MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
1月 20日 ソウル -0.4℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓インザケグ社「カプセルビール」...米「CES」で革新賞
記事入力 2020-01-12 18:18 | 記事修正 2020-01-15 15:30:48
去る9日(現地時間)、米国ラスベガスで開催された「CES 2020」でINTHEKEG(インザケグ)のカン・テイル代表(右第一)が、成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官(左1人め)とキム・ヨンサム電子部品研究院長(中央)にCES革新賞を受賞した「インザケグ」の技術を紹介している。 [写真提供=産業通商資源部]

規制の手綱が解けた国内スタートアップのINTHEKEG(インザケグ)は、米国の舞台に飛び出した。米ラスベガスの国際電子製品博覧会(CES)の現場にいたインザケグのカン・テイル代表(写真)は11日、毎日経済との電話インタビューで「2億ドルの価値を認められて現地での投資に対する論議を開始し、100億ウォン分の初度契約が仕上げされた」と明らかにした。国内スタートアップのインザケグ社はワンタッチ方式の手作りビールキットを開発し、CESでイノベーション賞を受賞する予定だったが、国内法の「アルコール1度以上」という規制に足止めされて、肝心の国内では営業を行うことができないことから論議をかもした。

このことから、イ・ナギョン(李洛淵)総理は関係部処会議で、「インザケグの第一歩は消極行政だったが、全部処が一致協力して積極行政に変えた教科書的事例としなければならない」とし、「心を合わせて企業を助けた後、全部処に模範事例として伝播させよう」と是正を命令した。

これによってインザケグは先月9日に国税庁の免許を再申請し、一週間で正式免許をの発給を受けることができた。国会は酒税法を改正して力を添えた。企画財政部の案を受け入れて、酒類の定義を変えることを骨子とした酒税法の一部改正法律案、別名「インザケグ法」が通過した。問題になった「アルコール1度以上」の規定が緩和され、なんと30年ぶりに酒の定義が変わることになった。文在寅(ムン・ヂェイン)大統領は2020年の新年の挨拶で人気のキャラクター「ペンス」とのともにインザケグを招待した。ムン大統領は「革新を作っていく事例」だとほめそやした。

今回のラスベガスのCES現場でも、韓国政府の前向きな対応は続いた。ソン・ユンモ産業通商資源部長官はインザケグのブースを直接訪問して応援し、政府のIRラウンドテーブルに招待した。サムスンとLGなどの主要国内企業と一緒に集まった席で、カン代表は第二の規制である「投資の敷居」に対する意見を開陳した。カン代表は「インザケグは一度も政府資金を支援されなかった。人工知能(AI)やビッグデータ、ロボットなどはの第4次産業革命の分野の技術が使用されたにもかかわらず、製造物が酒流(ようやく認めたが)という理由で断られた。プラットフォーム技術だとアピールしてみたが、そうは言うが酒じゃないかという答えが帰ってきて難しかった」と訴えた。

これにたいして産業部側は、「インザケグを通じてまた別の積極行政の事例を作る」とし、「帰国したら即時に検討する」と答えた。



このような全面的な支援に支えられたインザケグは革新賞を堂々と受賞し、訪問者と外信の注目を集めた。米国を代表する情報技術(IT)媒体であるCNETをはじめとし、現地メディアがインタビューを通じて今年の革新的な技術だと紹介した。米国をはじめとする主要国の流通企業の役員らがインザケグのブースを訪問し、三日間のあいだ混雑を成した。

カン代表は「今年の6月に米国発売を目標に、現地企業とジョイントベンチャー形式の会社を作って準備する議論を始めた」とし、「認められた企業の価値は2億ドルで、規制解決前よりも5倍以上に上昇した」と語った。

投資の議論とともに初輸出の契約も成し遂げた。インザケグ側はインドと中国に納品された最初の契約が100億ウォン水準で締結されたと発表した。当初は8億ウォンから10億ウォン水準で初度しの物量が議論されたが、政府の全面的な支援が加わったというニュースが伝えられると注文量が大幅に拡大されたという裏話だ。

カン代表は「海外のバイヤーたちは最初はどうせ自国では営業できないだろうと不合理な条件を提示してきたが、今回問題が解決されると態度を完全に変えて、有利な条件で契約を結ぶことができた」と語った。

インザケグは免許事業が始まった国内でも、営業を本格的に開始する計画だ。カン代表は「挫折寸前まで行った事業が、マスエディアの報道を通じてひろがった関心で180度変わった」とし、「積極行政などの支援を背景にしたので、いまやグローバルテック市場でそうとうな成果を出して証明してみるのが報いる道だ」と心構えを明らかにした。

[オ・チャンヂョン記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

"뒤늦게 규제풀린 캡슐맥주, 美CES서 완판됐어요"

`CES 혁신상` 스타트업 인더케그 강태일 대표

정부 지원에 훨훨 날았다

현장서 100억원 계약 성사
中·인도서 초도물량 싹쓸이

기업가치도 5배 이상 쑥

해외 바이어·언론 관심 한몸에
올 6월 북미시장 공식 출시도


규제 고삐가 풀린 국내 스타트업 인더케그가 미국 무대에서 날아올랐다. 미국 라스베이거스 국제전자제품박람회(CES) 현장에 있던 강태일 인더케그 대표(사진)는 지난 11일 매일경제와 전화 인터뷰하면서 "2억달러 가치를 인정받고 현지에서 투자 논의를 시작했으며 100억원어치 초도 계약이 마무리됐다"고 밝혔다. 국내 스타트업 인더케그는 원터치 방식 수제맥주 키트를 개발하며 CES에서 혁신상을 수상할 예정이었지만 국내법상 `알코올 1도 이상`이라는 규제에 발이 묶여 정작 국내에서는 영업을 할 수 없어 논란을 빚었다. 이에 이낙연 국무총리는 관계부처 회의에서 "인더케그는 첫..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース

英語