MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 26日 ソウル 30.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
GS、親環境エネルギーで勝負...欧イベルドローラと合弁会社設立
記事入力 2021-06-16 18:01 | 記事修正 2021-06-18 15:38:49
GSエネルギー(代表ホ・ヨンス)はスペイン最大の電力会社であり、世界第2位の再生可能エネルギー企業であるIberdrola(イベルドローラ)社と手を握る。 GSグループのエネルギー専門企業であるGSエネルギーは親環境エネルギーへの転換に速度を出すなかで、グローバル再生可能エネルギー企業と協力に乗り出すのは今回が初めてだ。

GSエネルギーは16日、スペインのイベルドローラと韓国とアジア全域に渡って再生可能エネルギー事業を共同で推進する合弁会社(JV)を設立する内容の了解覚書(MOU)を締結したと発表した。

この日の行事には許榕秀(ホ・ヨンス)GSエネルギー社長、イベルドローラのザビエル・ヴィテリ(Xavier Viteri)再生可能エネルギー部門代表者、ムン・スンウク産業通商資源部長官など、両国の関係者が参加した中でマドリードのスペイン商工会議所で開かれた。両社の覚書締結は文在寅(ムン・ヂェイン)大統領の初のスペイン国賓訪問のスケジュールの中で行われた。

両社の合弁会社設立は親環境エネルギー事業を強化しようとするGSエネルギーと、アジア市場への進出を強化しようとするイヴェルデローラの利害関係が一致したためと分析される。

イベルドローラが現在運営している再生可能エネルギーの規模は合計35GW(ギガワット)であり、これは容量ベースでは世界第2位の水準だ。イベルドローラは2025年までに事業規模を計60ギガワットに拡大するという目標だ。

ホ・ヨンス社長はこの日、「成功的なエネルギー転換のためには、再生可能エネルギー事業のグローバル先進技術を積極的に導入することが必要」だとし、「イベルドローラの世界最高水準の再生可能エネルギーの運用と、EPC(設計・調達・施工)のノウハウとGSエネルギーのプロジェクト開発能力が結合されると、両社だけでなく両国がウィンウィンできるだろう」と語った。

[イ・ユンジェ記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

GS, 재생에너지 `승부수`…세계 2위 기업과 합작사

스페인 이베르드롤라와
아시아 사업 공동 진출


GS에너지(대표 허용수)가 스페인 최대 전력 기업이자 세계 2위 재생에너지 기업인 이베르드롤라와 손잡는다. GS그룹의 에너지 전문 기업인 GS에너지가 친환경 에너지로의 전환에 속도를 내는 가운데 글로벌 재생에너지 기업과 협력에 나서는 것은 이번이 처음이다. 16일 GS에너지는 스페인 이베르드롤라와 한국 및 아시아 전역에 걸쳐 재생에너지 사업을 공동으로 추진하는 합작회사(JV)를 설립하는 내용의 양해각서(MOU)를 체결했다고 밝혔다. 이날 행사에는 허용수 GS에너지 사장, 사비에르 비테리 이베르드롤라 재생에너지 부문 대표, 문승욱 산업통상자원부 장관 등 양국 관계자들이..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース