MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 21日 ソウル 20.9℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子、超小型イメージセンサー市場でソニーを「猛追」
記事入力 2020-09-15 17:19 | 記事修正 2020-09-17 15:19:15
サムスン電子は業界初の0.7㎛(1㎛は100万分の1メートル)ピクセルを採用したモバイルイメージセンサーのラインナップを構築し、小型ピクセル市場の拡大と先取りに乗り出した。

サムスン電子は昨年5月、世界初で6400万画素のイメージセンサーを開発し、わずか3ヶ月後には1億800万画素の製品を発売するなど、技術開発に速度を加えている。特に業界1位のソニーに対して超微細工程と高画素技術力で優位を占め、市場シェアの追撃にも速度がつくという予想が出ている。

サムスン電子は15日、0.7㎛ピクセルを活用したモバイルイメージセンサー製品4種を公開した。先だって同社は昨年、業界初の0.7㎛ピクセル製品を公開したが、今回の新製品を追加で公開し、業界で唯一の0.7㎛ベースの製品ラインナップを構築することに成功した。

新製品は1億800万画素の「アイソセルHM2」、6400万画素の「GW3」、4800万画素の「GM5」、3200万画素の「JD1」などだ。一般的にイメージセンサーのピクセルの大きさが小さくなるほど光を受け入れる面積が減り、撮影した画像の品質が低くなる。したがってピクセルサイズを減らしつつ、性能は向上させることが技術の核心だ。特に急速に普及している高画素カメラのトレンドは、超小型ピクセルイメージセンサーが必須だ。限られたスペースにより多くの画素を取り込むことができて、しかも薄型設計を同時に実現できるからだ。

サムスン電子は0.7?ピクセルで1億800万画素製品を実現する場合、0.8㎛を利用する場合よりもイメージセンサーのサイズを最大15%削減できると明らかにした。イメージセンサーが小さくなるとカメラモジュールの高さも最大10%低くなって、スマートフォンの「カトゥクティ現象(カメラレンズが飛び出す現象)」も大きく改善されることになる。既存のサムスンギャラクシーS20、ギャラクシーノート20は0.8㎛のイメージセンサーを搭載したが、次期作からは0.7㎛製品が搭載されると見られる。

市場調査会社のTSRによると、6400万画素以上の高画素イメージセンサーの需要は、2019年の1500万個から2023年には3億3000万個のレベルに成長する見込みだ。今年のソニーのシェアは48.2%で、サムスン電子(19.3%)を上回るものと予想される。サムスン電子は微細工程の技術力と、6400万画素以上の高付加価値製品を主力にソニーを猛追している。

[ファン・スンミン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성, 초소형 이미지센서 공개…점유율 1위 日소니 `맹추격`

초정밀·고화질 센서 개발로
카툭튀 없는 스마트폰 가능


삼성전자가 업계 최초로 0.7㎛(1㎛는 100만분의 1m) 픽셀을 활용한 모바일 이미지센서 라인업을 구축하고 초소형 픽셀 시장 확대 및 선점에 나섰다. 삼성전자는 지난해 5월 세계 최초로 6400만화소 이미지센서를 개발했고 불과 3개월 뒤 1억800만화소 제품을 출시하는 등 기술 개발에 속도를 높이고 있다. 특히 업계 1위인 소니에 초미세공정과 고화소 기술력에서 우위를 점하면서 시장점유율 추격에도 속도가 붙을 것이라는 예상이 나온다. 삼성전자는 15일 0.7㎛ 픽셀을 활용한 모바일 이미지센서 제품 4종을 공개했다. 앞서 이 회사는 지난해 업계 최초로 0.7㎛ 픽셀 제품을 공개했는데..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース