MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
8月 14日 ソウル 27.4℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
斗山重工業、航空宇宙部品市場へ進出
記事入力 2020-07-30 17:44 | 記事修正 2020-08-03 15:26:32
斗山重工業(Doosan Heavy Industries & Construction)はガスタービン分野に取り入れてきた「3Dプリンティング」技術を前面に出して、航空・宇宙部品市場に本格的に飛び込む。

斗山重工業は30日、航空宇宙の品質マネジメントシステム「AS9100認証」を取得したと発表した。AS9100は世界の航空・宇宙分野で必要とされる安全性・信頼性などを反映し、国際航空品質協会(IAQG)が制定した国際標準規格で、航空産業に参入するためには必ず取得しなければならない。

今回の認証範囲は航空・宇宙・防衛産業部門の3Dプリンティング開発・製造分野だ。3Dプリンティングは、金属やプラスチックの粉末を積み重ねながら、レーザーで溶融させて部品を製造する技術だ。一般加工技術で実現することが難しい複雑な設計が可能であり、製造コストや製作期間を大幅に削減することができる。

斗山重工業はガスタービンなどの発電用部品の製造を先進化するために、2014年から3Dプリンティング技術を導入した。

[ソン・グァンソプ記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

두산重,항공부품시장 진출…3D프린팅 개발 품질 인증


두산중공업이 가스터빈 분야에 접목해온 `3D 프린팅` 기술을 앞세워 항공·우주 부품시장에 본격적으로 뛰어든다. 30일 두산중공업은 항공우주 품질경영시스템 AS9100 인증을 획득했다고 밝혔다. AS9100은 세계 항공·우주 분야에서 요구되는 안전성·신뢰성 등을 반영해 국제항공품질협회(IAQG)가 제정한 국제 표준 규격으로, 항공산업에 진입하기 위해서는 필수적으로 받아야 한다. 이번 인증 범위는 항공·우주·방위산업 부문에 대한 3D 프린팅 개발·제조 분야다. 3D 프린팅은 금속이나 플라스틱 분말을 층층이 쌓으면서 레이저로 용융시켜 부품을 제조하는 기술이다. 일반 가공기술로..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース