MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
3月 06日 ソウル 8.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
サムスン電子と欧エリクソンの「特許訴訟戦」はじまる
記事入力 2021-02-19 17:28 | 記事修正 2021-02-23 15:30:43
米国連邦政府のファーウェイに対する制裁で強力なライバルが消えた米国第5世代(5G)移動通信市場の主導権を握るために、サムスン電子とスウェーデンの通信機器企業エリクソン(Ericsson)が激しい特許紛争に突入した。

米国国際貿易委員会(ITC)は16日(現地時間)、サムスン電子のエリクソンの特許侵害と不公正取引き行為に対する調査に着手すると発表した。先だってエリクソンは「サムスン電子が第4世代(4G)無線移動通信技術と5G技術の特許を侵害した」とITCに提訴した。エリクソンは通信アンテナ、基地局装置、コアネットワーク装置に関する特許侵害を主張する。エリクソンは米国市場でのサムスン電子通信機器に対する輸入販売禁止措置を要求している。

エリクソンはITC提訴に加え、テキサス州連邦地方裁判所にも特許侵害訴訟を提起した状態だ。サムスン電子も中国・武漢の裁判所にグローバルロイヤリティ請求訴訟と特許侵害訴訟など対抗している。

サムスン電子は今年1月、エリクソン通信機器に対する米国への輸入禁止を要請してITCに提訴した。

サムスン電子とエリクソンが特許訴訟戦に乗り出した背景には、米国の携帯電話各社の積極的な5G投資の動きがある。現地の通信キャリアは4月から本格的に5Gの設備投資を行う予定だ。李在鎔(イ・ヂェヨン)サムスン電子副会長は5Gを将来の成長事業の一つとして注目し、2018年から本格的な技術確保に乗り出した。

米国は2500億ドル(約276兆ウォン)に達する世界最大の移動通信市場であり、サムスン電子が念を入れている地域だ。もともとエリクソンやノキア(Nokia)などの欧州通信機器業界のシェアが高いが、サムスン電子は昨年9月、米国最大の移動通信会社であるベライゾン(Verizon)と5年間8兆ウォン規模の5G機器の供給、維持・補修契約を結んで業界を緊張させた。

これまでサムスン電子はエリクソンと2001年、通信端末およびネットワークの相互包括ライセンスを結んだ。しかしこの契約が終了した2012年、エリクソンが特許侵害でサムスン電子を提訴し、約2年間の法的攻防を繰り広げた。この紛争はサムスン電子がエリクソンのロイヤリティ費用6億5000万ドル(約7100億ウォン)を支払うことで一段落した。両社間の特許紛争は、中ファーウェイ(華為)が抜けた米国市場で、ほぼ8年ぶりに再現されたわけだ。

[イ・ジョンヒョク記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

"화웨이 빈자리 잡아라"…삼성 에릭슨 미국 5G 쟁탈전

ITC에 맞제소하며 특허분쟁
美이통시장 규모 276조 달해
4월부터 5G 설비투자 본격화


미국 연방정부의 화웨이 제재로 강력한 경쟁자가 사라진 미국 5세대(5G) 이동통신 시장 주도권을 잡기 위해 삼성전자와 스웨덴 통신 장비 기업 에릭슨이 격렬한 특허 분쟁에 돌입했다. 미국 국제무역위원회(ITC)는 16일(현지시간) 삼성전자의 에릭슨 특허침해와 불공정 거래 행위에 대한 조사에 착수한다고 밝혔다. 앞서 에릭슨은 "삼성전자가 4세대(4G) 무선 이동통신 기술과 5G 기술 특허를 침해했다"며 ITC에 제소했다. 에릭슨은 통신 안테나, 기지국 설비, 핵심 네트워크 장비에 관한 특허침해를 주장한다. 에릭슨은 미국 시장에서 삼성전자 통신 장비의 수입 판매 금지 조치를 요구하..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース