MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 18日 ソウル 20.5℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子「ギャラクシーフォールド」...マルチタスクの「終盤王」
記事入力 2019-09-05 18:05 | 記事修正 2019-09-09 16:04:42
「ギャラクシーフォールド」を広げるやいなや改善されたヒンジがスムーズに動き、段階的に固定された後に巨大な画面があらわれる。歴代ギャラクシースマートフォンの中で最も大きな7.3インチ型「インフィニティフレックスディスプレイ(Infinity Flex Display)」を採用した内部ディスプレイは、スマートフォンのそれというよりはむしろ一種のパッドに近い勘違いまで感じさせる。スマートフォンでできることをいろいろ試しても、大きな画面を利用できるのでそれ自体で満足度がぐっと上がる感じだった。実際にYouTubeアプリを実行すると、動画を大きく表示できて快適だった。

YouTubeでグルメ映像を見ていた時に、レストランの場所を知りたくなったときにも映像を止める必要がなかった。大画面を必要に応じて2分割あるいは3分割に分割できる「マルチアクティブウィンドウ(Multi-Active Window)」機能のおかげで、大画面を分割しても充分に使用できる。また折りたたんだ状態のギャラクシーフォールドを広げるやいなや、小さな画面で使っていたアプリがそのままシームレスに表示される「アプリ継続(App Continuity)」も体験することができた。

サムスン電子の自信作「ギャラクシーフォールド5G(Galaxy Fold 5G)」がついにベールを脱いだ。サムスン電子は5日、国内の記者を対象にソウル市の瑞草(ソチョ)社屋でギャラクシーフォールド体験会を開催して実物を公開した。サムスン電子は6日の韓国での発売を皮切りに、英・仏・独・シンガポール・米などで4G LTEまたは5Gバージョンで順次発売する予定だ。

ギャラクシーフォールドの特徴は、やはり大きな画面を利用した「マルチタスクの終盤王」という点だ。

ギャラクシーフォールドは、折りたたみ時には快適な携帯性を与えるために横62.8㎜と幅15.7~17.1㎜(ヒンジ部分)だが、画面を広げた瞬間に高画質の映像やゲーム、デジタルマガジン、プレゼンテーションなどを楽しめる7.3インチ型インフィニティフレックスディスプレイに変わる。

サムスン電子は折りたためるスマートフォンを実現するために、従来よりも約50%薄い新しい複合ポリマー(Polymer)素材のディスプレイと、洗練されたヒンジを新たに開発してギャラクシーフォールドに適用した。実際にギャラクシーフォールドを畳んだり拡げたりする記者団に、サムスン電子の関係者は「5年間に20万回たたんて拡げても問題は発生しない」と自信を見せた。物理的なキーを製品の右側に配置して、折りたたみ時や広げた時の使いやすさが同じであること、サイドキーの下に指紋センサーを配置して、展開する動作と指紋認証が同時に行われるという点も満足だった。

世の中にはなかったユニークなディスプレイのほか、ギャラクシーフォールドは「スペック」の面で優れた性能を誇る。まず、ギャラクシーフォールドは折り畳んだときと広げたときの両方で優れた性能のカメラを利用できる。背面に1600万画素超広角カメラと1200万画素広角カメラ、1200万画素の望遠カメラなどのトリプルカメラが搭載され、スマートフォンを広げたときには1000万画素と800万画素のデュアルカメラがある。さらにスマートフォンを折り畳んだときにも1000万画素のカバーカメラがあり、なんと6つのカメラを使うことができる。写真や動画の撮影はもちろん、ビデオ通話などでも役に立つだろう。

実際に使ってみると、折りたたみ時は一般的なスマートフォンよりもやや幅が狭く、手の大きい男性ならテキストメッセージなどの送信が少しぎこちなく感じるかもしれないが、広げて使用するときの満足度だけは無視できなかった。もちろんこれはこれまでに指摘を受けた問題を着々と解決したので可能だった。サムスン電子は当初、4月26日に米国でギャラクシーフォールドを最初にリリースする予定だったが、現地でのレビューの間に画面の欠陥議論が発生して発売を延ばして補強作業をしてきた。

開け閉めの役割を果たすヒンジの上・下部の耐久性を強化し、画面保護膜を延長して破れないような構造にして、ディスプレイにはメタル層を追加して保護性能を改善した。

このように「技術的欠陥」というイメージを補うために努力しており、さまざまな新技術が投入されただけに価格は239万8000ウォンと高い。高価な価格でも消費者に好まれるかが興行人気のカギだ。ギャラクシーフォールドはスペースシルバー(Space Silver)とコスモスブラック(Cosmos Black)の2色で発売され、韓国から順次に世界の消費者に会う予定だ。

高東真(コ・ドンヂン)サムスン電子IM部門長(社長)は、「いくつもの技術的難関を克服し、最終的には新しいモバイルのカテゴリを開くギャラクシーフォールドを出荷できて嬉しい」とし、「ギャラクシーフォールドはスマートフォンとしては最大の画面の使いやすさと携帯性を同時に満足し、ユーザーに意味のある革新的な体験を提供する」と述べた。

[イ・ヨンイク記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

갤폴드 펼치니 7.3인치 대화면이 쫙…`멀티태스킹 끝판왕`

6일 韓 시작으로 글로벌 출시

동영상 보면서 검색하고 채팅
폰 펼쳐도 쓰던 앱 그대로 작동

생각보다 화면 얇고 힌지 정교
"5년동안 20만번 접어도 거뜬"

아래위 힌지 내구성 강화하고
화면보호막 베젤 밑까지 덮어


◆ `갤럭시폴드` 재출격 ◆ 갤럭시폴드를 펼치자 개선된 힌지가 부드럽게 열리며 단계별로 고정되다가 마침내 거대한 화면이 드러났다. 역대 갤럭시 스마트폰 중 가장 큰 7.3인치형 `인피니티 플렉스 디스플레이(Infinity Flex Display)`를 쓴 내부 화면은 스마트폰의 그것이라기보다는 차라리 일종의 패드에 가까운 착각까지 느끼게 했다. 스마트폰으로 할 수 있는 어떤 행위를 해도 커다란 화면을 이용할 수 있기 때문에, 그 자체로 만족도가 확 올라가는 느낌이었다. 실제로 유튜브 애플리케이션(앱)을 실행하자 동영상을 크게 볼 수 있어 편안했다.유튜브로 맛집 영상을 보던 도중 식..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語