MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 25日 ソウル 9.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
韓国造船業界、年末受注で総力戦...VLCC発注量の70%獲得
記事入力 2020-11-17 17:17 | 記事修正 2020-11-19 15:46:40
国内の造船各社は年末を控え、終盤の受注に総力を傾けている。

現代重工業グループの造船持株会社である韓国造船海洋は17日、オセアニア所在の船社と30万トン級の超大型原油運搬船(VLCC)10隻の建造契約を締結したと公示した。受注金額は約9857億ウォン(ドル=1115ウォン)に達する。今回の受注船舶は現代重工業と現代三湖重工業で7隻と3隻に分けて建造し、2023年8月までに引き渡す予定だ。

これによって韓国造船海洋は今年、世界で発注されたVLCC 30隻のうち21隻を受注した。これは全世界のVLCC発注量の70%を占める規模だ。韓国造船海洋は「これまで蓄積してきたVLCCの建造ノウハウと技術力を高く評価された」とし、「年末までに追加受注に注力するつもり」だとした。

この日、サムスン重工業もオセアニア地域の船社から約1950億ウォン規模のスエズマックス級原油運搬船3隻を受注したと発表した。引き渡しの予定時期は2023年1月からだ。特に今回の契約には2隻のオプションが含まれており、追加の受注も期待されている。

環境規制にしたがって、今回受注した船舶には、窒素酸化物低減装置とバラスト水処理装置などが搭載される。また船主の運航条件に最適化された線形およびプロペラなど、燃料の節約技術も適用される。独自開発した次世代スマートシップソリューションである「SVESSEL(エスヴェセル)」も取り入れる予定だ。

[ソン・グァンソプ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

한국 조선업계 연말 수주 총력전

한국조선 VLCC 1조 수주
삼성중공업도 2천억 계약


국내 조선사들이 연말을 앞두고 막판 수주에 총력을 기울이고 있다. 17일 현대중공업그룹의 조선 지주사인 한국조선해양은 오세아니아 소재 선사와 30만t급 초대형 원유운반선(VLCC) 10척에 대한 건조 계약을 체결했다고 공시했다. 수주 금액은 약 9857억원(달러당 1115원 기준)에 달한다. 이번 수주 선박은 현대중공업과 현대삼호중공업에서 7척, 3척씩 나누어 건조하며 2023년 8월까지 인도할 예정이다. 이로써 한국조선해양은 올해 전 세계에 발주된 VLCC 30척 중 21척을 수주하게 됐다. 이는 전 세계 VLCC 발주량의 70%를 차지하는 규모다. 한국조선해양은 "그동안 축적해온 VLCC 건조..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース