MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
11月 25日 ソウル 8.6℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子「3ナノ半導体を2022年に量産」宣言
記事入力 2020-11-18 17:33 | 記事修正 2020-11-20 15:39:56
18日、サムスン電子が2022年には3ナノメートル(㎚/1㎚は10億分の1メートル)プロセスで半導体製品を量産するという青写真を先月策定したことが確認された。同年に3ナノメートルプロセスでの半導体の生産に突入すると明らかにした台湾のTSMC社に対抗たわけだ。半導体業界ではサムスン電子がシェア格差と後発走者である弱点を克服し、TSMCとの「プロセス競争」に勝つことができるかに注目している。

18日のブルームバーグなどの外信と半導体業界によると、サムスン電子ファウンドリ(受託生産)事業部のパク・チェホン副社長は先月、オンラインで行われたサムスン「セーフ(SAFE)フォーラム」で協力社の関係者と会ってこのように明らかにした。

パク副社長は「2022年までに3ナノメートルプロセス製品の量産に突入する。競争力のあるシステム・オン・チップ(SoC)を開発するために、市場のトレンドに積極的に対応して尖端設計技術を持続的に革新する」と強調した。業界は、現在3ナノプロセス技術の開発に没頭しているサムスン電子が2022年ごろには量産を開始するだろうと睨んだが、サムスン電子の高位幹部の公式発言で確認されたのは初めてだ。

半導体業界で「ナノメートル」は集積回路の線幅に言及するときに使う単位だ。半導体の発熱効率や生産性、性能全般を引き上げるには回路線幅を細くしなければならない。このために各半導体企業は微細化に没頭してきたが、10ナノ台以下に単位が絞り込まれた後は、事実上はサムスン電子とTSMCの二大強者の間の戦いになった。サムスン電子とTSMCは昨年に7ナノメートルプロセスの半導体の量産を開始し、今年は並んで5ナノメートルプロセスの量産に突入した。

サムスン電子は2030年までにファウンドリをはじめとするシステム半導体に133兆ウォンを投資して、ファウンドリはもちろん、ファブレス分野でも1位に上がるという目標だ。来年には5ナノメートルの平沢EUVラインも量産を開始する計画だ。米国テキサス州オースティン工場も、EUVラインの増設投資を開始するという見通しが多い。

[イ・ジョンヒョク記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

삼성전자 "3나노 반도체 2022년 양산"

파운드리 1위 TSMC에 맞불
美오스틴 공장 증설도 `탄력`


삼성전자가 2022년 3나노미터(㎚·1㎚는 10억분의 1m) 공정으로 반도체 제품을 대량 양산한다는 청사진을 지난달 공식화한 것으로 18일 확인됐다. 같은 해 3나노 반도체 생산에 돌입하겠다고 밝힌 대만 TSMC에 맞불을 놓은 셈이다. 반도체 업계는 삼성전자가 점유율 격차와 후발주자라는 약점을 극복하고 TSMC와의 공정 경쟁에서 승리할 수 있을지 주목하고 있다.18일 블룸버그 등 외신과 반도체 업계에 따르면 박재홍 삼성전자 파운드리(수탁생산)사업부 부사장은 지난달 온라인으로 세계 각지에서 열린 삼성 `세이프(SAFE) 포럼`에서 협력사 관계자들과 만나 이같이 밝혔다. 박 부사장..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース