MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
9月 21日 ソウル 17.1℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
防御率0.63 ...金広鉉、MLBで新しい歴史を書く
記事入力 2020-09-15 17:23 | 記事修正 2020-09-17 15:17:00
金広鉉選手が力投の後で拳を握っている。 [USATODAY=連合ニュース]

15日(韓国時間)に開かれた米プロ野球メジャーリーグ(MLB)セントルイス・カージナルスとミルウォーキー・ブルワーズの試合に、国内野球ファンの関心が集中した。負傷から復帰した金広鉉(キム・グァンヒョン)選手の復帰戦に加えて、これまで2年間を韓国プロ野球(KBO)の最高エースとして君臨していたジョシュ・リンドブロム選手(ミルウォーキー)が対戦相手の先発として乗り出したからだ。

リンドブロム選手はMLB進出後で最高の投球を見せた。ただしすべての照明はより完璧だった「歴代級新人」キム・グァンヒョンに向かって集まった。

キム・グァンヒョンはこの日、米国ウィスコンシン州ミルウォーキーのミラー・パークで開かれた2020 MLBミルウォーキー遠征第1戦(ダブルヘッダー)に先発投手として出場し、7イニング奪三振6本、無失点を記録した。セントルイス打線はキム・グァンヒョンが正規イニングをすべて消化するあいだ点を入れることができなかったが、8回裏の2失点で1対2で敗れた。コロナ19の影響で今季のMLBダブルヘッダー第1戦は7イニングまでが正規イニングであり、8回からは各チームがタイブレークがを行う。

先発投手としてマウンドに上がった4試合のすべてで素晴らしかったが、この日のキム・グァンヒョンの投球はシーズン最高だった。特に球速ではさほど競争力のない時速140㎞台だが、ファストボールに最適な「制球」を加えて威力的に作った。この日、キム・グァンヒョンはファストボールを決定球にして4三振を奪ったし、このうち3回は打者がスイングできないほどストライクゾーンを絶妙にかすめてキャッチャーのミットに吸い込まれた。投手の基本であるファストボールがMLBでも通じるということを証明したわけだ。

また、昨シーズンのMLBナショナルリーグMVPの受賞者クリスチャン・イエリッチ選手には、それぞれ高いコースと低いコースのスライダーで三振を2回うばった。これによってキム・グァンヒョンはMLB進出後の個人最多イニング(7イニング)と最多奪三振(6個)を達成した。

「長打が多かったが、運が良かった」「パターンが読み込まれるとERAが爆騰するだろう」という懸念はいまや意味がなくなった。今年はMLBでの最初のシーズンであるキム・グァンヒョンが、先発投手として乗り出した5試合で記録した防御率(ERA)は0.33だ。 MLB 100年の歴史でもより良い成績を記録した新人投手は、1981年にLAドジャースでデビューした「スクリューボール」の投手フェルナンド・バレンズエラ選手(最初の5試合ERA 0.20)のみだ。単に半拍子はやい投球テンポやまぐれだけでは説明できない記録だ。

キム・グァンヒョンは最近の4試合で自責点0を記録し、24イニング連続無失点も継続した。韓国人メジャーリーグ投手の中で、この部門の記録は、2000年にドジャースで朴賛浩(パク・チャンホ)選手が記録した33イニング連続無失点だ。柳賢振(リュ・ヒョンジン、トロント・ブルージェイズ)が昨シーズンに記録更新に挑戦したが、32イニングで中断した。

すでに身代(年俸400万ドル)を大きく上回る活躍をしただけに、セントルイスもキム・グァンヒョンを甘やかす雰囲気だ。実際にこの日、キム・グァンヒョン試合中の打者との勝負を控えて相談するためにキャッチャーのヤディアー・モリーナ選手を呼んだが、ダッグアウトから投手コーチとトレーナーまでが走り寄った。セントルイスのダッグアウトは腎臓梗塞で13日を休んだキム・グァンヒョンが、体に異常を感じてタイムを要求したと推測したからだ。キム・グァンヒョンはマウンドに上がってきたトレーナーに微笑んで手を振って、健康上の問題ではないことを示した。

キム・グァンヒョンは試合後の映像インタビューで、「マイク・マダックス投手コーチが、ミルウォーキーの打者は内角に弱いと助言してくれたので内角速球をよく投げた。ボールがバット弱い部分にあたって折れるシーンもあった。計画通りにボールを投げだけ」だと説明した。続いて「健康に自信がある。急なケガが生じない限り、健康に全く問題はない」と語った。

キム・グァンヒョンの新人王受賞の可否にも注目される。成績だけでナショナルリーグ投手はもちろん、打者の方でも比較対象がないが、問題は戦った試合数が少ないという点だ。キム・グァンヒョンは現在までに28.2イニングを消化し、リーグ上位圏に布陣した投手と少なくとも20イニング以上の差がある。

[イ・ヨンゴン記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

평균자책점 0.63…김광현 MLB 새 역사 쓴다

밀워키전 7이닝 무실점 호투
패스트볼 구석구석 찔러
탈삼진 6개 데뷔 이래 최다

선발 나선 5경기 ERA 0.33
MLB 신인 역사상 2위 기록
24이닝 연속 무자책 행진


15일(한국시간) 열린 미국프로야구 메이저리그(MLB) 세인트루이스 카디널스와 밀워키 브루어스 경기엔 국내 야구팬들의 관심이 더 집중됐다. 부상에서 돌아온 김광현의 복귀전과 더불어 지난 2년간 한국프로야구(KBO) 최고 에이스로 군림했던 조시 린드블럼(밀워키)이 상대 선발로 나섰기 때문이다. 린드블럼은 MLB 진출 후 가장 좋은 투구를 보여줬다. 다만 모든 조명은 상대보다 더 완벽했던 `역대급 신인` 김광현 쪽으로 쏠리고 있다.김광현은 이날 미국 위스콘신주 밀워키 밀러 파크에서 열린 2020 MLB 밀워키 원정 1차전(더블헤더)에 선발투수로 나서 7이닝 동안 탈삼진 6개, 무실점..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース