MK News

  • 韓国語
  • 英語
  • 中国語
7月 26日 ソウル 29.2℃weather
pre stop next
プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト
カカオバンク、来月IPO...ネット銀行で最初の挑戦
記事入力 2021-06-18 17:25 | 記事修正 2021-06-22 15:25:47
カカオバンクはインターネット専門銀行(ネット銀行)で初めて、有価証券市場への上場に挑戦する。

場外の身代だけでも40兆ウォンに迫り、投資家らの熱い関心を受けている。カカオバンクは公募株の重複申込が適用されない、最初の「兆」単位のランナーでもある。競争率の低い証券会社に申し込めば多くの株を得ることができるだけに、投資家らの神経戦は激しくなる見通しだ。

カカオバンクは17日、韓国取引所有価証券市場本部から上場予備審査の承認を受けたと明らかにした。来週に証券届出書を提出した後、本格的な公募手続きに突入する計画だ。機関投資家の需要予測と一般申込はすべて来月に行われる予定だ。 KB証券とクレディ・スイスが代表主幹事を務める。シティグループのグローバルマーケット証券は共同主幹事として参加し、引受団はまだ決定していない。

カカオバンクの上場は、いくつかの次元で注目されている。ネット銀行が証券市場への進出に乗り出す最初の事例であるという点が大きい。投資銀行(IB)業界では、カカオバンクはデジタルバンクの生態系を育てていると評価する。後発走者の上場に、当該の市場自体が大きくなるだろうというものだ。国内1号デジタル銀行のケイバンクも2023年までに企業公開(IPO)を終えるという立場だ。最近は1兆2500億ウォンに達する有償増資を終えて、身代を大きくすることもした。

今回の動きは27年ぶりの銀行の上場という点でも意味がある。銀行が証券市場に進出したのは1994年当時の企業銀行(キオプウネン)が最後だった。市場ではカカオバンクの予想企業価値を20兆~30兆ウォン前後と見込んでいる。上場と同時にKB金融(約24兆ウォン、18日基準)や新韓持株(約21兆ウォン)とほぼ同じ水準に飛躍するわけだ。取引きプラットフォームの「証券プラス非上場」でのカカオバンクの店頭在庫は、ひと株あたり9万5000ウォンで取り引きされている。発行済み株式数(4億965万株)を考慮すれば、店頭の投資家らが会同社の身代を約39兆ウォンで策定しているという意味だ。

一方でカカオバンク公募申込の投資家は、重複申込みをすることができない。

金融委員会は15日、公募株の重複申込み禁止を含む資本市場法施行令の改正案を議決した。このことから今月20日以降に証券申告書を出す企業は、一般申込み手続きで個人一人の証券口座を複数受けなくてもよい。クラフトンとSDバイオセンサーが、実質的には重複申込みが可能な最後の企業だ。

公募株の重複申込みが禁止され、個人間の神経戦はいっそう激しくなった。申込み競争率の低い証券会社を選んでこそ、最大限で物量を多く得ることができるからだ。

ただしカカオバンクの申込みシナリオは単純な方だ。代表・共同主管社の国内証券会社(KB証券)が一か所しかないことから、投資家らは代案がない。カカオバンクはまもなく引受団を採用する予定だが、引受団はKB証に比較して少ない量を割り当てされることになるからだ。個人客は引受団で別途にメリットを受けられない場合は、KB証券を通じて申込む可能性が高くなるしかない。ある証券会社のPBセンター長は「個人年金口座を保有している証券会社はほとんど公募株申込時にメリットを与えるため、優遇条件を見てみる必要がある」と助言した。

公募予定のカカオペイ(サムスン、大信証券)とLGエネルギーソリューション(KB、韓国投資証券・大信証券、新韓)あるいはハンファ総合化学(韓国投資証券、大信証券)など、多くの国内証券社を主幹事に置いた企業申込みでは締め切り直前まで神経戦は激しくなる展望だ。

ある資産運用会社の代表は、「公募株の重複申込みが禁止され、みかけは競争率と申込証拠金の規模は減少するだろう」とし、「これまでの記録では奇形的な数値だったが、公募株への投資ブームはこれとは別に続くと見なければならないだろう」と語った。

[カン・ウソク記者]



[Maeil Business Newspaper & mk.co.kr, All rights reserved]



每日經濟新聞日本語版は専門翻訳会社O2CNIで代行しています。原文と翻訳の間に多少の違いがあり得ます。

내달 IPO 카카오뱅크…몸값 20조 KB·신한에 도전장

인터넷전문銀 첫 증시 상장

카뱅, 17일 상장예비심사 통과
내달 기관 수요 예측·일반 청약
크래프톤과 달리 중복청약 안돼

카뱅, 디지털 은행 생태계 키워
향후 케이뱅크 상장 영향미칠듯


◆ 레이더 M ◆ 카카오뱅크가 인터넷전문은행 최초로 유가증권시장 상장에 도전한다. 장외 몸값만 40조원에 육박해 투자자들의 뜨거운 관심을 받고 있다. 카카오뱅크는 공모주 중복 청약이 적용되지 않는 첫 번째 조(兆) 단위 주자기도 하다. 경쟁률이 낮은 증권사에 청약해야 많은 물량을 받을 수 있어 눈치싸움이 치열해질 전망이다. 카카오뱅크는 지난 17일 한국거래소 유가증권시장본부에서 상장 예비심사 승인을 받았다고 밝혔다. 이달 말 증권신고서를 제출한 뒤 본격적인 공모 절차에 돌입할 계획이다. 기관투자자 수요예측과 일반 청약 모두 다음달에 진행될 예정이다. KB증권과 ..


プリント ギャップイメージ メール転送 ギャップイメージ リスト



新着ニュース