MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 26日 ソウル 30.3℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
現代モービス、未来車指向の「ライティンググリル」開発
記事入力 2021-06-17 15:32 | 記事修正 2021-06-21 15:27:05
現代モービスは車両前部のグリル全体を照明として活用し、車両の現在状況を多様に表現できる技術を開発した。現代モービスは17日、車両のフロントグリルにLED照明の機能を適用した「ライティンググリル」を開発したと明らかにした。

ライティンググリルは車両前面部のグリル全体を照明装置として活用する技術だ。自律走行モードと電気自動車の充電モード、あるいは緊急時の警告灯表示など、現在の車両の状態を多様に表現するものだ。現代モービスはこれにより、車両の状態を示して他の車や歩行者とのコミュニケーションの手段として活用できるものと期待している。

また照明パターンを活用したユニークなデザイン効果も演出することができる。現代モービスの関係者は「今年の初めにライティンググリルの技術開発を完了し、現在商用化のために信頼性の検証作業を進行中」だとし、「来年からは顧客社へのプロモーションなどを介して、量産への適用を推進する計画」と説明した。

また現代モービスは車両の状態と動作条件に応じて、グリルを開閉できる「グリル一体式アクティブエアフラップ」技術を開発したと発表した。

冷却水の温度に応じてグリル自体が移動して、エンジンとモーターの冷却のための走行風の流入を自動制御して車両の暖房効率を高めることができる。また空気抵抗を減らして燃費と電費を向上させ、照明で差別化されたデザインパターンを実現することができる。

[ソ・ドンチョル記者]


[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

현대모비스 `미래형 車그릴` 개발

LED 조명으로 상황 표현
운행조건따라 그릴 움직여


현대모비스가 차량 전면부 그릴 전체를 조명으로 활용해 차량의 현재 상황을 다양하게 표현할 수 있는 기술을 개발했다.현대모비스는 차량 전면 그릴에 LED 조명 기능을 적용한 `라이팅 그릴`을 개발했다고 17일 밝혔다.라이팅 그릴은 차량 전면부 그릴 전체를 조명 장치로 활용할 수 있는 기술이다. 자율주행 모드, 전기차 충전 모드, 비상 경고등 표시 등 현재 차량 상태를 다양하게 표현해주는 것이다. 현대모비스는 이를 통해 차량 상태를 알려 다른 차량이나 보행자와 의사소통하는 수단으로 활용할 수 있을 것으로 기대하고 있다. 아울러 조명 패턴을 활용한 독특한 디자인 효과도..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース