MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
12月 08日 ソウル -4.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
カプセルビール許可... 31年ぶりに「酒」の定義変わる
記事入力 2019-11-28 17:47 | 記事修正 2019-12-02 15:21:00
スタートアップ規制の撃破のために、政府と国会が31年ぶりに「酒」の定義を変えることを含めて酒税法を改正する。 28日の国会によると、酒類の定義を変えることを骨子とした酒税法の一部改正法律案(キム・ジョンウ議員代表発議)、別名「インザケグ法」が租税小委員会で与野の満場一致で通過に合意した。

国内スタートアップのインザケグ(INTHEKEG)社はワンタッチ方式の手作りビールキットを開発し、今月初めのCESでイノベーション賞を受賞したが、国内法で「アルコール1度以上」という規制で足止めされ、肝腎の韓国では営業を行うことができないことから論議をかもした。当時の関連部処は当該の製品がカプセルを開ける前は非アルコール原材料の状態で販売されることから、法律上の「酒類」に該当しないと判断した。

今回の改正案では障害になった「アルコール分1度以上の飲料」という酒類の定義規定が、「これを含めて大統領令で酒類に認められるもの」と改正され、酒類の意味が拡張される。企画財政部のヤン・スンピル環境エネルギー課長は、「時代の変化に合わせて、新技術を保有している第2・3のインザケグが現れても柔軟に対応できるようにしようという趣旨」だと意味を説明した。

インザケグのような酒類技術企業のためのピンポイント改正も行われる。製造キット販売が代表として酒類製造免許を取得すると、これを購入する再販業者は追加で酒類製造免許を取得する必要がないようになる。これまでの法では製造業者が酒類製造キットを販売しても、実際のビヤホールなどでこれを利用し手作りビールを転売する際には別途に酒類製造免許を取得しなければならなかったが、今回の改正で販売から消費までの規制がワンストップで解決された。

この日、酒税執行機関である国税庁も力をそえることにした。国税庁はこの日、積極的に行政支援委員会を発足し、第1回会議で手作りビールキットなどの酒類産業スタートアップ企業支援のための制度改善案について審議した。委員会は手作りビールキットのスタートアップ企業が制度に編入されることができるように、製造免許の発行プロセス全体に制約がないように手直しするという計画だ。

[イ・ジヨン記者/オ・チャンヂョン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

[단독] 캡슐맥주 허용…31년만에 `술` 정의 바뀐다

국회, 주세법 개정안 소위 통과
알코올 1도 이상 `룰` 폐지
국세청은 제조키트 규제 해제


스타트업 규제 혁파를 위해 정부와 국회가 31년 만에 `술`에 대한 정의를 바꾸는 것을 포함해 주세법을 개정한다. 28일 주류 정의를 바꾸는 것을 골자로 한 주세법 일부개정법률안(김정우 의원 대표 발의), 일명 `인더케그법`이 조세소위서 여야 만장일치로 통과에 합의됐다.국내 스타트업 인더케그는 원터치 방식 수제맥주키트를 개발하며 이달 초 CES에서 혁신상을 수상했지만 국내법상 `알코올 1도 이상`이라는 규제에 발이 묶여 한국에선 영업을 할 수 없어 논란을 빚었다. 당시 관련 부처는 해당 제품이 캡슐을 터트리기 전에는 비(非)알코올 원재료 상태로 판매되기 때문에 법률상..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語