の開拓に乗り出した。 AUSAは米陸軍協会が主管し、まい年全世界の600以上の主要防衛企業が参加する、地上分野に関連する北米最大の防衛展示会だ。

LIGネクストワンは輸出戦略製品で海外市場で高い関心を受けている精密誘導兵器を展示した。

[ムン・ヂウン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

LIG넥스원, 해외시장 정조준…올해 수주잔액 5조 돌파 시도

북미 최대 방산전시회 참가
첨단 정밀유도무기 선보여


지대공 미사일과 레이더 분야에서 국내 최고 기술력을 가진 LIG넥스원이 올해 수주잔액 5조원 돌파를 시도한다. LIG넥스원의 수주잔액은 2015년 5조5000억원까지 올라갔다가 극심한 수주 부진으로 지난해 말 3조7000억원까지 떨어졌다. 하지만 최근 `철매-Ⅱ 성능개량사업` 양산계약 등 8~9월 두 달간 6000억원이 넘는 국내 수주에 성공하며 해외 수출까지 더해 연말 수주잔액이 2년간의 감소세를 뒤로하고 증가세로 돌아설 전망이다.10일 증권업계와 방산업계 등에 따르면 LIG넥스원은 최근 연이은 국내 수주를 발판으로 해외 수출에도 박차를 가하며 실적 반전을 꾀하고 있다. 지난달 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語